WPXレンタルサーバー・WPXクラウド|契約の目安となるPV(ページビュー)は?

PV・ページビュー

おすすめ記事
WPXレンタルサーバーの基本事項|ワードプレス専用の高速サーバー

WPXレンタルサーバー・WPXクラウドが
1番おすすめのレンタルサーバーになる人の3つの条件


WPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間について

おすすめのレンタルサーバー|ワードプレスの運用に特化したレンタルサーバー

レンタルサーバーを選ぶ目安の1つに日間PVや月間PVがあります。アクセス数やPVが大きければそれなりのサーバーを借りる必要も出てくるのです。

このページではWPX契約の目安となるPVについてお伝えします。

この記事をご覧の方にはWPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてもおすすめです。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

ワードプレスでブログを作成するなら1番おすすめのレンタルサーバーwpXレンタルサーバー の公式サイトはこちら

スポンサードリンク

WPX契約の目安となるPV(ページビュー)は?

ウェブサイトの表示速度は
ユーザーエクスペリエンスに直結する

時速・表示速度・速さ

ウェブサイトの表示速度はユーザーエクスペリエンス(顧客満足度)に大きな影響を与えます。ウェブサイトの表示速度は、「サイトを保存しているレンタルサーバーのスペック」「サイトを表示するデバイス(PCなど)のスペック」「サイトを表示するデバイスのネット環境」に大きく依存します。

「サイトを表示するデバイスのスペック」や「サイトを表示するデバイスのネット環境」に関してはウェブサイトの運営者(ウェブマスター)である私たちにはどうしようもありませんが、「レンタルサーバーのスペック」は気にしておいた方がいい情報になります。

サーバーのスペックに関しては、専門用語など難しい言葉も多いのですが、基本的には日間PVと月間PVから適したサーバーを選ぶことができます。

大抵のウェブマスターは月間PVだけ気にすればいいのですが、サイトの性質によっては、ある日もしくはある時間だけ異様にアクセスがあるサイトなどでは瞬間的なPVとして日間PVも見ておいた方がいい場合もあります。

WPXの利用が推奨される
月間PV(ページビュー)について

PV・ページビュー

WPXの姉妹サービスにWPXクラウドといものもあり、これはドメイン運用が1つになるサービスです。最上位のプランだとWPXより多い月間PVにも対応ができるので、既に運用しているウェブサイトの引っ越しなどの場合はWPXクラウドでの運用の方がおすすめになる方がいるかもしれません。

通常運用しているサイトなら基本的にWPXの運用で十分対応できると思います。

WPXスペック比較表

wpXレンタルサーバー より

↑の表にあるように、WPXレンタルサーバーの転送量目安は50GB/日となっています。WPXクラウドの表示は月間転送量なので、単純計算でグレードC程度(50GB×30日=1,500GB)のスペックになっています。

そう考えると想定PV数は月間150万程度までは問題なく動いてくれる計算になるので、よほど大きいサイトや人気のあるサイトを運用している場合でない限り、WPXの方がドメインを複数管理できる分お得と言えます。

実際の使用感としては、私の運営している月間約15万PVほどのブログでも全く問題なく表示されていますが、30万~50万PVぐらいになった場合はサーバーの引っ越しまたはWPXクラウドの上位グレードへの切り替えが必要になりそうだと考えています。

恐らく、WPXでは管理ドメイン全ての転送量になっているので、運用サイトが複数あり、それら複数のサイトのPVがそこそこある場合は月間料金が同じグレードB程度のスペックになっていると考えた方が安全かもしれません。

このあたりの使用感はワードプレスで利用しているテンプレートやプラグインなどで変わる場合もあると思います。参考程度にしてもらえると助かります。

ワードプレスのデザインや記事内部の構成、SEO対策などはテンプレートとプラグインを利用すれば初心者でも手軽に対応することができます。 このページではコーポレートサイトや店舗サイトなどのウェブサイト(ホームページ)作成におすすめのテンプレートとプラグインを紹介します。

ただ、月間PV50万以上となると、そのサイトのインターネット広告のみで得られると想定される収益が月間30万を超えるレベルなので、個人の趣味ブログなどなら十分に対応可能です。

また、企業サイトでも店舗サイトや会社案内サイトで月間50万PV以上のサイトはかなり珍しいと思いますから、月額費用1,000円~1,200円でも十分なスペックのサーバーをレンタルできると考えた方がいいかもしれません。

ワードプレスサイトの運用なら
特化型のWPXレンタルサーバーがおすすめ

wpXレンタルサーバー

・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・専用の管理ツールから簡単セットアップ
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

WPX新規契約時利用料金
ご契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
17,000円
(税込18,360円)
料金について詳しくはWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

価格が安いレンタルサーバーなら他にたくさんあるのですが、コストパフォーマンスを考えると、ワードプレスサイトの運営に最もおすすめできるのがwpXレンタルサーバー です。

料金も年間2万円を切る程度ですし、ドメイン取得費用と併せても2万円を少し超える程度でしょう。

これだけの金額でワードプレスを利用したサイト運営ができるので、店舗の紹介や簡単なブログ作成なら、ホームページ作成会社に依頼するより、レンタルサーバーを利用して自作してしまった方が安上がりになると思います。

アクセスを集めるという点で、ウェブサイトの運営は非常に難しいものとなりますが、特別な技術やスキルなど必要なくても、今ではホームページを作ることは可能です。

wpXレンタルサーバー の公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

WPXレンタルサーバー以外にも、エックスサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする