WPXが他社と比べて優れている点|登録ドメイン数・ワードプレスの運用特化

WPXレンタルサーバー

おすすめ記事
WPXレンタルサーバーの基本事項|ワードプレス専用の高速サーバー

WPXレンタルサーバー・WPXクラウドが
1番おすすめのレンタルサーバーになる人の3つの条件


WPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間について

おすすめのレンタルサーバー|ワードプレスの運用に特化したレンタルサーバー

レンタルサーバーでどの会社を利用しようか悩んでいる人にとって、他社との比較は非常に重要な要素です。また、おすすめのレンタルサーバーはウェブサイト作成の目的や運営状況でも変わってきます。

このページではWPXが他社と比べて優れている点についてお伝えします。

この記事をご覧の方にはWPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてもおすすめです。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

ワードプレスでブログを作成するなら1番おすすめのレンタルサーバーwpXレンタルサーバー の公式サイトはこちら

スポンサードリンク

WPXが他社と比べて優れている点

ワードプレスのサイト運用に特化している

メリット|ポイント

WPXが他社と比較して優れている点で1番大きなものは「ワードプレスを利用したサイト運用に特化している」点です。他社のレンタルサーバーでは、ワードプレスも運用できるようになっていますが、ワードプレスの運用を考えて作られたサービスではありません。

そのため、価格とスペックの比較をすると、ワードプレスを利用したサイト運営ならWPXが一番適しているサービスになります。

登録できる独自ドメイン数が10個

URL|独自ドメイン

WPXのいい点は月額1,000円~1,200円のサービスで登録できる独自ドメイン数がデフォルトで10個あるという点です。エックスサーバーロリポップでは独自ドメインの利用数がもっと多いのですが、10個以上の独自ドメインを管理・運用する人はアフィリエイターを除けばなかなかいないはずです。

大抵の方は独自ドメインが10個も登録できれば十分なはずなので、この点も問題にはなりません。

月額1,000円~1,200円の価格に納得のスペック

チェック|ポイント|注意

ロリポップを利用すればWPXよりも月額費用を抑えてウェブサイトを運用することは確かに可能です。しかし、ロリポップを利用している場合、月間PVが5万を超えるようになると、若干表示スピードにムラが出てくるようになります。

月間PVが10万を超えると表示スピードに無視できないムラが出たり、最悪の場合503エラー(サイトへの同時アクセス数が一定の値を超えるとサイトが表示できなくなる)が出ることもあります。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではロリポップの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

私の場合は月間PVが8万あたりで一時的にサイトの表示が遅くなったりしてロリポップのサーバーに限界を感じたため、WPXに引っ越しすることにしました。

現状私の運営しているサイトで一番月間PVがあるサイトは15万~16万PV程度ですが、このぐらいまでは問題なく動いています。ただ、そろそろこのサイトはWPXクラウドへの移行も考えています。

wpXクラウド の利用を始めました。

今回は自分に合ったレンタルサーバーを探している人のために、ワードプレスの利用・運用に特化したサーバーで、運営できるサイトが1つに限定されている分、下位プランがリーズナブルになっているWPXクラウドについて紹介します。

小規模PVサイトから中規模PVサイトまでの
運用状況に対応・大規模PVサイトの運用も

PV・ページビュー

WPXにはWPXレンタルサーバーとWPXクラウドの2種類のサービスがあります。ほとんどの方は月額費用1,000円~1,200円で利用できるWPXレンタルサーバーで十分なスペック(対応PV数)がありますが、大規模PVサイトを運営している方の場合はWPXクラウドの上位グレードの方が適している場合もあります。

レンタルサーバーを選ぶ目安の1つに日間PVや月間PVがあります。アクセス数やPVが大きければそれなりのサーバーを借りる必要も出てくるのです。 このページではWPX契約の目安となるPVについてお伝えします。

サイトの運営状況に合わせて利用するレンタルサーバーを変更するという選択もありますが、レンタルサーバーを変更すると管理画面も今まで利用していたものから変わってしまうので、どうしても慣れるまでに時間がかかってしまいます。

それなら、最初からWPXのレンタルサーバーを利用しておいた方が合理的です。

ワードプレスサイトの運用なら
特化型のWPXレンタルサーバーがおすすめ

wpXレンタルサーバー

・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・専用の管理ツールから簡単セットアップ
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

WPX新規契約時利用料金
ご契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
17,000円
(税込18,360円)
料金について詳しくはWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

価格が安いレンタルサーバーなら他にたくさんあるのですが、コストパフォーマンスを考えると、ワードプレスサイトの運営に最もおすすめできるのがwpXレンタルサーバー です。

料金も年間2万円を切る程度ですし、ドメイン取得費用と併せても2万円を少し超える程度でしょう。

これだけの金額でワードプレスを利用したサイト運営ができるので、店舗の紹介や簡単なブログ作成なら、ホームページ作成会社に依頼するより、レンタルサーバーを利用して自作してしまった方が安上がりになると思います。

アクセスを集めるという点で、ウェブサイトの運営は非常に難しいものとなりますが、特別な技術やスキルなど必要なくても、今ではホームページを作ることは可能です。

wpXレンタルサーバー の公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

WPXレンタルサーバー以外にも、エックスサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする