クローラーとは?いまさら聞けないSEO用語について解説

クローラー|巡回

おすすめ記事
静的サイトと動的サイトの違いは何?いまさら聞けないIT用語

独自ドメインを取得するメリット|SEO対策とサーバー変更リスク低減

無料ブログサービス4社を徹底比較|ライブドア・はてな・FC2・AMEBA

カラーミーショップのSEO設定|効果を上げる5つのポイント

みなさんこんばんは。

ウェブマスターになったばかりの方にとって、SEO用語は分からないことだらけではないかと思います。でも、当然のようにみなさん利用しているので、いまさら聞けない用語もあるのではないかと考えています。

今回は「クローラーとは?」いまさら聞けないSEO用語について解説します。

この記事をご覧の方にはWPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてもおすすめです。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

ワードプレスでブログを作成するなら1番おすすめのレンタルサーバーwpXレンタルサーバーの公式サイトはこちら

スポンサードリンク

クローラーとは?

クローラーとは?

疑問|とは|分からない

日本に限った話ではありませんが、検索エンジンの世界は実質Googleの一人勝ちです。Yahoo!など検索エンジンを置いてあるポータルサイトは多いですが、実際にはGoogleの検索エンジンに手を加えたものです。

そのため、違うサイトで検索したら検索順位が大幅に変わってくる、そのようなケースはほとんどありません。ちなみにマイクロソフトが手がけているBingという検索エンジンが2位に付けていて、MSNはこのBingを使用しています。

しかし、2位のBingでも圧倒的な少数派ですから、ウェブマスターにとって重要な検索順位を上げるためのSEO対策とは実質的にGoogleへの対応策と言ってもよいでしょう。Googleはネットワークを通して常に情報収集をしていますが、その時に使われているのがクローラーです。

アフィリエイトをやったことがない人の場合は「クローラーとは?」と疑問に感じるかもしれませんが、Googleは自動で情報を集めています。クローラーはインターネット上を自動で巡回するプログラムであり、ロボットやスパイダーが別名です。

このクローラーが集めてきた情報を基に検索エンジンが構築されていて、他に画像を専門に扱うプログラムなど亜種もあります。検索順位を上げるための工夫は色々とありますが、このクローラーが訪れやすい環境を作るのはSEO対策の定番です。

クローラーは自動でインターネット上を巡回するものの、それでもくまなく訪れてくれるわけではありません。

人間がインターネットを巡回する時のようにリンクを辿って移動するので、そもそもリンクが貼られていないできたばかりのウェブサイトは無視されるケースも珍しくはありません。そのような場合は新たにウェブサイトを作ったので来てください、とGoogleに申請するなどの対策が必要です。

少数の記事があるだけのウェブサイトの場合、そこまでクローラーの対策を取る必要はありませんが、規模が大きいウェブサイトならクローラーが巡回しやすい構成は必須です。

クローラーが調べること

調査|調べる

Googleの巡回プログラム、クローラーについての知識はウェブマスターにとって必須と言っても過言ではありません。各ウェブサイトを巡ってクローラーが調べることは、簡単に言えばそのウェブサイトの全てです。

ウェブサイトに何を表示させるかは人によって異なりますが、テキスト、画像は多くのウェブサイトに設置されています。これらの情報は全てクローラーによってGoogleに送られていて、その結果を基に検索順位が決められるのが基本的な仕組みです。

もっとも、Googleは検索に関わるプログラムを過去に大きく変えてきたことがありますので今後については断言できません。

また、クローラーの仕様についても正確には公開されていないので私の推測が含まれますが、HTMLファイルの内容を読み取っていると考えられます。HTMLはウェブサイトの設計図とも呼べるプログラムのことで、ここに文章を表示させる、ここで改行する、ここにリンクを入れる、ここに画像を表示させるなどのプログラムが記載されているものです。

そのため、HTMLファイルに記載されているものはほぼ全てがクローラーが読み取って情報を持ち帰っていると考えてよいでしょう。クローラーにも種類があって画像専門や広告専門の亜種が存在しますが、基本的なクローラーはテキストのみを読み取っています。

ここで画像に話を切り換えますが、画像が保存されているアドレス、表示する位置などHTMLファイルに示されている情報を再現してウェブサイトに画像が表示される、これが基本的な仕組みです。

クローラーに画像そのものを判別する能力はありませんが、画像が保存されているアドレスについてはHTMLファイルに記載されているのでどこに画像があるかは把握できます。同様の理由で、ウェブサイトにPDF、テキストファイルなどのリンクがあればファイルの情報はGoogleに伝わるというわけです。

過去に横行していた、背景色とテキストの色を同じにして多くのキーワードを詰め込むサイトが現在では検索結果から排除されているように、クローラーは「このウェブサイトは問題がある」といったことも判断しています。

クローラーは画像判別できない!?

