エックスサーバー契約の目安となるPV(ページビュー)は?

PV・ページビュー

おすすめ記事
エックスサーバーの基本事項|高速・高機能・高安定性のレンタルサーバー

エックスサーバーが1番おすすめのサーバーになる人の3つの条件

エックスサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間について

エックスサーバーならワードプレスもHTMLも対応可能

レンタルサーバーを選ぶ目安の1つに日間PVや月間PVがあります。アクセス数やPVが大きければそれなりのサーバーを借りる必要も出てくるのです。

このページではエックスサーバー契約の目安となるPVについてお伝えします。

このページをご覧の方にはエックスサーバーの基本事項|高速・高機能・高安定性のレンタルサーバーもおすすめです。

今では企業だけでなく、個人でもホームページ(ウェブサイト)を所有するのは普通の時代です。 今回は自分に合ったレンタルサーバーを探している人のために、高速・高機能・高安定性のレンタルサーバーであるエックスサーバーについて紹介します。

静的サイトの作成からワードプレスなどの動的サイトの作成まで、エックスサーバー なら1つの契約で全ての種類のウェブサイトを運営することができます。

スポンサードリンク

エックスサーバー契約の目安
となるPV(ページビュー)は?

ウェブサイトの表示速度は
ユーザーエクスペリエンスに直結する

時速・表示速度・速さ

ウェブサイトの表示速度はユーザーエクスペリエンス(顧客満足度)に大きな影響を与えます。ウェブサイトの表示速度は、「サイトを保存しているレンタルサーバーのスペック」「サイトを表示するデバイス(PCなど)のスペック」「サイトを表示するデバイスのネット環境」に大きく依存します。

「サイトを表示するデバイスのスペック」や「サイトを表示するデバイスのネット環境」に関してはウェブサイトの運営者(ウェブマスター)である私たちにはどうしようもありませんが、「レンタルサーバーのスペック」は気にしておいた方がいい情報になります。

サーバーのスペックに関しては、専門用語など難しい言葉も多いのですが、基本的には日間PVと月間PVから適したサーバーを選ぶことができます。

大抵のウェブマスターは月間PVだけ気にすればいいのですが、サイトの性質によっては、ある日もしくはある時間だけ異様にアクセスがあるサイトなどでは瞬間的なPVとして日間PVも見ておいた方がいい場合もあります。

エックスサーバーの利用が推奨される
月間PV(ページビュー)について

PV・ページビュー

エックスサーバーはWPXを提供している会社と同じ会社が提供する姉妹サービスです。

サーバーのスペックについては↓に資料を参照しますが、ワードプレスを利用するなら断然WPXの方がコストパフォーマンスがいいサーバーになっています。

エックスサーバーを選択するのは、ホームページ作成ソフト(ホームページビルダーや賢威、シリウスなど)を利用して、静的サイトを作成する場合になると思います。

エックスサーバー転送量について資料

エックスサーバー より

WPX契約の目安となるPVではもう少し詳しい資料がありましたが、会社が同じなのでその数値からWPXではどの程度のサービスになっているかを逆算していみます。

まずX10プランですが、70GB/日の転送量はWPXレンタルサーバーの50GB/日に比べやや優れています。WPXクラウドと比べると、グレードD程度のスペックとなるので、想定PV数は250万/月程となりそうです。
次にX20プランですが、90GB/日の転送量はWPXレンタルサーバーの50GB/日よりかなり優れています。WPXクラウドと比べると、グレードEとグレードFの間程度のスペックとなるので、想定PV数は1,000万/月程となりそうです。

最後にX30プランですが、100GB/日の転送量はWPXレンタルサーバーの50GB/日の倍とこちらもかなり優れています。WPXクラウドと比べると、グレードF程度のスペックとなるので、想定PV数は1,500万/月程となりそうです。

ただ、独自ドメインを多く持ち、複数のウェブサイトを管理している場合はそれらの合計数になることを注意しておいた方がいいです。

例えば、X10プランの利用でも、月間PV25万程度のサイトを10個運営している場合は、転送量がギリギリになっているということになります。アクセスも毎日一定なわけではありませんから、日によっては転送量が制限されるという場合もあるかもしれません。

それでも、WPXと同じ月額料金で転送量はWPXよりやや優れているエックスサーバー(X10プラン)はワードプレスサイトのみの運用にならない人には1番おすすめできるサーバーの1つになります。

まとめ

チェック|ポイント|注意

  • 運用しているウェブサイトのPVに合ったレンタルサーバーを
  • エックスサーバーならX10プランでも月間PV250万程度まで不快感なく利用できる
    (静的サイトの利用でやや有利になる?)
  • エックスサーバーX30プランなら月間PV1,500万ほどの大規模サイトも運用可能

これでエックスサーバー契約の目安となるPVについての説明は終わりです。他にもWPXロリポップについての説明もあるので、これらも参照していただけると嬉しいです。

HTMLでの静的サイトを作成するならエックスサーバー がおすすめのレンタルサーバーです。

ワードプレスサイトからHTMLサイトまで
どんなサイトも運営できるエックスサーバー

エックスサーバー

・月額900円(税抜)から、大容量200GBからの
 高コストパフォーマンス
・安定のサーバー稼働率99.99%以上
・マルチドメイン・メールアドレス無制限!
・独自SSLが無料・無制限!

オススメ

エックスサーバー(X10)新規契約時利用料金
ご契約期間初期費用ご利用料金合計
3ヶ月3,000円
+消費税240円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
6,600円
(税込7,128円)
6ヶ月3,000円
+消費税240円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
9,600円
(税込10,368円)
12ヶ月3,000円
+消費税240円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
15,000円
(税込16,200円)
料金について詳しくはエックスサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

私が一番おすすめしているレンタルサーバーはWPXレンタルサーバーですが、WPXレンタルサーバーはワードプレスでサイトを作成する方しか利用できないという欠点があります。

その点、エックスサーバー なら、ワードプレスでのサイト運用はもちろん、静的サイトの運用も可能な万能のレンタルサーバーです。

料金はWPXレンタルサーバーとほぼ同じで、スペックは若干エックスサーバーの方が高くなっています。欠点を挙げるとすれば、何でもできる分レンタルサーバーの管理画面がやや分かりにくいといったぐらいです。

エックスサーバー の公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

エックスサーバー以外にも、WPXレンタルサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする