ネットショップのアクセスアップ方法|カラーミー・BASE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

おすすめ記事
カラーミーショップの基本事項|カラーミーショップとは

カラーミーショップのSEO設定|効果を上げる5つのポイント

ネットショップのアクセスアップ方法|カラーミー・BASE

初心者でもしっかりしたネットショップが作れるカラーミーショップ

カラーミーショップやBASEを導入しただけで満足していてはいけません。ネットショップの作成はまだ始まったばかりなのです。ネットショップの作成は言わば店舗の外観ができただけの状態です。

これから「商品を並べ」たり「商品を種類ごとに整理」したり「商品のサンプル」を載せたり「商品が検索エンジンにかかるよう工夫」したり「サイトのアクセス分析」をしたり「新しく作ったページを検索エンジンに登録」したり「サイトのアクセスアップ」の施策を考えたりとやることは尽きません。

ネットショップを作成してから、お客さんがやってきて商品が売れるようになるまでは想像を超える努力が必要になります。これはリアルの店舗とそう変わることはありません。

今ではネットショップは珍しいものではなくなっています。あなたのネットショップにお客様を呼び込む工夫をしなければ、その他大勢のネットショップに埋もれてしまうことでしょう。

基本的にカラーミーショップとBASEのアクセスアップ方法は同じになるので、このページではカラーミーショップとBASEのアクセスアップ方法について説明しています。

カラーミーショップの申し込み方法はこちら

無料でネットショップが作成できるBASEの申し込み方法はこちら

合わせて読みたいページ

  1. カラーミーショップを導入してからやること
  2. カラーミーショップの商品登録方法
  3. カラーミーショップのカテゴリー登録方法
  4. カラーミーショップの商品画像登録方法
  5. カラーミーショップのSEO設定方法
  6. カラーミーショップのグーグルアナリティクス設定方法
  7. カラーミーショップのグーグルサーチコンソール設定方法
  8. ネットショップのアクセスアップ方法|カラーミー・BASE

スポンサードリンク

カラーミーショップやBASEで作成した
ネットショップのアクセスアップ方法

SEO対策|検索エンジン|検索順位

カラーミーショップの商品ページはSEOに弱い!?

カラーミーショップSEO」とグーグルで検索したときのキーワード候補に「カラーミーショップSEO弱い」が出てくるぐらいには、カラーミーショップがSEOに弱いと感じている人は多いようです。

カラーミーショップアクセスアップ1「カラーミーショップはSEOに弱い?」

グーグル検索より

カラーミーショップSEO」とグーグルで検索したときのキーワード候補

私はカラーミーショップだけではなく、【MakeShop】BASEでもネットショップを作成していますが、正確には「ネットショップはSEOに弱い」と思っておいた方がいいレベルで検索エンジンとネットショップの相性は悪くなっています

このあたりはグーグルの理念が関係してきます。

グーグル以外にも検索エンジンはあるのですが、日本の場合、グーグルとヤフーが検索エンジンでのシェアをほぼ独占している状態で、その割合は合計で90%以上となっています。

シェアの内訳はグーグルが約60%、ヤフーが約30%となっています。また、ヤフーの検索システムはグーグルの検索アルゴリズムを利用しています。そのため、若干順位などに違いは出ますが、グーグルの付ける検索順位が90%以上の確率で影響してくるということになります。

参考:検索エンジン 日本でのシェア「1位はYahoo、2位はGoogle」

ウェブサイトやネットショップのアクセスアップ(=SEO)を考える場合、グーグルの企業研究は切っても切れないものとなります。

というわけで、グーグルの理念にざっと目を通しておくことにします。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能します。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
    • 検索結果ページには、その内容と関連性のない広告の掲載は認めません。
    • Google は、派手な広告でなくても効率よく宣伝ができると考えています。
    • Google が掲載する広告には、スポンサーによる広告リンク(スポンサーリンク)であることを必ず明記しているため、検索結果の完全性が損なわれません。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

グーグルの理念より一部抜粋

詳しく確認したい方はリンク先を参照いただくようお願いします。

ネットショップに関わりのある理念は、「1」「3」「4」「5」「6」になると考えられます。グーグルの理念をある程度要約すると、ネットショップにアクセスを集めるためには↓のような考えでサイト作成をする必要があると理解できます。

  1. 購入前にユーザーが欲しいと思っている情報を提供できているか?
  2. サイトの表示が速く、携帯電話でも見られるようになっているか?
  3. 商品ページが商品の売り込み(自慢)ばかりになっていないか

自分が検索エンジンを利用する時商品を購入する前に何をしているかを考えると上記の意図が分かると思います。

ユーザーが欲しい情報や調べることは「商品がいかにすばらしいものか?」ではなく、「悩みを解決する手段として商品が必要になる」場合や、「商品を購入することで得られるメリット」があるから商品を購入するのであって、決して「商品の購入自体は目的にならない」ことを頭に入れたうえで商品ページを作っていく必要があります。

この考えは、商品を売る側に回った瞬間に忘れてしまいがちなことです。悩んだ時は初心にかえる(=ユーザー目線で考えてみる)のが効果的です。

検索キーワードで商品購入に関係の深いものは全体の15%以下

ネットショップの商品ページが検索されにくい理由の1つに、そもそも検索エンジンを利用して商品を購入する機会は検索エンジンを利用した行動全体から考えると少ないことが挙げられます。

自分が検索エンジンを利用する時のことを考えても商品購入に関わる検索をする機会は少ないでしょう。

普段利用する検索の多くはインフォメーショナルクエリと呼ばれ、情報などを検索する検索クエリです。特定のサイトに移動するナビゲーショナルクエリや商品の購入や予約をするトランザクショナルクエリを利用する機会はわずかです。

それぞれの検索を利用する割合をみてみましょう。

下のグラフは検索ボリューム全体に占めるそれぞれのクエリの種類の割合で、その内訳はインフォメーショナルクエリが85%、ナビゲーショナルクエリが10%、トランザクショナルクエリが5%、となっています。

クエリの内訳

SEO検索エンジン最適化より

検索エンジンのほとんどが「自分の知らない情報や調べたい情報を検索する(=インフォメーショナルクエリ)」ことに利用されています。

これらのインフォメーショナルクエリは商品購入にはほとんど関わりがなく、商品購入に関わるとしても「商品情報」や「商品比較」「悩みの検索」など情報収集が主で、その段階ではユーザーも商品を購入する意欲は高くありません

ネットショップのアクセス数が低くなるのはこの検索の性質が原因となっています。

ユーザーが商品購入までに必要とする情報欲求に適切に応えることができれば、ネットショップのアクセスも上げることができます。また、適切な情報を提供しているサイトからの商品購入確率は高くなるはずです。

サイトへのアクセスを増やすためには被リンクも大事

商品に対して適切な情報を提供するために最も近道となる方法は商品ページを充実させることです。ただ、カラーミーショップの商品ページは、ワードプレスなどに比べると編集もやや面倒で、そこまでSEOに適しているものでもありません。

なので、私がカラーミーショップで商品ページを作る時はページを概要のみで整理した作りにします。商品ページには最低限の注意書きと、利用に関する情報を箇条書きで並べ、それぞれに対応するブログ記事を外部サイトとして作成します。

商品ページから外部のブログページへのリンクも貼り、ブログ記事のページ内容に関わる商品があれば、商品ページへのリンクも作成します。

商品販売用の説明だとグーグルから売り込みと判断されることが多いため、グーグル検索での順位は低くなりがちです。ネットショップを運営している方の多くは自店へのアクセスアップで悩んでいるのではないかと思います。私もその一人で、一時期は商品ページに「テキスト情報が少ないせいでクローラーが情報を取得できない」かも知れないと考え、商品ページに説明分を多く足すような施策も行いましたが、それほどページの露出を上げる結果には結び付きませんでした。

それよりも、カラーミーショップとは別に外部にブログを作成し、そのブログで商品についての説明を記載した方がSEOの効果がありました。

商品の使い方について詳しく記載したブログ記事に、商品の情報を探している人が多くアクセスしてくれるようになるまで時間はかかりませんでした。商品説明ブログ記事から商品ページにはリンクも付いていますし、商品ページから商品説明ブログ記事に移動することもできるようにしています。この形式に変更してからネットショップのアクセスが倍近くまで増えたので、カラーミーショップのアクセスアップには一番効果的なSEO対策だと現時点(2016年5月4日)では考えています。

最近はやりとなっている商品販売LPを作成して、がっつりPPC広告(クリック広告)をかけて見込み客を呼び込む方法もネットショップには有効な手段となっています。ですが、この方法を利用するならカラーミーショップよりも【MakeShop】の方が適していると私は考えているので、この方法に関しては【MakeShop】で作成したネットショップのアクセスアップ方法で紹介することにします。

まとめ

全て・なんでも・オールインワン・まとめ

以上のように、カラーミーショップで作成したネットショップのアクセスアップ方法は下記の3点にまとめられます。

  1. ネットショップの商品ページはSEOに弱くなっている
  2. そもそも買物に関わる検索ワードは検索全体の15%以下と少ない
  3. 商品ページを見てもらうための工夫はいくらしてもいい

今ではネットショップの作成自体はさほど難しくありません。正直な話、やる気さえあれば誰でもできることです。ネットショップ作成で一番難しいのは「集客」と「購入(CV)」です。どうやって自分のネットショップに人が来てもらえるようにするのかや来てもらったお客様がどういうきっかけで商品を購入するのかを真剣に考えてサイト作成をしなければ、売れるネットショップを作ることは難しいでしょう。

ネットショップの作成は言わば店舗の外観ができただけの状態です。

商品を並べ」たり「商品を種類ごとに整理」したり「商品のサンプル」を載せたり「商品が検索エンジンにかかるよう工夫」したり「サイトのアクセス分析」をしたり「新しく作ったページを検索エンジンに登録」したり「サイトのアクセスアップ」の施策を考えたりとやることは尽きません。

各ページの内容を参考にして、売れるネットショップを作っていきましょう。

カラーミーショップ

これは便利!
売上分析ツール【アクセスプラス】がついに登場!
決済ページまで分析ができる【アクセスプラス】が
使えるのは、カラーミーショップだけ!

オススメ

プラン比較表 エコノミー
プラン
スモール
プラン
レギュラー
プラン
ラージ
プラン
月額利用料金
(税込)
900円~
~1,080 円
1,332 円 3,240 円 7,800 円
初期費用
(税込)
3,240 円 3,240 円 3,240 円 3,240 円
販売手数料
(税込)
無料 無料 無料 無料
ディスク容量 0.2GB 0.2GB 5GB 100GB
1商品あたりの
画像枚数
4枚 4枚 50枚 50枚
グーグルアナリティクス
eコマース設定
なし なし
FTPオプション 簡易版 540 円
(月額)
無料 無料

↑の表は簡易版です。詳しくは詳細ページで確認いただくようお願いします。

カラーミーショップ の申し込み・公式サイトはこちら

カラーミーショップの申し込み方法はこちら

BASE

 ネットショップをつくるのに、
 もう「勉強」と「お金」は必要ありません。
 現在20万店舗が登録し、国内最大級の
 ネットショップサービスです、
 ぜひこのサービスをお試しください。

オススメ

料金発生箇所(基本) BASEかんたん決済サービス クレジット・コンビニ・銀行振り込み BASEかんたん決済サービス 後払い決済
商品販売時(毎回) 売上金額の「3.6%」+40円 売上金額の「6%」
料金発生箇所(オプション) 料金
BASEロゴ非表示Apps (月額) 500 円
HTML編集Apps (月額) 900 円
BASEデザインマーケット (購入時のみ) 5,000 円~8,000 円

↑の表は簡易版です。詳しくは詳細ページで確認いただくようお願いします。

BASEで作成したネットショップには、基本的にBASEのロゴが表示されるようになっていますが、これを非表示にするサービスが月額500円となっています。テスト利用時には必要ないサービスですが、本格的にBASEでネットショップを運用していくなら利用しておきたいサービスとなってくると思います。

BASE の申し込み・公式サイトはこちら

無料でネットショップが作成できるBASEの申し込み方法はこちら

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

合わせて読みたいページ

  1. カラーミーショップを導入してからやること
  2. カラーミーショップの商品登録方法
  3. カラーミーショップのカテゴリー登録方法
  4. カラーミーショップの商品画像登録方法
  5. カラーミーショップのSEO設定方法
  6. カラーミーショップのグーグルアナリティクス設定方法
  7. カラーミーショップのグーグルサーチコンソール設定方法
  8. ネットショップのアクセスアップ方法|カラーミー・BASE

スポンサードリンク

ツイッター
ツイッターフォローボタン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加