SEO対策は総合力|効果のあるおすすめのSEO対策3選

SEO対策|検索エンジン|検索順位

おすすめ記事
カラーミーショップの基本事項|カラーミーショップとは

メイクショップ(MakeShop)の基本事項・評判
「ネットショップの集客に強い」は本当か?


BASEの基本事項|基本使用料が無料のネットショップはBASEだけ

おすすめのネットショップASPはこちら

ウェブ担当者の方が実施しているSEO対策には色々なアプローチがありますが、どのような手法があって、その中のどれが1番効果があるかと聞かれることもあります。

SEO対策は総合力なので、どの手法が効果のあるSEO対策となるかは、対策するウェブサイトによって変わってきます。

なので、自分のウェブサイトの中で1番対策をしていない手法を強化するのが1番の近道ですし、今までやってきたSEO対策が無意味なものかといえばそれは違います。

ただ、SEO対策の中でも基本となる手法は変わらないので、今回は効果の高いおすすめのSEO対策について紹介していきます。

今回紹介するSEO対策の手法は下記の通りです。

  1. コンテンツSEOについて
  2. 被リンクによるSEOについて
  3. SEOライティングについて

この記事をご覧の方にはカラーミーショップの基本事項|カラーミーショップとはもおすすめです。

ネットショップを所持するなら全て自社で作成するよりも、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)を利用すれば専門知識が全くなくてもネットショップの作成が可能です。今回はそんなASPの1つであるカラーミーショップの概要について紹介します。

お手軽な価格でネットショップが作りたい方にはカラーミーショップ がおすすめです。

スポンサードリンク

SEO対策は総合力
効果のあるおすすめのSEO対策3選

SEOの手法を学ぶ前に
SEOは誰のためにやるのか?

疑問|とは|分からない

SEO対策は人(読者)への対応と
検索エンジン(ロボット)への対応が必要

SEO対策は大きく分けて2つの対応になります。それは人(読者)への対応と検索エンジン(ロボット)への対応です。

一昔前のSEOはひたすら検索エンジンに向かって行うもの(テクニカルSEO)でした。ただ、最近では検索エンジン自体の能力も向上し、また、ページの滞在時間なども検索順位に影響を与えるようになっています。

さらに、最近の検索エンジンはページの内容(コンテンツ)もかなりの精度で評価することができるようになってきました。

今では個人ブログの記事が大企業の公式サイトの記事より上位表示されることも多々あるなど、少し前では考えられなかったような検索の結果が増えてきています。

最近ではSEOはコンテンツオブキングなどとも言われるように、コンテンツ(内容)を重視した戦略が必要となっています。

ただ、昔からあるテクニカルで検索エンジンに向けたSEOも依然として効果があります。

次は、SEOで意識する大きなポイントの1つ、人に向けたSEO(コンテンツSEO)についての説明です。

人へのSEO対策の基本
コンテンツSEO

人へのSEO対策の基本は「検索で訪れた多くの人に読まれるページを作る」ことにあります。

つまり、ページの内容(コンテンツ)を重視してページを作成していく必要があるということです。

ここで重要となるのが、高品質なコンテンツとはどのようなものであるか?ということです。


上のリンク先でも言及されていますが、高品質なコンテンツを簡単に説明すると下記のようになります。

  • 多くのウェブサイトから参照されている
  • 多くの人にツイッターやフェイスブックなどを通じて共有されている
  • 公式サイトやニュースなど質の高い情報を提示している

もう少し噛み砕いて伝えるなら、ある検索キーワードにおいて、「情報が正確」であり、「多くの人が必要としている情報」であり、そのウェブサイトを「他の人にも共有したいと思える」ページであること、が検索エンジンから高評価を得るポイントになっていると言えます。

ロボットへのSEO対策の基本
被リンク・SEOライティング

SEOの効果を上げるには、まず検索エンジンに評価されなければならないというのもポイントです。コンテンツに自信があっても、それが検索エンジンで表示されなければ誰にも見てもらうことができません。

今では、検索エンジンもコンテンツをかなりの精度で評価できるようになっていますが、できる限り、ページがクロールされた時にどのようなページであるか分かりやすいようにしておくというのも重要なSEO対策です。

検索エンジンに向けたSEO対策には大きく2つの対策がります。それが「被リンク」と「SEOライティング」です。


被リンクをあまり重要視しなくなった人も増えているようですが、上のリンク先でも言及されているように、SEO対策において被リンクは今でも重要です。

被リンクは現実世界でいうところの口コミです。ツイッターやフェイスブックをはじめとするソーシャルメディアにおいての被リンク数や、他のウェブサイトからどれだけ情報源として参照されているかというのは、最初で紹介した高品質なコンテンツの判断にも使われます。

また、検索エンジンに評価されやすいページを作成するのは、いいコンテンツを提供するのとは別のアプローチになります。タイトルをどうするかや、文字数をどうするか、キーワードをどの程度意識しながら入れていくかはコンテンツSEOとは少し違った視点が必要になります。

それでは、大まかにSEOの手法を紹介したところで、効果のあるおすすめのSEO対策について詳しく説明していきます。

コンテンツSEO
効果のあるおすすめのSEO対策その1

SEO対策|検索エンジン|検索順位

検索エンジンがウェブサイトの内容を評価できるようになってきた

最初の方でもお伝えしていますが、最近では検索エンジンの性能がかなり上がっていて、サイトの内容の善し悪しをかなり正確に評価できるようになってきています。

ただ、誤解しないようお伝えしておきますが、まだ検索エンジンはサイトの内容までは判断できません。

ソーシャルメディアでの拡散や、ウェブサイトからの被リンク、サイトを訪れた人たちの平均ページ滞在時間などから総合的にコンテンツの善し悪しを判断しているのです。

ただ、最終的にはウェブサイトを評価するのは読者(人)ですから、作成するページのコンテンツは絶対的に重要となります。

コンテンツSEOを意識したページ作成のポイント

コンテンツSEOを意識したページ作成のポイントをまとめておきます。

  1. ページの構造は見やすくできているか?
    しっかり段落などを分け、ページの構成が読者に分かりやすいようにしてあるでしょうか?
    読者が検索エンジンからサイトに訪れた時に、自分にとって価値のある情報かどうかを判断できるように、目次を作成しておくのも効果的です。
  2. ページの内容(コンテンツ)は専門的であるか?
    検索で訪れた読者が求めているのは、検索キーワードの答えです。
    読者はウェブマスターに専門性も求めているはずです。素人ではなく専門家のページであることが分かることも重要です。
  3. ページの内容(コンテンツ)は圧倒的であるか?
    ありふれたコンテンツのページは読者からすればただのノイズに等しいものです。
    読者は検索エンジンに入力したキーワードの答えを求めていて、その答えが素晴らしければ他の人とも共有したくなるものです。
    ライバルサイトとは違う圧倒的であるコンテンツの提供ができることは非常に重要です。
  4. ページの内容(コンテンツ)は独自のものであるか?
    3と少し被りますが、コンテンツは独自のものでなければなりません。既にあるページの寄せ集めであるなら、NAVERまとめなどの方が有益なコンテンツとなりかねません。
  5. 専門用語を利用しているか?
    専門家が作成したサイトであることの証左として、専門用語を利用しているかは判断基準になります。
    読者に分かりやすく説明することも大事ですが、専門用語も解説しながら入れていくようにした方がいいです。そういったページの方が読者のレベルを引き上げることができる良質のコンテンツとして判断されます。
  6. 画像などの利用はあるか?
    読みやすいページや分かりやすいページには画像が多く利用されています。
    クローラーはテキストベースのサイトを評価しますが、読者はテキストだけのサイトからはすぐに離れてしまうはずです。
    画像はできるだけページに入れていくようにした方がいいです。

他にも下に紹介するリンク先なども非常に参考になります。

被リンクによるSEO
効果のあるおすすめのSEO対策その2

SEO対策|検索エンジン|検索順位

被リンクはウェブサイトにどのような効果をもたらすのか?

被リンクを一言で表すなら口コミです。特徴としては、ソーシャルメディアであれば数が重視され、ウェブサイトであれば質が重視されます。

現実でなら、ソーシャルメディアで拡散されるページは多くの人に口コミで紹介されているということになります。

また、ウェブサイトからのリンクは現実であれば、ウェブサイトの管理人またはブランド・企業などから、紹介されているということになります。

コンテンツについての紹介でも伝えていますが、被リンクは多くのウェブサイトから参照されていることの証明や、ソーシャルメディアで拡散されている有用な情報であることの証明にもなります。

  • 多くのウェブサイトから参照されている
  • 多くの人にツイッターやフェイスブックなどを通じて共有されている
  • 公式サイトやニュースなど質の高い情報を提示している

なので、コンテンツ重視のSEO対策にシフトしている現状でも、被リンクは変わらず重要な要素であると言えます。

被リンクの数を意識するべきか?
被リンクは数より質が重視される

効果の高い被リンクはどのようなものかという質問を受けることがありますが、これは既に検索エンジンから評価を受けているサイトからのリンクで、被リンクを受けるサイトの評価が高ければ高いほど効果は高くなります。

例えばですが、自動車の情報ブログを作成しているとして、そのサイトがトヨタ自動車からリンクを貼られ、紹介されたとしたらどうでしょう?

この場合、自動車の情報ブログは「あの有名なトヨタ自動車が紹介したサイト」となり、自動車でのキーワード順位がぐっと上がってくるはずです。

なので、ソーシャルメディアでの拡散を除き、基本的には評価の高いサイトからのリンクでなければあまり効果のある被リンクとはならないということです。

被リンクで意識するポイント
自演リンク作成の場合

複数のサイトを運営しているウェブマスターの場合、それらのサイトを相互リンクしたり、参照サイトとして紹介することもあると思います。

その場合、テキストリンクとなるアンカーリンクに注意することで、サイトの評価を正確なものにできるはずです。

アンカーリンク作成時の注意点は下記の通りです。

  • アンカーリンクには代名詞を使わない
  • 迷った場合は記事名でのリンクでOK

今のところ、「この」「その」「あの」などの代名詞をクローラーは判断できません。なので、下の例のようにアンカーリンクを作成しても、読者にもクローラーにもどのサイトにリンクされているのか伝わりにくいのです。

なので、リンクを作成するなら、下のようにする方がいいのです。

こちらのページもおすすめです→「おすすめのネットショップASP紹介

これなら、読者にもクローラーにもどのサイトにリンクされているのか分かりますし、リンク先の内容も簡単に把握することができます。

自演のリンクだけでなく、参照サイトとして紹介する場合などにも覚えておいた方がいい内容ですので、アンカーリンクには注意しておくのをおすすめします。

被リンクについては下に紹介するリンク先も分かりやすく解説されているのでおすすめです。

なんでものびるブログ

SEOライティング
効果のあるおすすめのSEO対策その3

SEO対策|検索エンジン|検索順位

SEOライティングを意識したページ作成のポイント

良質なコンテンツを作成するのとは違った意味で、SEOを意識したページ作成もしていかなくては検索エンジンから評価されることはないでしょう。

SEOライティングとは、検索エンジンを意識してページのコンテンツを作成することですが、ポイントとしては↓に紹介するものがあります。

SEOライティングのポイント

  • タイトル
    タイトル名は検索エンジンがもっとも重要視するところです。しっかりとキーワードを盛り込んでいるでしょうか?また、28文字以内に収められているでしょうか?
    最大でもタイトルは32文字までに納めておくのがポイントになります。
    さらに、順位を上げたいキーワードをしっかり盛り込んでおく必要もあります。
    「おすすめの○○」や「○○する○個の方法」などは定番のタイトルですね。
  • ページ構成
    目次の作成や段落を分けるなど、コンテンツSEOでも紹介しましたが、ページ構成をしっかり作り込んでおくのは、人にもロボットにも優しいページとなります。
  • キーワード
    キーワードは文章中にも盛り込んでいく必要がありますが、多用は厳禁です。また、類似の語句も盛り込んでいくと、ロングテールSEOの効果も高まります。
    専門的な良質のコンテンツを作成しようと思ったら、自然と語彙量が増えてくるはずですが、同じ言い方を意識して変えてみるなどの工夫も効果的です。
  • 文字数
    私の実感では、3000文字以上が1つの評価基準となるように思います。何について書かれているページかで上限となる文字数は決まってくると思いますが、概ね3000文字以上を1つの区切りとするといいと思います。
    ただし、特に意味もない長文をだらだらと続けるのはマイナス要素です。

ロングテールSEOとは?
SEOの豆知識

検索キーワードにもビッグワードやスモールワードと呼ばれる種類があります。

ビッグワードの例:「リンゴ」「自動車」

スモールワードの例:「リンゴ 保管 方法」、「自動車 中古 ミニバン」

検索ボリュームも当然ながらビッグワードの方が大きいのですが、ビッグワードで1位を取るのはどの単語でもそうですが非常に難しい試みです。

ただ、スモールワードで1位を取るのはそれほど難しくないので、サイト作成当初や、SEO対策で順位を上げるキーワードを選定する際には、最初はスモールワードを使用してSEOを試みる方が現実的です。

スモールワードでの1位が積み重なることによって、ビッグワードでも1位が取れるようになることが多いので、コツコツとスモールワードでの順位を上げておくのも大切です。

このスモールワードでのSEO対策をロングテールSEOと呼んでいます。

SEO対策は総合力
効果のあるSEO対策まとめ

全て・なんでも・オールインワン・まとめ

コンテンツSEO・被リンク・SEOライティングに優劣はない

それぞれ紹介したコンテンツSEO・被リンク・SEOライティングに特に優劣があるわけではありません。検索順位はコンテンツSEOも被リンクもSEOライティングもその他の諸々の情報も全て含めて総合的に判断しています。

ウェブサイトの強化なら現時点で弱い部分の強化が大切

ウェブサイトの強化を考えている方は、現時点で最も対策をしていない部分を強化するのがおすすめのSEO対策になります。

コンテンツが弱ければコンテンツSEOを、被リンクが弱ければ良質なリンク元の検索を、ライティングに問題がある場合はSEOを考えたタイトルやページ構成に変更するなど、ウェブサイトの現状によって最適となるSEO対策は変わってきます。

大切なのは検索エンジンと読者の両方を考えてサイトページを作成していくことですね。

月額費用や利用できる機能を総合すると、私が最もおすすめできるネットショップ作成ASPはカラーミーショップ です。

お手軽な価格でネットショップが作りたい方には
カラーミーショップがおすすめ

カラーミーショップ

カラーミーショップはリアルな店舗を持っていなくても、ネットを通じて商品を販売する楽しみを多くの人に実感してもらえるショッピングカートです。
これまでに23万を超えるユーザー様からお申込みをいただいております。

オススメ

プラン比較表エコノミー
プラン
スモール
プラン
レギュラー
プラン
ラージ
プラン
月額利用料金
(税込)
900円~
~1,080 円
1,332 円3,240 円7,800 円
初期費用
(税込)
3,240 円3,240 円3,240 円3,240 円
販売手数料
(税込)
無料無料無料無料
ディスク容量0.2GB0.2GB5GB100GB
1商品あたりの
画像枚数
4枚4枚50枚50枚
グーグルアナリティクス
eコマース設定
なしなし
FTPオプション簡易版540 円
(月額)
無料無料

↑の表は簡易版です。詳しくは詳細ページで確認いただくようお願いします。

ネットショップ作成のASPは他にもありますが、カラーミーショップ はコストパフォーマンスのいいおすすめのネットショップ作成サービスです。

料金について詳しくはカラーミーショップの月額費用はいくら?をご覧ください。

カラーミーショップでのネットショップ作成をするなら、必ず確認しておきたいのが「いくらかかるのか?」です。このページでは、カラーミーショップ作成にかかる月額費用について解説していきます。 ネットショップを外注した場合などにかかる費用に関しては、「ネットショップの作成は内製か?外注か?」を参照ください。

カラーミーショップ の公式サイトはこちら

ネットショップ作成ASPは他にもメイクショップBASEがあります。ネットショップ作成サービスの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする