【誰でもできる!】ブログ作成者におすすめのSEO対策6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

おすすめ記事
静的サイトと動的サイトの違いは何?いまさら聞けないIT用語

独自ドメインを取得するメリット|SEO対策とサーバー変更リスク低減

無料ブログサービス4社を徹底比較|ライブドア・はてな・FC2・AMEBA

カラーミーショップのSEO設定|効果を上げる5つのポイント

みなさんこんばんは。

当サイトで紹介しているレンタルサーバーを比較・検討している方はウェブサイトやブログを作る目的があって、当サイトをご覧いただいていると思います。

ウェブサイトでもブログでもCMSやホームページ作成ツールを利用すれば簡単に作れるようになりましたが、ウェブサイトもブログも作って終わりではなく、多くの方に見てもらえるようページ作成をしていく必要があります。

今回は私が実践しているブログ作成(記事作成)の際に行うSEO対策をお伝えします。記事作成の時に参考にしてもらえると嬉しいです。

この記事をご覧の方にはWPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてもおすすめです。

WPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間について
レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

ワードプレスでブログを作成するなら1番おすすめのレンタルサーバーwpXレンタルサーバー の公式サイトはこちら

スポンサードリンク

【誰でもできる!】ブログ作成者におすすめのSEO対策6選

SEO対策|検索エンジン|検索順位

今回の記事で一番重要視したのは、「誰でもできる」SEO対策を紹介するという点です。ウェブサイトでもブログでも綺麗でカッコイイページは検索するといくらでも出てくるので、これからウェブサイトを作ろうという方や、ブログをやってみようという方は、ライバルサイトを検索して調査すると逆に心が折れてしまうかもしれません。

でも、今現在素晴らしいサイトやブログも最初から素晴らしいサイトやブログではなく、少しずつですが確実に一歩ずつ前に進んだ結果、今のサイトやブログになっています。

また、最近ではコンテンツSEOが重視されていて、しっかりと情報を提供しているサイトはサイトデザインに関係なく、検索順位が上位に表示されやすい傾向にあります。

もちろん、被リンクも変わらずSEOには重要な要素ですし、サイト構成やサイトデザインもユーザビリティをよくするために重要な要素です。

SEOに重要なのは、検索語句に対して最適なサイトとなっているかどうかということなので、しっかりと情報提供ができていれば、サイトデザインなどが未熟であっても上位表示されることは十分に可能です。

コーポレートサイトや店舗サイトなら少しずつ予算を組んでサイトデザインなどをよくしていけばいいですし、アフィリエイトブログや趣味ブログであれば、成果が出るようになってからサイトデザインなどにお金をかけるようにすればいいことです。

SEOに大切なことを一言で表すならいい記事(ページ)を作るです。これが一番重要なことで、技術的なSEOはその後に対策すれば十分だと私は考えています。

ただ、SEOは人だけでなくクローラーへの対策も必要になってきます。「いい記事(ページ)を作る」というだけではこの点が疎かになりがちなので、特に初心者の方は参考になると思います。

ページタイトルの決定|ブログを書く前に必須のSEO対策

ページタイトルはクローラーが最も重視しているキーワードの1つです。なので、できるだけ長めにタイトルは付けた方がよく、かつ狙っているキーワードもできる限り入れておくべきです。

また、検索で表示された時に読みたくなるようなタイトルであることも重要です。

なので、ページタイトルの決定はクローラーにどんな内容について書かれている記事かを知らせると同時に、検索結果で表示されているタイトルを人にクリックしてもらうためのキャッチコピーでもあるのです。

私はこのページタイトルを決めるまでに大体1時間~2時間ほどかけます。それぐらい重要なことなのです。

ペルソナの設定|どのような人に向けて書いたページなのか?

記事がどのような人に向けて書かれたものかを記事を書く前に決めておくことは非常に重要です。

例えば「30代OLでそろそろ結婚を考えている人」とか「50代男性で定年後の趣味を探している人」とかの設定をペルソナ設定と言います。

このページでは「ブログ作成初心者でSEO対策について調べている人」に向けて書いています。また、このアドバイスは実際に私が会社の部下に記事作成について行ったアドバイスでもあるので、そこそこ重要なものだと思っています。

ブログ初心者の方は自分が書きやすい内容で記事を作りがちですが、誰に向けて書いている記事なのかが明確でないと内容にブレが生じやすくなります。また、自分が書きやすい内容だと、検索語句に対して適切な記事とならない場合もあるので、記事を書く前にペルソナ設定をすることは大切です。

グーグルキーワードツールの利用で検索ボリュームが高い語句を調べる

また、タイトルに利用する検索キーワードが実際にどの程度検索ボリュームがあるのかを事前に調べておくことも大切です。

ペルソナの設定が終われば、その人に向けて作る記事内容はそれなりに固まってきます。するとタイトルに利用するキーワードもある程度決まってくると思います。そこでそのキーワードが一番適切なのかを調べないのはもったいないです。

単語には必ず類義語があります。タイトルは一番検索ボリュームが高くなる単語の組み合せにしておくのが1番です。

キーワードの検索ボリュームを調べるにはグーグルキーワードツールが便利です。利用にはアドワーズのアカウントが必要ですが、広告を掲載していなくても利用できるツールなので、アドワーズのアカウントは取得しておいた方がいいです。

タイトルは28文字~32文字以内に収めること

ペルソナの設定が終わり、利用する単語も決まったら、タイトルを設定します。この時に設定するタイトルはできれば28文字以内、長くても32文字以内にしてください。

↓に実際に検索した際の情報を参考資料として載せておきます。このサイトは下層ページにはページタイトルが後ろに表示されるようになっているのですが、長めのタイトルになっている時は「ひろきちのおすすめサーバー」の表示がされていない(※③)のが分かると思います。

つまり長すぎるタイトルは途中で表示が切れてしまう。ということです。

このページのタイトルも「【誰でもできる!】ブログ作成者におすすめのSEO対策7選」ですから、ちょうど28文字になっています。

検索時のタイトル表示資料

タイトル・ディスクリプション2

検索時のタイトル表示資料

Hタグの設定|ブログをいきなり書き始めるのはご法度!?

タイトルが決まってすぐにブログを書き始めると内容がブレブレになります。タイトル決定からすぐに記事を書き始めて内容がブレない人は天才の類ですから、あまりおすすめできる方法ではありません。

記事内容がブレないようにするには、予めどのような内容について書いていくかサブタイトルを設定し情報を整理するのがおすすめです。私は↓のようにHタグで情報を整理して、大体どのような内容で書くか決めてから、それぞれのHタグについて記事を書いていくようにしています。

大分類にH3タグ、小分類にH4タグを利用していますが、内容がブレないように情報を整理するならH4タグまで全て決めてから記事を書いた方がいいと思います。

↓Hタグの設定資料です。結構長いのでご注意ください。

文章作成のコツ

Hタグ設定資料|文章作成のコツ

記事を書いているうちに7つ目はいらないと思ったので削除しました。記事を書いている途中で考えが変わったり、書くべき内容が増えたりすることもありますから変更も自由です。あくまでも記事内容がブレないための工夫と考えてもらった方がいいです。

Descriptionタグ・Keywordタグの設定|そのブログ記事が狙っている検索語句は何?

チェック|ポイント|注意

SEOには大きく分けて、人に向けてのSEOとクローラーに向けてのSEOがあります。人に向けてのSEOはかなりの人が実践していると思いますが、クローラーのことも考えてSEOを実践している人はまだまだ少ない印象があります。

Description(ディスクリプション)タグはページ概要を知らせる設定です。ブログテーマに設定が実装されていない場合は「All In One SEO Pack」プラグインを利用すれば簡単に設定できるようになるので、できるだけやっておいた方がいいです。

ちなみに、Description(ディスクリプション)で設定した内容は↓の画像で②や④のように表示されます。キーワードは完全にクローラー向けのSEOになるので表示はされませんが、自分がどのキーワードのクエリ獲得を狙って記事を書くか確認するためにも、記事作成前に設定しておいた方がいいです。

Description(ディスクリプション)設定資料

タイトル・ディスクリプション2

Description(ディスクリプション)設定資料

Description(ディスクリプション)設定資料2

Description(ディスクリプション)設定資料2

Description(ディスクリプション)設定資料2

キーワード設定資料

キーワード設定資料

キーワード設定資料

パーマリンクの設定|そのブログ記事は何について書かれている?

チェック|ポイント|注意

ほぼクローラー向けの設定となりますが、ネットサーフィンに慣れている方などは、このパーマリンクを利用して目的のページを探す人もいます。

パーマリンクは↓の画像にあるようなURL構造の表示のことで、パーマリンクを見ればページがどの階層にあるか分かるようになっています。

パーマリンク資料1

パーマリンク資料

パーマリンク資料1

パーマリンク資料2

パーマリンク設定資料1

パーマリンク資料2

このパーマリンク設定をしっかりやっていない人はかなりの数いるので、特に後発となるウェブマスターやブロガーはできるだけ設定しておくことをおすすめします。

私のやり方は、投稿ならカテゴリ、固定ページなら親ページをグーグル翻訳を利用して英訳し、そのスラッグ(パーマリンク)を採用します。↑の例だと「news-blog(情報ブログ)」の部分と「recommennded-server(おすすめサーバー)」の部分が該当します。スラッグが2つあるのは親子関係にしているからです。

基本的に英文として正しいものかを確認していないので、英語としては間違っている可能性もありますが、ページの内容をクローラーに伝えるのが目的なので、大体分かればいいと考えています。

パーマリンクの設定は割と簡単にできるので、設定しておくことをおすすめします。簡単に↓の画像で紹介しておきます。

パーマリンク設定|カテゴリ

パーマリンク設定|カテゴリ

パーマリンク設定|カテゴリ

パーマリンク設定|記事設定

パーマリンク設定|記事設定

パーマリンク設定|記事設定

投稿のパーマリンク設定は、ワードプレスの「設定→パーマリンク設定」から行えます。

↓の文字列のコピペで設定終了です。コピーの際はツールバー右から2番目のコピーをクリックしてもらうと簡単にコピーできます。

投稿のパーマリンク設定(この部分はコピー可能です)
ツールバー右から2番目のコピーをクリック

パーマリンク設定

パーマリンク設定

パーマリンク設定

パーマリンク設定

パーマリンク設定

パーマリンク設定

 テンプレート・プラグインを利用|テクニカルSEOは他人任せでOK

チェック|ポイント|注意

ブログにおすすめのテンプレートや「All In One SEO Pack」などのプラグインを利用すれば、技術的なSEOについてはほとんど何もしてなくても対応ができるようになっています。

私がブログ作成にワードプレスをおすすめしているのはこういったツールを利用すれば技術面ではほとんど問題がなくなるからというのもあります。

ウェブサイトやブログで重要なのは内容ですから、技術的に必要なものはテンプレートやプラグインに任せてしまって、「いいページを作る」という最も重要な仕事に専念するのが1番です。

被リンクは重要な要素|ブログポータルサイトに登録で簡単に被リンクを得る

チェック|ポイント|注意

コンテンツSEOが叫ばれるようになって久しいですが、被リンクの重要性がなくなったわけでは決してありません。被リンクは紹介ですから、特に新規取得のドメインなどが上位表示される際や、その他ウェブサイトやブログの信憑性がどの程度高いか検索エンジンが判断するには非常に重要な要素となります。

もちろん、検索エンジンも日々進化しているのであからさまな自演リンクやブラックハットSEOなどが段々難しい技術になってきているはずです。ただ、グーグルの中の人も「リンクは重要である」と発言しているので、被リンクを得ないサイトが検索エンジンで上位表示されることはほぼありません。

被リンクについて私が参考にしたサイトです。

簡単に自演で被リンクを得る方法|ポータルサイトへの登録

被リンクは基本的に自然に行われるのを待つしかありませんが、ブロガーのみなさんなら簡単に被リンクを得る方法があります。それはポータルサイトに登録することです。

独自ドメインを取得したばかりのウェブサイトやブログは1ヶ月~3ヶ月ぐらいの間はびっくりするぐらい検索順位が低くなります。4ヶ月~6ヶ月程度の時間が経つと、最初の方に作った記事もそこそこ上位に表示されるような場合もありますから、単純に良質なコンテンツを作るだけでは検索エンジンから評価を受けるまでに時間がかかるようになっています。

もちろん、ポータルサイトに登録しただけで検索順位が上がるわけではありませんが、通常の検索では表示されない状態の記事でも、ポータルサイト経由でアクセスが見込めるようになりますし、良質な記事を作成していれば、読者が自分のブログやウェブサイトで紹介してくれるかもしれません。ポータルサイトへの登録は、ポータルサイトからの被リンクを得られるのと同時に、検索エンジン以外からのアクセス流入を増やす助けにもなるので、2重においしいものです。

このサイトではSEOに関する実験も兼ねて登録はしていませんが、特にこだわりがなければ登録しておいた方がいいです。

あまり数多くポータルサイトへ登録しても管理の手間が面倒になるだけですから、日本ブログ村人気ブログランキングのどちらかまたは両方に登録しておけば十分です。個人的に1つのアカウントでブログを3つまで登録できる日本ブログ村がおすすめです。

ワードプレスサイトの運用なら
特化型のWPXレンタルサーバーがおすすめ

wpXレンタルサーバー

・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・専用の管理ツールから簡単セットアップ
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

WPX新規契約時利用料金
ご契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
17,000円
(税込18,360円)
料金について詳しくはWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

価格が安いレンタルサーバーなら他にたくさんあるのですが、コストパフォーマンスを考えると、ワードプレスサイトの運営に最もおすすめできるのがwpXレンタルサーバー です。

料金も年間2万円を切る程度ですし、ドメイン取得費用と併せても2万円を少し超える程度でしょう。

これだけの金額でワードプレスを利用したサイト運営ができるので、店舗の紹介や簡単なブログ作成なら、ホームページ作成会社に依頼するより、レンタルサーバーを利用して自作してしまった方が安上がりになると思います。

アクセスを集めるという点で、ウェブサイトの運営は非常に難しいものとなりますが、特別な技術やスキルなど必要なくても、今ではホームページを作ることは可能です。

wpXレンタルサーバー の公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

独自ドメインの取得方法|独自ドメイン登録は「お名前.com」がおすすめ
「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

WPXレンタルサーバー以外にも、エックスサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

ツイッターのフォローはこちら

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加