分からない|理解できない

インターネットを巡回して情報を集めているのがクローラーです。文章なら間違いなく情報を取得できますし、不正な手段を使って評価を高める行為も見抜けると考えてよいでしょう。しかし、クローラーは万能なわけではなく、現時点での欠点としては画像を判別できない点が挙げられます。

「クローラーは画像判別できない!?」と驚く人もいるかもしれませんが、画像の読み取りに関してはまだ発展途上なのでしょう。画像があることはクローラーも把握できますが、その画像がどのようなものなのか、どんな意味を持っているのかについては理解できません。

このことが検索順位を上げるためのSEO対策にどのような影響を与えるかですが、基本的にはさほど気にしなくても構いません。もっとも、画像を多用する人の場合は注意しないとGoogleからの評価が下がってしまいます。

Lineにはスタンプと呼ばれる画像を使ってやり取りする機能がありますし、Twitterでも漫画の一部など汎用性の高い画像を投稿して感情を表す文化のようなものがあるのです。人間だから画像の意味が分かりますが、これがクローラーだと何をやっているのか読み取ってくれません。

このようにブログやウェブサイトで画像を使って感情や意思を表そうとしても、うまくいかないどころか評価が下がってしまいます。

現時点ではクローラーは文章を読み取ってそれぞれのウェブサイトを評価していますから、画像頼りで途切れ途切れな文章が多いとクローラーが意味不明だと認識してもおかしくはありません。クローラーの仕様については未知の部分も多いものの、現時点では画像を話のオチなどに使うのは避けた方が無難です。

もっとも、画像を使ってはいけないわけではなく、訪れてくれる人のことを考えると文章だけでのウェブサイトより画像が有るところの方が目を惹きやすいのは間違いありません。画像は積極的に使っていきたいところですが、画像なしでも文章が成立するような工夫は必須です。

クローラーはデータをどうやって取得している?

集める|拾う

Googleのクローラーはウェブサイトの情報を自動で取得しています。インターネット上のウェブサイトはリンクにより繋がっていて、インターネットをする場合はこのリンクを辿って色々なページに飛べるのが魅力の1つです。

クローラーも人間がリンクをクリックして他のウェブサイトにアクセスするように、リンクを辿って移動しています。「クローラーはデータをどうやって取得している?」という疑問の答えは、リンクを辿ってウェブサイトを回ってデータを取得している、です。

クローラーはスパイダーとも呼ばれていますが、これはインターネット上のリンクを次々と移動している姿が蜘蛛の巣のようにも感じられるからです。クローラーの正確な挙動については推測するしかありませんが、HTMLファイル内に記載されている文章は全て取得されていると私は考えています。

HTMLファイル内には画像が保存されている場所、他のウェブサイトのアドレスなどリンクが記載されているので、その情報を基に他のウェブサイトに向かっているのでしょう。もっとも、1回の訪問でそのウェブサイトの情報を全て取得しているわけではなく、規模が大きなウェブサイトになると、1日に1000回以上クローラーがやってくるところも珍しくはありません。

1回で全ての情報を取得できるなら1000回も訪れる必要はないので、情報の取得には限界があると考えられます。

逆にほとんどクローラーが訪れないサイトもあり、クローラーの訪れる頻度を増やして正確な情報を取得してもらうのがSEO対策の1つです。

クローラーが何を重視して巡回しているかですが、無効なリンクがないか、新たなリンク先はないか、以前に訪問した時と比べてウェブサイト内がどう変わっているかなどが挙げられます。Googleは10の大きな方針を掲げていますが、その中の1つが検索を使うユーザーを最も重視しているという点です。

クローラーにはユーザーにとって有益か、そうでないかを判断するプログラムは間違いなく搭載されています。

ワードプレスサイトの運用なら
特化型のWPXレンタルサーバーがおすすめ

wpXレンタルサーバー

・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・専用の管理ツールから簡単セットアップ
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

WPX新規契約時利用料金
ご契約期間初期費用ご利用料金合計
3ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
17,000円
(税込18,360円)
料金について詳しくはWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

価格が安いレンタルサーバーなら他にたくさんあるのですが、コストパフォーマンスを考えると、ワードプレスサイトの運営に最もおすすめできるのがwpXレンタルサーバーです。

料金も年間2万円を切る程度ですし、ドメイン取得費用と併せても2万円を少し超える程度でしょう。

これだけの金額でワードプレスを利用したサイト運営ができるので、店舗の紹介や簡単なブログ作成なら、ホームページ作成会社に依頼するより、レンタルサーバーを利用して自作してしまった方が安上がりになると思います。

アクセスを集めるという点で、ウェブサイトの運営は非常に難しいものとなりますが、特別な技術やスキルなど必要なくても、今ではホームページを作ることは可能です。

wpXレンタルサーバーの公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

WPXレンタルサーバー以外にも、エックスサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする