SEOに効果のある記事ページはテキスト量で決まる!?

SEO対策|検索エンジン|検索順位

おすすめ記事
静的サイトと動的サイトの違いは何?いまさら聞けないIT用語

独自ドメインを取得するメリット|SEO対策とサーバー変更リスク低減

無料ブログサービス4社を徹底比較|ライブドア・はてな・FC2・AMEBA

カラーミーショップのSEO設定|効果を上げる5つのポイント

みなさんこんばんは。

SEOの効果について調べると必ずと言っていいほどページ内テキスト量に言及するページがヒットしますね。私もブログを作成を始めたころに参考にさせてもらいましたが、ページ内のテキスト量はSEOに関して一定の効果があると実践して分かりました。

ただ、「何文字書けばいいのか?」や「ブログを書くなら○文字以上が効果的」という説明の仕方では「グーグルの真意が分かっていない=SEOについて分かったとは言い難い」と思います。

今回はSEOにテキスト量を増やすことが一定の効果を上げる理由について説明したいと思います。

この記事をご覧の方にはWPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてもおすすめです。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

ワードプレスでブログを作成するなら1番おすすめのレンタルサーバーwpXレンタルサーバーの公式サイトはこちら

スポンサードリンク

SEOに効果のある記事ページはテキスト量で決まる!?

私が実際にサイトを運営してみた結果、ページ内のテキスト量には一定のSEO効果があると思っています。体感ではSEOに効果のあるテキスト量は大体2000文字~5000文字ぐらいですが、1500文字程度で上位表示された記事もあるので、テキスト量が多ければいいというわけでもありません

当然ですが、ただ闇雲にテキスト量を増やせばいいわけではありません。クローラーがサイトを巡回し、評価する過程でどうしても一定のテキスト数が必要になると言った方が適切だと考えています。

この点を理解するには、クローラーがサイトをどのように評価しているのかを知る必要があるので、まずはその説明からしていきます。

まずはクローラーがサイトを
どうやって見ているのかを知ることから

グーグルなどの検索エンジンにはクローラーというサイトを巡回してデータを集めるロボットがいます。このクローラーは「ページ内の内部リンク構造」「ページから外部へのリンク」「ページ内に使用されている画像」「ページのテキスト量」「ページに利用されている単語数とそれらの頻出度合」などをデータとして収集します。

このクローラーがサイトを巡回する頻度が高いほど検索での表示順位も多くなります。クローラーはサイト内のページだけでなく、それぞれのウェブサイトがどのように関わり合っているかも同時にチェックしています。「サイト同士の関係」や「サイト内のページでどれが重要か」などを理解するために被リンクや内部リンクを利用しています

テキスト量はあくまでもジャンル分け
最も重要なのは検索ユーザーが求めているページかどうか

クローラーがサイトを巡回した際に、そのサイトがどんな内容について書かれているページかどうかを把握しています。その時の判断基準として、ページ内の「ページのテキスト量」「ページに利用されている単語数とそれらの頻出度合」を利用しています。

これは私の推測ですが、テキスト量や頻出単語についての情報は検索エンジンがそのサイトやページをどのようなキーワードで表示するかの判断基準=カテゴリ分けで利用されているだけで、サイトの検索順位の決定には別の要素を利用していると考えています。

その理由は検索エンジンの目的は検索ユーザーが入力したキーワードに対応する最適なサイトを表示することだからです。検索ユーザーにって最適となるサイトはテキスト量だけでは決めることができないはずです。

キーワードによっては動画ページが最適になることもあると思います。検索される語句によってはテキストがほとんどないページの方がかえっていいページと評価されることもあると思いますし、逆に検索語句への回答に専門性の高い知識を必要とする場合は、テキスト量が1万文字以上でも足りないかもしれません。

クローラーはサイトの内容が有益かどうかを判断できない

クローラーは現時点ではあくまでもただのロボット=プログラムなので、サイト内容の善し悪しについて判断することはできません

クローラーが収集しているデータはあくまでも「ページのテキスト量」や「ページに利用されている単語数とそれらの頻出度合」などの情報です。これらの正誤や善し悪し、文才などを判断する技術は今のところないようです。同じテーマについて記事を書けば、とある文豪が書いた記事も私が書いた記事もクローラーにとってはさほど変わりのないデータになるはずです。

なぜならクローラーがサイトやページの情報として得ているのはあくまでも「ページのテキスト量」「ページに利用されている単語数とそれらの頻出度合」などのデータとしての情報だからです。

クローラーがロボットである以上、内容の正確さや信憑性についてはSNSなども含めた被リンクや内部リンクなどで判断せざるを得ません。そのため、よくSEOの議論になると起こる「コンテンツVS被リンク(内部リンクを含む)」の構図は正しいとは言い難く、「SEO=コンテンツ+被リンク(内部リンクを含む)+その他の要素」として考えるのが自然です。

ページ評価の判断基準
滞在時間・ページ遷移・キーワードからの離脱

被リンクや内部リンク以外にもクローラーがページについて判断できる情報はあります。それは実際にページを見たユーザーの反応を観察することです。

そのページを見たユーザーはどの程度の時間ページにいたか(滞在時間)、別のページに移動したならそれはどのページに移動したか(ページ遷移)、そのページを離れた人が次に検索した語句は前と変化があるか(キーワードが変わっていれば問題が解決し「離脱」したと考えられる)など実際にページを訪れた人の動きを観察することです。

クローラーはページを絶対評価ではなく相対評価している

検索エンジンの仕組みから考えてもこれは「仕様」と言える部分ですが、あくまでも検索エンジンやクローラーはサイトページをその他のページと比較して評価しています。

サイト内容が有益かどうかについてロボットが判断できない以上仕方がありませんが、サイトの評価はあくまでも相対的に行われていることは知っておいた方がいいことです。

最近のコンテンツSEOやホワイトハットSEOに言及されたサイトでは、「いいサイトを作ればいずれ評価される」という考え方や主張をよく見ますが、サイト内容の担保については被リンクを主に利用しているはずですし、サイト内の重要なページを判断する要素に内部リンク構造があるのは間違いありません。

なので、検索順位を上位表示したい(=SEO対策)場合には、その他のサイト(ライバルサイト)と比べて「コンテンツ」でも「被リンク」でも「内部リンク構造」でも優れていないといけません

ライバルとなるサイトや比較対象となるサイトが少ないか全くない場合は、作ったページや記事がすぐに上位に表示されることもありますが、そのような例は稀です。

最も検索クエリの多い
インフォメーショナルクエリに
応えるにはテキスト量も必要

ページ内のテキストでクローラーがサイトページのジャンル分けを行い、どのようなキーワードでそのサイトを表示するか決めていることは最初の方に紹介しました。

ただのカテゴリ分けと思えるかもしれませんが、一定のテキスト量があった方がよりクローラーが正確にサイト内容(=ジャンル)を判断できます。また表示するキーワードにも幅を持たせることができるようになるはずです。

この辺りがページ内のテキスト数がSEOに効果があると言われている理由だと考えていますが、もう1つある程度のテキスト量が必要になる理由があります。

それは、検索エンジンを利用するユーザーの多くが1番必要としているものは「情報=インフォメーション」だからです。

検索について説明している外部サイトからの引用です。検索は目的に応じて大きく3つに分けることができます。

私たちが検索するときの意図(目的)は、一般的には次の3種類に分類されます。カッコ内はクエリの種類(検索キーワードの種類)を示しています。

  • 情報や知識を探したい(インフォメーショナルクエリ)
  • 特定のサイトに移動したい(ナビゲーショナルクエリ)
  • 購入や予約など取引したい(トランザクショナルクエリ)

検索意図から導くサーチマーケティングの基本より

同ページにはそれぞれの検索クエリの分類毎の検索数が分かるグラフもあります。

下のグラフは検索ボリューム全体に占めるそれぞれのクエリの種類の割合で、その内訳はインフォメーショナルクエリが85%、ナビゲーショナルクエリが10%、トランザクショナルクエリが5%、となっています。

クエリの内訳

検索意図から導くサーチマーケティングの基本より

情報が欲しいという要求に応えるためには、どうしてもある程度のテキスト数は必要になります。情報を検索しているユーザーの検索結果表示されるサイトは自然とテキスト量の多いサイトになってくるはずだからです。

ここまでが私が実際にサイトを運営して感じたテキスト量と検索順位の関係性です。私の体感ではSEOに効果のあるテキスト量は大体2000文字~5000文字ぐらいです。

ページ内容によっては1500文字程度でもいい場合がありますし、逆に5000文字以上の記事を作る必要があるかもしれません。

SEOに重要なのは「検索エンジンの目的である、ユーザーが入力したキーワードに対応する最適なサイトを作ったことを検索エンジンに正しく伝えること」と私は理解しています。

そのための手法としてテキスト数やリンクなどがあるだけで、テキスト量の多いページを量産すればいいというものではないはずです。

ワードプレスサイトの運用なら
特化型のWPXレンタルサーバーがおすすめ

wpXレンタルサーバー

・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・専用の管理ツールから簡単セットアップ
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

WPX新規契約時利用料金
ご契約期間初期費用ご利用料金合計
3ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
17,000円
(税込18,360円)
料金について詳しくはWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

価格が安いレンタルサーバーなら他にたくさんあるのですが、コストパフォーマンスを考えると、ワードプレスサイトの運営に最もおすすめできるのがwpXレンタルサーバーです。

料金も年間2万円を切る程度ですし、ドメイン取得費用と併せても2万円を少し超える程度でしょう。

これだけの金額でワードプレスを利用したサイト運営ができるので、店舗の紹介や簡単なブログ作成なら、ホームページ作成会社に依頼するより、レンタルサーバーを利用して自作してしまった方が安上がりになると思います。

アクセスを集めるという点で、ウェブサイトの運営は非常に難しいものとなりますが、特別な技術やスキルなど必要なくても、今ではホームページを作ることは可能です。

wpXレンタルサーバーの公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

WPXレンタルサーバー以外にも、エックスサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする