ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

SEO対策|検索エンジン|検索順位


おすすめ記事
静的サイトと動的サイトの違いは何?いまさら聞けないIT用語

独自ドメインを取得するメリット|SEO対策とサーバー変更リスク低減

無料ブログサービス4社を徹底比較|ライブドア・はてな・FC2・AMEBA

カラーミーショップのSEO設定|効果を上げる5つのポイント

みなさんこんばんは。

ウェブマスターになったばかりの方にとって、IT用語は分からないことだらけではないかと思います。でも、当然のようにみなさん利用しているので、いまさら聞けない用語もあるのではないかと考えています。

今回は「ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いとは?」いまさら聞けないIT用語について解説します。

スポンサードリンク

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いとは?

SEOとは何か?

疑問|とは|分からない

SEOとは何か?という問いに対して正しく答えられる人はどれだけいるでしょうか。SEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)のことで、ウェブサイトが検索した結果より上位に表示されるように対策を行うことです。

SEOを頭に入れてマーケティングや設計の要素を練りこみながらウェブサイトを改善していけば、検索結果で露出度が高くなりますので、よりビジネスを成長させることができます。広告のように費用がかかりませんから、SEO対策に力を入れてアクセス数を増やそうと努力している企業が多いです。

検索結果の上位に常に表示させようと考えてブラックハットに行き着くウェブサイトがあります。ブラックハットとはGoogleのアルゴリズムの裏をかいてウェブサイトを上位に表示させようとするものです。ウェブサイト内にGoogleのクローラーが入ると、ユーザーが見るものとは異なるウェブサイトを表示するクローキングや、自動生成のコンテンツで評価を稼ぐワードサラダ、不自然な被リンクなどがその例です。

このような行為はスパム認定され、ペナルティを受けてランキングを下落させられます。場合によってはインデックスを削除されて検索結果から抹消されてしまいかねません。ブラックハットのような偽装工作はコストばかりかかってメリットが少なくなってきていますから、そもそもブラックハットを行わないようにすることが得策と言えるでしょう。

最近ではペンギンアップデートやパンダアップデートなどGoogleのスパム検知制度が向上したため、健全なウェブサイトしか検索結果に現れなくなってきました。悪意がなくてもガイドラインに沿わないものはスパムとして認定される場合がありますので、ウェブサイトを作成する場合は注意が必要です。

ユーザーにとって有益な情報や高い価値を提供できる内容を発信していくことが何よりも有益なSEOだと言えます。Googleが発表している「検索エンジン最適化スターターガイド」や「webマスター向けガイドライン」などを読んで勉強していきましょう。

検索順位を決めるのに重要となる要素

メリット|ポイント

企業サイトやブログなどを作成している人にとって、Googleの検索結果で上位にランキングされることはとても重要です。Googleのクローラーは24時間、365日働いてウェブサイトを回っており、titleタグやhタグ、コンテンツ内のキーワードを読み取って、ユーザーにとって役立つ有用なウェブサイトを上位に表示するようにしています。

Googleが検索順位を決めるのに重要となる要素とは何かというと諸説ありますが、検索ワードとコンテンツがマッチングしているとか、コンテンツの文字数が多いということの他に被リンクを重要視しています。例えばページからリンクしている、いわゆる「ぶら下がりページ(内部リンク)」を高く評価していて、ぶら下がっているそれぞれのページの評価が高ければ高いほど、リンク先のページの評価が高くなると言われています。

外部リンクは内部リンクほど評価が高くありませんが、評価の対象になっている事は確かです。ただし外部リンクはGoogleの検索と目的がかぶってしまう可能性が高いので、リンク先について意見や説明を書くようにした方が良いでしょう。

被リンクで忘れてはならないのがブラックハットSEOです。ブラックハットSEOとはアルゴリズムの裏をかいて検索上位にあがることだけを目的にした悪質なSEOのことで、主な例として、クローキング(ユーザーが見るものとは違うウェブサイトの表示)や、ワードサラダ(自動生成コンテンツでキーワードを稼ぐ)、そして不自然なサイトからの被リンクがあります。

リンクの多さは前述したように評価の対象となりますが、悪質なサイトからのリンクは逆にGoogleの評価を下げてしまいます。悪意がなくて行ったとしてもブラックハットSEOと認識されてしまえばスパム認定されてしまい、検索結果を下げられるだけでなく、インデックスを削除される危険性さえあります。

ブラックハットSEOは年々その投資効果が下がってきており、Googleが公表しているガイドラインに沿ったウェブサイトの方が長期的にみて結果を出していますから、まずはガイドライン等で知識を増やしてからウェブサイトの作成を試みることをおすすめします。

関連記事:SEO対策の基礎知識|SEOの基本について

被リンクについて

チェック|ポイント|注意

SEO対策を行い検索エンジンに上位表示されようと思うのであれば被リンクについて学ばなければなりません。SEO対策で検索エンジンの上位表示に成功するためには、いかにユーザーに自分のウェブサイトを知ってもらうかが大切です。被リンクがあれば、検索結果の上位に表示してもらえる可能性が高まるので被リンクをはるのは大切な行為です。

しかしただ単純に検索結果の上位に表示されたいがためだけにテクニックに走っただけの内容の乏しいウェブサイトを作成してしまったらGoogleのエンジンクローラーが悪質なウェブサイトと判断して順位を下げてしまう危険性があります。

このような検索結果を上位に表示するためだけを目的とした行為をブラックハットSEOと呼びます。ブラックハットSEOと判断される行為としてクローキングやワードサラダ、不自然な被リンクなどがあり、これらの行為はGoogleのエンジンクローラーによってスパム行為として認定されます。

ペナルティがかかって検索結果を下げられますし、場合によってはインデックスを削除されてインターネットから抹消されていまいますので注意が必要です。

SEO対策に成功し検索エンジンにウェブサイトを上位表示させている人たちは豊富な資金を背景に記事を外注して被リンク用のサイトを作ります。

一度に大量の被リンクをはってきますから、個人でアフィリエイトをしているような人たちは勝ち目がありません。だからといってブラックハットSEOでウェブサイトを作ったとしても最近ではGoogleが悪質なウェブサイトに目を光らせていますから、すぐに摘発されてしまうので時間やお金をかけてするほどの投資効果は最近では見られなくなってきました。

それでもGoogleでは被リンクをウェブサイトに対する第三者の評価として重要視していますから自然にリンクをもらえるような良質な記事を作成することに時間を費やしていった方が堅実に稼ぐことができます。

Googleのガイドラインに沿ったホワイトハットSEOを心がけた方が長期的にみて成功することができます。多くのユーザーに愛されるウェブサイトを作っていきましょう。

コンテンツについて

チェック|ポイント|注意

企業サイトでアクセス数を増やしたいとか、アフィリエイトで収入を上げたいと考えているのであれば、コンテンツについてきちんと考えなければなりません。

数年前まではブラックハットSEOと呼ばれる単にGoogleの検索結果が上位に表示されるようにするための、テクニック重視のウェブサイトの制作がもてはやされていました。

ブラックハットSEOで制作されたウェブサイトの例として、ユーザーが実際に見るウェブサイトと違うサイトを表示させるクローキングや、自動生成した文章で、全く意味をなさないワードサラダ、不自然な被リンクをはるなどがあります。

豊富な資金のあるアフィリエイターの中には、コンテンツについてはあまり重要視せずに、ランキング上位に表示されることを目的にしたサイト作成をしている人がいて、数年前まではそのような人たちが簡単に収入を上げることができていました

確かにすぐに収入につながる可能性があるのでアフィリエイト初心者はブラックハットSEOの方が簡単と思いがちですが、最近ではGoogleのスパム検出精度が向上したので、ブラックハットSEOのサイトはスパム認定されやすくなりました。

認定されるとペナルティがかかりますし、場合によってはインデックスを削除されてしまいます。せっかく大量の被リンクをはって作り上げたウェブサイトもスパム認定されてしまえば一瞬にしてウェブサイトが消えてしまいます。

悪意がなかったとしてもスパム認定されてしまうことはあり得ます。

それよりもGoogleが出しているガイドラインに沿ったホワイトハットSEOでコンテンツについて十分吟味したウェブサイトを送り出した方が長期的に見てアクセス数を増やしたり、収入を上げたりすることができるのでおすすめです。

例えば検索キーワードに応じるような内容にしてみるとか、画像やFlashばかりではなく、十分にユーザーが満足するような内容を心がけた方が、ユーザー側から自然にリンクをはってもらえるようになります。

Googleではリンクを重要視していますから、そのような良質なウェブサイトを制作した方が長期的に良い結果を生み出すでしょう

ホワイトハットSEOの概要

チェック|ポイント|注意

ウェブサイトを制作するとき必ず意識するのがSEOです。最近ではアルゴリズムの進化やGoogleのスパム対応の高度化により、SEOは以前よりも難しくなってきたというウェブ担当者の嘆きをよく耳にします。

検索結果が上位に表示されれば、ウェブ上に広告を載せるよりも安価にビジネスの拡大が見込まれますので、SEOに真剣に取り組んだ方が良いことは一目瞭然です。Googleのエンジンクローラーがウェブサイト上に入ってクローキングやワードサラダ、不自然なリンクなどを察知すれば、即、順位を下げてしまいますから、単純に検索上位に表示されるためにテクニック重視のSEO、つまりブラックハットSEOは取り組む意味がなくなってしまいます。

それよりもガイドラインに沿ったホワイトハットSEOの方が長期的に見て検索結果を上位に押し上げる効果があるとされています。それではホワイトハットSEOの概要をご紹介します。

ホワイトハットSEOとは検索ガイドラインに沿ってウェブサイトの最適化をすることで、Googleの「検索エンジン最適化スターターガイド」や「webマスター向けガイドライン」などに一度目を通しておけばどのようなウェブサイトが推奨されているかわかりますのでおすすめです。GoogleのSEOのポイントは3つあります。

1つ目はユーザーの検索目的に沿うような良質なウェブサイトを作るということです。Googleはユーザーが検索して満足してくれるウェブサイトを上位に表示したいのですから、まずはキーワードに合ったコンテンツを作ることが大切です。

2つ目はユーザーにも検索エンジンにもわかりやすい記事作りを心がけることです。画像やFlashばかりのサイトではなく、タイトルタグなどに重要なキーワードを含めたりしましょう。

3つ目はページに被リンクを集めてウェブサイトの価値を高めましょう。第三者からの評価(リンク)も大変重要です。

自発的に被リンクをはってもらえる良質な内容を心がけましょう。日本の検索シェアのほとんどをGoogleが占めていますので、ガイドラインに沿ったウェブサイトを作成することで、SEOにおいて成功を収めることができるでしょう。

お名前.com

『独自ドメイン登録しました!!そしたら…』
■URLが短く覚えやすくなって
 お客さんに好評でした!
■お店の名前でドメイン登録したら、
 看板代わりに大活躍!
■サイト移転もURLを変えずに楽々!
など、あなたのサイトに役立つこと間違いなし!
さぁ、今すぐ「お名前.com」でドメイン登録!

オススメ

wpXレンタルサーバー

・最新の高性能サーバーマシン&高速ネットワーク
・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・リバースプロキシによるキャッシュなど、
 専用の高速システムを採用
・専用の管理ツールから簡単セットアップ
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

WPX新規契約時利用料金
ご契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
17,000円
(税込18,360円)
料金について詳しくはWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

ツイッター
ツイッターフォローボタン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加