WPXレンタルサーバー・WPXクラウドが1番おすすめのレンタルサーバーになる人の3つの条件

全て・なんでも・オールインワン・まとめ

おすすめ記事
WPXレンタルサーバーの基本事項|ワードプレス専用の高速サーバー

WPXレンタルサーバー・WPXクラウドが
1番おすすめのレンタルサーバーになる人の3つの条件


WPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間について

おすすめのレンタルサーバー|ワードプレスの運用に特化したレンタルサーバー

レンタルサーバーを選んでいる人には様々な人がいます。その人に合うレンタルサーバーもその人の目的や条件で変化するので、おすすめするサーバーは人によって変わってきます。

このページではWPXレンタルサーバー・WPXクラウドが1番おすすめのレンタルサーバーになる人の条件をお伝えします。

この記事をご覧の方にはWPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてもおすすめです。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

ワードプレスでブログを作成するなら1番おすすめのレンタルサーバーwpXレンタルサーバー の公式サイトはこちら

スポンサードリンク

WPXレンタルサーバー・WPXクラウドが
1番おすすめのレンタルサーバーになる人の3つの条件

ワードプレスでホームページやブログを
作成しようと思っている人におすすめ

ひらめき|おすすめ

最近ではCMS(コンテンツマネジメントシステム)というホームページやブログを簡単に作ることができるツールやサービスが増えています。ワードプレスはCMSの1つで当サイトでも利用しています。

一昔前ではコーポレートサイトなどのホームページ(ウェブサイト)やブログを作ろうと思ったら、業者などに依頼し、費用を払って作るのが一般的でしたが、ワードプレスなどのCMSを利用すれば、パソコンでインターネットの検索やEメールが送れる程度のスキルで簡単にサイトの作成ができるようになりました。

今ではホームページやブログを内製するのが一般的となっていて、綺麗なサイトを作るといったような外枠の作成自体にかける費用は抑え、中身のコンテンツ(役立つ情報)の作成に手間や時間といった費用をかけるようになっています。

ネットショップ作成にかかる経費についても、ネットショップで売れる商品についても大体のイメージができてきたところで、ネットショップの作成を具体的に検討しようという方も出てきたと思います。基本的にネットショップの作成で内製に勝るものはないのですが、一部を外注するという選択もありです。

WPXはワードプレスの運用に特化したレンタルサーバーとなっているので、ワードプレスを利用してホームページやブログを作成する人にはぴったりのサービスとなっています。

ワードプレスを利用予定で
取得・管理しているドメイン数が
10個以下の人におすすめ

URL|独自ドメイン

WPXのサービスは独自ドメインを最大10個管理できるサービスとなっています。そのため、自社で取得・管理している独自ドメイン数が10個以下の人におすすめできるサービスです。

もちろん、取得・管理しているドメインは1つでも構いませんし、これからサイトを作成しようと思っている方で独自ドメインをまだ持っていない方にもおすすめできます。

コーポレートサイトや店舗情報サイトなどのウェブサイト作成の時も、アフィリエイトブログや趣味ブログなどのブログ作成の時も、独自ドメインを取得することが強く推奨されています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

独自ドメインの取得に費用をかけたくない人の場合でも、WPX契約時に無料のドメインが1つ利用できるようになりますから、独自ドメインを持っていない人や、独自ドメインを持つつもりのない人にもおすすめのサービスです。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。

ワードプレスを利用して
いずれ複数のサイトを
管理する予定の人におすすめ

テクノロジーネットワーク・複数サイト管理

ウェブサイトでもブログでも基本的に1サイト1ジャンルでサイトを作成するのが基本中の基本となっています。

そのため、自社で運営している事業が複数ある場合や、個人の趣味ブログなどでもジャンルごとにドメインを分けてウェブサイトやブログを作った方が検索エンジンへの対策(SEO)にも効果の高いサイト作成が期待できます。

スタートアップ直後などで、現在運営している事業が1つだけの場合でも、ワードプレスを利用してのサイト作成にはワードプレスの利用に特化したサービスであるWPXレンタルサーバーがぴったりです。

今後も1サイトのみの運用になることが確定しているような場合を除いて、複数サイトを作成する可能性が少しでもある場合はWPXを利用しておく方が後々楽になります。

エックスサーバーロリポップなどでもワードプレスを利用することはできますし、独自ドメインを利用した複数のサイト管理をすることもできますが、WPXの複数ドメインを管理する前提で作られた管理画面はやはり使いやすいものになっています。

残るは費用になりますが、月額費用は大したことがありませんから、ワードプレスでサイトを作成する場合のレンタルサーバーの選定に悩んでいる方にもとりあえずWPXを使ってもらうことがおすすめできます。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

ワードプレスサイトの運用なら
特化型のWPXレンタルサーバーがおすすめ

wpXレンタルサーバー

・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・専用の管理ツールから簡単セットアップ
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

WPX新規契約時利用料金
ご契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
17,000円
(税込18,360円)
料金について詳しくはWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

価格が安いレンタルサーバーなら他にたくさんあるのですが、コストパフォーマンスを考えると、ワードプレスサイトの運営に最もおすすめできるのがwpXレンタルサーバー です。

料金も年間2万円を切る程度ですし、ドメイン取得費用と併せても2万円を少し超える程度でしょう。

これだけの金額でワードプレスを利用したサイト運営ができるので、店舗の紹介や簡単なブログ作成なら、ホームページ作成会社に依頼するより、レンタルサーバーを利用して自作してしまった方が安上がりになると思います。

アクセスを集めるという点で、ウェブサイトの運営は非常に難しいものとなりますが、特別な技術やスキルなど必要なくても、今ではホームページを作ることは可能です。

wpXレンタルサーバー の公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

WPXレンタルサーバー以外にも、エックスサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする