ワードプレス初心者にもおすすめできるWPXレンタルサーバーの特徴

WPXレンタルサーバー

おすすめ記事
WPXレンタルサーバーの基本事項|ワードプレス専用の高速サーバー

WPXレンタルサーバー・WPXクラウドが
1番おすすめのレンタルサーバーになる人の3つの条件


WPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間について

おすすめのレンタルサーバー|ワードプレスの運用に特化したレンタルサーバー

みなさんこんばんは。

ワードプレスでウェブサイトやブログを作成するのに最もおすすめできるレンタルサーバーはwpXレンタルサーバーです。

初心者でも利用はそれほど難しくありませんし、上級者の方ならワードプレスに特化したレンタルサーバーになるため、余計な機能やメニューがなく、レンタルサーバーのダッシュボードでストレスを感じることが少なくなるでしょう。

今回はワードプレス初心者にもおすすめできるWPXレンタルサーバーの特徴についてお伝えします。

wpXレンタルサーバー公式サイトはこちら

スポンサードリンク

ワードプレス初心者にもおすすめできる
WPXレンタルサーバーの特徴

月額料金は1,080円から利用可能

月額料金|経費|月極め

WPXレンタルサーバーは1年契約にすれば月額費用が1,080円(税込)から利用できます。契約期間は3ヶ月や6ヶ月の期間も用意されていますが、これからワードプレスでウェブサイトやブログを運営しようと考えているなら、1年間は契約しておいた方がいいでしょう。

仮にサイト作成は3ヶ月で終わってしまって、その後全く更新をしないとしても、検索エンジンで上位表示されるようになるまでには確実に時間がかかります。

早くても3ヶ月、一般的には6ヶ月ほどの時間が検索エンジンに評価されるようになるまでに必要になっています。作るサイトのジャンルによっては1年や2年かかってようやく上位に表示されてくるという話も聞くぐらいです。

なので、レンタルサーバーの契約に関しては、料金ができる限り安くなる期間で、かつフレキシブルに対応できる期間で設定しておくのがおすすめです。私の場合は契約期間は長くても3年で区切るようにしています。

WPXレンタルサーバーなら、最も月額料金が安くなる契約期間が1年(12ヶ月)でいいので、この期間以外で契約する必要はありません。

なお、初回契約時のみ、初期費用が5,400円(税込)かかります。契約時にかかる料金は月額費用と初期費用の合計で18,360円(税込)となります。

より詳しいWPXレンタルサーバーの料金について知りたい方はWPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてをご覧ください。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

追加料金なしで独自ドメインが10個まで登録できる

URL|独自ドメイン

ウェブサイトやブログをワードプレスで作成する場合、独自ドメインを取得して運営するのが一般的な方法となります。WPXレンタルサーバーを契約した際に、無料でドメインを1つもらえますが、せっかくこだわりを持って作成するウェブサイトやブログのURLなら、文字列にもこだわったオリジナルのドメインにしたいですよね。

独自ドメインでも無料ドメインでも、ウェブサイトがグーグルから受ける評価にほとんど影響はありません。ただし、ドメインの運営年齢が長い方が高い評価が受けやすくなるという傾向もあります。

また、レンタルサーバーはウェブサイトが育ってきたら引っ越しをする可能性もあります。そんな時に、独自ドメインでウェブサイトやブログを運営していた方が検索エンジンの評価を損なうことなくレンタルサーバーの引っ越しができます。

WPXレンタルサーバーでは、契約した段階で独自ドメインを10個登録することができるようになっています。初心者の方なら逆に10個もいらないと思うかもしれませんが、いずれ別ジャンルのサイトに挑戦することがあるかもしれません。

独自ドメインの登録が10個まで可能ということは、10ジャンルのウェブサイトを1つのレンタルサーバーで運営できることになります。

ウェブサイト全体のPV次第では、登録するドメイン数を減らす必要がでてくる場合もありますが、最初のうちはそんなこと心配する必要はありません。とにかく記事を書きましょう。

月間PVが全サイト合計で20万PV以下なら全く問題なし

PV・ページビュー

WPXレンタルサーバーで運営するウェブサイトのPVが、月間で20万PVぐらいになってくるとサーバーへの負荷が無視できなくなってくるでしょう。

私が運営しているウェブサイトでは、平均月間PVが25万、最高で30万PVになったことがあるのですが、さすがにレンタルサーバーへの負荷が無視できないレベルになってしまいました。

今ではそのサイトだけwpXクラウドで運営することにしています。

私の経験上、WPXレンタルサーバーに登録しているウェブサイトの合計PVは月間20万PVぐらいから負荷が無視できなくなってくると考えています。

ワードプレスの場合、テンプレートや記事内容、プラグインの使用状況でかなり変わってくるのですが、目安として覚えてもらうといいでしょう。

登録した独自ドメインをEメールアドレスに利用できる

モバイルフレンドリー

WPXレンタルサーバーに登録した独自ドメインは、Eメールアドレスとして利用することも可能です。特に難しい設定もいりませんし、メールアプリを利用してメール送受信や閲覧をすることも簡単にできます。

よくあるのが「info@独自ドメイン」のメールアドレスです。ウェブサイト用の問い合わせページからは、独自ドメインを利用したメールアドレスに問い合わせが来るように設定しておくといいでしょう。

wpXクラウドを利用する場合、サイトのために登録した独自ドメインではEメールアドレスが利用できないので、少し注意しておく必要があります。

ワードプレスサイトの運用なら
特化型のWPXレンタルサーバーがおすすめ

wpXレンタルサーバー

・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・専用の管理ツールから簡単セットアップ
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

WPX新規契約時利用料金
ご契約期間初期費用ご利用料金合計
3ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
17,000円
(税込18,360円)
料金について詳しくはWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

価格が安いレンタルサーバーなら他にたくさんあるのですが、コストパフォーマンスを考えると、ワードプレスサイトの運営に最もおすすめできるのがwpXレンタルサーバーです。

料金も年間2万円を切る程度ですし、ドメイン取得費用と併せても2万円を少し超える程度でしょう。

これだけの金額でワードプレスを利用したサイト運営ができるので、店舗の紹介や簡単なブログ作成なら、ホームページ作成会社に依頼するより、レンタルサーバーを利用して自作してしまった方が安上がりになると思います。

アクセスを集めるという点で、ウェブサイトの運営は非常に難しいものとなりますが、特別な技術やスキルなど必要なくても、今ではホームページを作ることは可能です。

wpXレンタルサーバーの公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

WPXレンタルサーバー以外にも、エックスサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする