エックスサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間について

月額料金|経費|月極め

おすすめ記事
エックスサーバーの基本事項|高速・高機能・高安定性のレンタルサーバー

エックスサーバーが1番おすすめのサーバーになる人の3つの条件

エックスサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間について

エックスサーバーならワードプレスもHTMLも対応可能

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。

このページではエックスサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

このページをご覧の方にはエックスサーバーの基本事項|高速・高機能・高安定性のレンタルサーバーもおすすめです。

今では企業だけでなく、個人でもホームページ(ウェブサイト)を所有するのは普通の時代です。 今回は自分に合ったレンタルサーバーを探している人のために、高速・高機能・高安定性のレンタルサーバーであるエックスサーバーについて紹介します。

静的サイトの作成からワードプレスなどの動的サイトの作成まで、エックスサーバー なら1つの契約で全ての種類のウェブサイトを運営することができます。

スポンサードリンク

エックスサーバーの月額費用
初期費用・無料お試し期間について

エックスサーバーの初期費用について

価格・お金・値段

初めてエックスサーバーと契約をする場合のみかかる費用があります。これが初期費用です。

エックスサーバーだけでなく、WPXロリポップでもかかるものなので、レンタルサーバーの契約時には必要なものだと理解してもらうのがいいと思います。

エックスサーバーの初期費用は3,240円(税込)となっていて、キャンペーンなどで安くならない限り金額は固定です。

初期費用のみの案内だと継続して利用した場合の経費が分かりにくくなるので、契約ヶ月の利用料金も含めた金額を参照してもらうのが一番です。

エックスサーバー(X10)新規契約時利用料金
ご契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 3,000円+消費税240円 (1,200円+消費税96円)×3ヶ月 6,600円
(税込7,128円)
6ヶ月 3,000円+消費税240円 (1,100円+消費税88円)×6ヶ月 9,600円
(税込10,368円)
12ヶ月 3,000円+消費税240円 (1,000円+消費税80円)×12ヶ月 15,000円
(税込16,200円)

エックスサーバー(X20)新規契約時利用料金
ご契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 3,000円+消費税240円 (2,400円+消費税192円)×3ヶ月 10,200円
(税込10,016円)
6ヶ月 3,000円+消費税240円 (2,200円+消費税176円)×6ヶ月 16,200円
(税込17,496円)
12ヶ月 3,000円+消費税240円 (2,000円+消費税160円)×12ヶ月 27,000円
(税込29,160円)

エックスサーバー(X30)新規契約時利用料金
ご契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 3,000円+消費税240円 (4,800円+消費税384円)×3ヶ月 17,400円
(税込18,792円)
6ヶ月 3,000円+消費税240円 (4,400円+消費税352円)×6ヶ月 29,400円
(税込31,752円)
12ヶ月 3,000円+消費税240円 (4,000円+消費税320円)×12ヶ月 39,000円
(税込42,120円)

初期費用も含めたエックスサーバーの利用料は下記の通りです。

  • エックスサーバー(X10)を利用して1年目の費用は合計16,200円
  • エックスサーバー(X20)を利用して1年目の費用は合計29,160円
  • エックスサーバー(X30)を利用して1年目の費用は合計42,120円

ウェブサイトの外注などでかかる費用は安くても30万は下らないので、外枠の作成をCMSやウェブサイト作成ツールに頼るだけでも非常に多くの費用を削減することができます。

エックスサーバー(X10プラン)
月額費用について

価格・お金・値段

エックスサーバー(X10プラン)の月額費用については更新時の費用を参照してもらえると分かりやすいです。

エックスサーバーは契約期間も3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月(1年)と分かりやすく分けているので、どの程度運用する予定があるかで月額費用を決めることができます。

12ヶ月での契約をした方が料金が安くなるので、ほとんどの方は12ヶ月での契約になると思います。

エックスサーバー(X10)契約更新時利用料金
ご契約期間 ご利用料金 合計
3ヶ月 (1,200円+消費税96円)×3ヶ月 3,600円
(税込3,888円)
6ヶ月 (1,100円+消費税88円)×6ヶ月 6,600円
(税込7,128円)
12ヶ月 (1,000円+消費税80円)×12ヶ月 12,000円
(税込12,960円)

エックスサーバー(X20プラン)
月額費用について

価格・お金・値段

エックスサーバー(X20プラン)の月額費用については更新時の費用を参照してもらえると分かりやすいです。

エックスサーバーは契約期間も3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月(1年)と分かりやすく分けているので、どの程度運用する予定があるかで月額費用を決めることができます。

12ヶ月での契約をした方が料金が安くなるので、ほとんどの方は12ヶ月での契約になると思います。

エックスサーバー(X20)契約更新時利用料金
ご契約期間 ご利用料金 合計
3ヶ月 (2,400円+消費税192円)×3ヶ月 7,200円
(税込7,776円)
6ヶ月 (2,200円+消費税176円)×6ヶ月 13,200円
(税込14,256円)
12ヶ月 (2,000円+消費税160円)×12ヶ月 24,000円
(税込25,920円)

エックスサーバー(X30プラン)
月額費用について

価格・お金・値段

エックスサーバー(X30プラン)の月額費用については更新時の費用を参照してもらえると分かりやすいです。

エックスサーバーは契約期間も3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月(1年)と分かりやすく分けているので、どの程度運用する予定があるかで月額費用を決めることができます。

12ヶ月での契約をした方が料金が安くなるので、ほとんどの方は12ヶ月での契約になると思います。

エックスサーバー(X30)契約更新時利用料金
ご契約期間 ご利用料金 合計
3ヶ月 (4,800円+消費税384円)×3ヶ月 14,400円
(税込15,552円)
6ヶ月 (4,400円+消費税352円)×6ヶ月 26,400円
(税込28,512円)
12ヶ月 (4,000円+消費税320円)×12ヶ月 48,000円
(税込51,840円)

エックスサーバーの無料お試し期間について

無料お試し期間・カレンダー

エックスサーバーの無料お試し期間は10日間となっています。

ホームページ作成ソフト(ホームページビルダーや賢威、シリウスなど)を利用してサイトを作成する場合はローカルで作成したサイトのテスト運用から始めれば、管理画面に慣れる時間の15分程度あればサイトの運営が可能になります。

ワードプレスを利用する場合は、インストール、初期設定などにかかる時間は15分~30分程度です。ワードプレスのテンプレートやプラグインをインストールする時間は、インストールするテンプレートやプラグインの数にもよりますが、大体1時間~2時間程度になると思います。

その後、メニューやウィジェットを設定するのに1時間程度かかってからサイトの作成に入ることになります。

なので、サイトの細かいページの作成に入るまでに3時間~4時間程度の時間がかかるものだと考えてもらえばいいと思います。

まとめ

チェック|ポイント|注意

  • エックスサーバーの月額費用は1,080円~
    (契約内容と契約期間で変動)
  • エックスサーバーの初期費用は3,240円(初回契約時のみ)
  • エックスサーバーの無料お試し期間は10日間

これでエックスサーバーの利用時にかかる費用に関しての説明は終わりです。他にもWPXロリポップについての説明もあるので、これらも参照していただけると嬉しいです。

HTMLでの静的サイトを作成するならエックスサーバー がおすすめのレンタルサーバーです。

ワードプレスサイトからHTMLサイトまで
どんなサイトも運営できるエックスサーバー

エックスサーバー

・月額900円(税抜)から、大容量200GBからの
 高コストパフォーマンス
・安定のサーバー稼働率99.99%以上
・マルチドメイン・メールアドレス無制限!
・独自SSLが無料・無制限!

オススメ

エックスサーバー(X10)新規契約時利用料金
ご契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 3,000円
+消費税240円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
6,600円
(税込7,128円)
6ヶ月 3,000円
+消費税240円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
9,600円
(税込10,368円)
12ヶ月 3,000円
+消費税240円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
15,000円
(税込16,200円)
料金について詳しくはエックスサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

私が一番おすすめしているレンタルサーバーはWPXレンタルサーバーですが、WPXレンタルサーバーはワードプレスでサイトを作成する方しか利用できないという欠点があります。

その点、エックスサーバー なら、ワードプレスでのサイト運用はもちろん、静的サイトの運用も可能な万能のレンタルサーバーです。

料金はWPXレンタルサーバーとほぼ同じで、スペックは若干エックスサーバーの方が高くなっています。欠点を挙げるとすれば、何でもできる分レンタルサーバーの管理画面がやや分かりにくいといったぐらいです。

エックスサーバー の公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

エックスサーバー以外にも、WPXレンタルサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする