WordPressを利用するならWPXレンタルサーバーがコスパ最強

支払い|経費|費用

おすすめ記事
WPXレンタルサーバーの基本事項|ワードプレス専用の高速サーバー

WPXレンタルサーバー・WPXクラウドが
1番おすすめのレンタルサーバーになる人の3つの条件


WPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間について

おすすめのレンタルサーバー|ワードプレスの運用に特化したレンタルサーバー

みなさんこんばんは。

今ではサイトを作成する際にWordPressの利用を検討しない方はいないと思います。私は初めてサイトを作成した時にはホームページ・ビルダーを利用していましたが、今ではWordPressを利用したサイト作成に移行しています。

WordPressは特にブログを作成するなら最もおすすめするCMSなのですが、サイトを作成する時にもおすすめできます。

今回はWordPressのみを利用してブログやサイトを作成する方に最もおすすめのレンタルサーバーwpXレンタルサーバーの紹介をします。

この記事をご覧の方にはWPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてもおすすめです。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

ワードプレスでブログを作成するなら1番おすすめのレンタルサーバーwpXレンタルサーバーの公式サイトはこちら

スポンサードリンク

WordPressを利用するなら
WPXレンタルサーバーがコスパ最強

WordPressを利用した
サイト作成をおすすめする理由

ひらめき|おすすめ

ブログ作成にもサイト作成にもWordPress

もともとブログを作成するために作られたWordPressはブログを作成するなら迷わず選択すべきCMSです。ブログ作成なら無料ブログの利用を検討する方も多いのですが、ブログのデザインを自由に決めることができるWordPressの方が自分の好みのデザインで作れるのでおすすめです。

そもそもブログの場合、その価値はサイトデザインではなくブログの内容になるので、そこまでデザインにこだわる必要はないのですが、余計な広告を表示しないことや、サイドバーやヘッダーを自分好みに設定するには、無料ブログでも有料プランに入る必要が出てくることが多いです。

それなら最初からレンタルサーバーを借りてWordPressでブログを作成した方が自分の勉強にもなるのでおすすめです。

私はサイト作成の場合もWordPressをおすすめしています。また、最近のSEO対策ではサイトを上位表示させるにはどうしてもページ数が多くなりがちです。WordPressならページの増設が簡単ですし、一度外観を設定しておけば全ページに適用されます。

サイト作成に向いているテーマも無料で数多く配布されていますし、モバイルユーザーへの配慮もレスポンシブデザインで十分にされていますから、逆にWordPressを利用しない理由を探す方が難しいぐらいです。

どうしても自分が利用したいデザインがWordPressでは実現できないという場合のみ、HTMLを利用してサイト作成をする必要が出てきますが、これはかなりの上級者向けになります。

個別ページ管理とサイトの階層構造作成・変更が簡単にできる

私はホームページ・ビルダーを利用してサイトを作成した経験もありますが、HTMLでサイトを作成した際に頭を悩ませるのが階層構造の管理や画像の管理です。

HTMLでサイトを作成する場合、サイト作成前に全ての階層構造と画像管理フォルダを作成しておかないと、後でディレクトリの整理をしようと思ってもなかなかできませんし、ページ毎に編集をしないといけなかったりするので非常に大変です。

WordPressならとりあえずある程度の階層構造を作成しておいたらページを作成して、サイトが大きくなってきてからディレクトリ構造を編集するということも簡単にできます。

また、画像の管理も一括で行えて表示の際には名前検索もできるので、ファイルの場所がどこだったかなどいちいち探さなくていいのは非常に便利です。

とは言っても、サイト作成前にある程度の階層構造は決めておいた方が後で編集する手間が省けるのでおすすめです。

サイトの作成事例が豊富

WordPressでブログやサイトの作成をおすすめするのはユーザーが非常に多いWordPressでは、作成事例やトラブル対応、デザインの設定やテンプレートなどの情報がネット上に溢れているというのもポイントです。

「こういうデザインにするにはどうしたらいいか?」「こんなトラブルがあったけど解決するにはどうしたら?」「おすすめのデザインやプラグインの設定方法は?」といった具合のブログやサイトを作成する際の疑問の多くに検索エンジンが応えてくれるのは非常に助けになります。

ユーザーの少ないCMSやHTMLでサイトを作成した場合には、そもそも自分の悩みが独自のものになり、他のサイトの事例や解決方法があてにできないことが多く、トラブルや悩みがあっても自分で解決するしかなくなってしまうことが何度も出てきます。

このような経験は自身のスキルアップにはいいこともありますが、昨今のSEO事情からすると「そんなことで悩んでいる時間があるなら記事作れよ!」となります。

過去のSEO対策の記事をまとめてSEO対策の基礎知識として新しいページを作成しました。このページは目次から目的のカテゴリーを参照していただく形になると思います。かなり文字数の多い長い記事となっています。ご了承ください。

サイト作成にもブログ作成にも独自ドメインを取得してWordPressで作成というのがサイト作成初心者にもおすすめできる最良の方法です。PC初心者ぐらいのレベルであれば無料ブログの利用もいいですが、サイトを作成するなら初心者でもワードプレスを利用した方が自身のスキルアップにも効果があるのでおすすめです。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。

WPXレンタルサーバーをおすすめする理由

チェック|ポイント

サイトスピード

WordPressで作るサイトやブログは動的サイトになるので、どうしてもHTMLで作成した静的サイトよりも表示速度が遅くなりがちです。グーグルのページスピード分析ツールを利用してもHTMLサイトなら90以上のスコアを出すことも可能ですが、ワードプレスサイトだと70~75ぐらいが限界です。

その分レンタルサーバーの表示スピードが大切になるのですが、価格に優位性のあるロリポップレンタルサーバーはサイトの表示速度にやや難があります。

WPXレンタルサーバーはWordPressの利用に特化したレンタルサーバーで、サイトの表示スピードに関してはもともと評判のよかったエックスサーバーが運営しているサービスです。

エックスサーバーが公開しているWPXレンタルサーバーのスペックでは、WPXレンタルサーバーで運用するサイトは月間150万~250万程度のPVがあっても運用できる(独自ドメインを複数設定している場合はそれらの合計)ので、大抵のブログやサイトでは表示スピードに何ら問題なく利用できるはずです。

WPXスペック比較表

wpXレンタルサーバーのスペック表より

WPXレンタルサーバーの姉妹サービスにWPXクラウドもありますが、独自ドメインが10個利用できるWPXレンタルサーバーの方がサイトを1つ運用するにも複数運用するにもコスパが抜群にいいです。

ワードプレスでサイトやブログを作成するのにおすすめのレンタルサーバーwpXレンタルサーバー公式サイトはこちら

スッキリした管理画面

私のメインサイトはWPXレンタルサーバーで管理しているのですが、管理画面が無駄なくすっきりしているのはエックスサーバーやロリポップレンタルサーバーと比較しても断然WPXレンタルサーバーです。

参考に各レンタルサーバーの管理画面もお見せします。まずはロリポップから

ロリポップ管理画面|比較用

ロリポップ! より

左側のメニューが多く、それぞれの使用頻度もそこそこあるため私は今でもよく迷います

次にエックスサーバーです。

エックスサーバー管理画面(サーバーパネル)|比較用

エックスサーバー より

比較的すっきりして見やすくなっていますが、WordPressのみの利用の場合は余計な機能や表示が多すぎます。WordPressでサイトやブログを作成するだけなら、この管理画面のほとんどの機能は必要ありません。

最後にWPXレンタルサーバーです。

WPXレンタルサーバー管理画面|比較用

wpXレンタルサーバーより

最初のWordPress設定の時は別ですが、基本的にTOPの管理ページだけで全てが完了します。サイトへのログインも「設定」リンクから簡単にできるようになっています。

万全のセキュリティ

私がWPXレンタルサーバーをおすすめする1つの理由にセキュリティーの管理が非常に楽であることが挙げられます。まずは↓の「設定」からの管理画面をご覧ください。

WPXレンタルサーバー管理画面2|比較用

WPXレンタルサーバーより

WordPressで作成したサイトで一番心配なのはダッシュボードからの不正アクセスです。

WordPressIDとパスワードで比較的簡単にログインすることができてしまうのですが、WPXレンタルサーバーで管理しているWordPressサイトは別です。

私はIDとパスワードを管理するのが非常に苦手なのですが、WPXレンタルサーバーなら「管理者パスワードの初期化」がボタン1つで簡単にできます。

私の管理しているサイトは毎回管理者パスワードを初期化してからログインするようにしています。これなら万が一WordPressIDがばれてしまって、管理画面からログインされそうになっても安心です。だって毎回ログイン時のパスワードが違うんですからね。

WPXレンタルサーバー
エックスサーバーの価格・スペック比較

違い|比較|比べる

価格とスペックの比較もしておきたいと思います。まずはエックスサーバーとの比較です。

WPXレンタルサーバー・エックスサーバー|価格スペック比較
レンタルサーバー比較WPXエックス(X10)
月額費用(税込)1,080 円1,080 円
初期費用(税込)5,400 円3,240 円
容量100GB50GB
マルチドメイン10個無制限
MySQL10個50個
転送量50GB/日70GB/日
自動バックアップ14日分7日分
CMS自動インストールWordPressのみWordPressを含む6種
メールアカウント無制限無制限
メールサポート24時間/365日24時間/365日
無料お試し期間14日間10日間
サイト構成WordPressのみHTMLすべて利用可

WordPress以外でサイト作成をする場合や転送量などのスペックはエックスサーバーの方が若干優れています。しかし、それでも私がWPXレンタルサーバーをおすすめするのは管理画面がWordPressの利用に特化していて余計なものがないことです。

特にレンタルサーバーを利用する初心者の方は、WPXレンタルサーバーの管理画面に慣れたら他のサービスは利用しづらいぐらい管理画面がスマートでスリムです。

WPXレンタルサーバー
ロリポップレンタルサーバーの価格・スペック比較

違い|比較|比べる

価格とスペックの比較もしておきたいと思います。次にロリポップレンタルサーバーとの比較です。

WPXレンタルサーバー・ロリポップレンタルサーバー|価格スペック比較
レンタルサーバー比較WPXレンタルサーバーロリポップレンタルサーバー
(ライトプラン)
月額費用(税込)1,080 円270 円
初期費用(税込)5,400 円1,620 円
容量100GB50GB
マルチドメイン10個50個
MySQL10個1個
転送量50GB/日60GB/日
自動バックアップ14日分有料
CMS自動インストールWordPressのみWordPressを含む3種
メールアカウント無制限無制限
メールサポート24時間/365日24時間/365日
無料お試し期間14日間10日間
サイト構成WordPressのみHTMLすべて利用可

初期費用と月額費用ではロリポップレンタルサーバーの圧勝です。スペックもデータ上はロリポップの方が優れているように見えますが、実際の使用感は断然WPXレンタルサーバーに軍配が上がります。

私も最初はロリポップレンタルサーバーでサイトを運用していましたが、月間PVが10万に行くか行かないかあたりで表示速度に難が出始めました。今では私のメインサイトは月間20万PVに届く程度になっていますが、WPXレンタルサーバーでは特に問題なく表示されています。30万PVになったら一度プランを見直す必要が出てきそうですが、今のところ全く問題ないレベルです。

WordPressでサイトを作成するなら初心者から中級者まではWPXレンタルサーバー1択でOKです。管理画面の使用感も申し分なく、月間PVも20万程度までなら問題なく動作します。

WPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間について」で年間の費用概算も行っているので、興味のある方はご覧ください。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

ワードプレスサイトの運用なら
特化型のWPXレンタルサーバーがおすすめ

wpXレンタルサーバー

・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・専用の管理ツールから簡単セットアップ
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

WPX新規契約時利用料金
ご契約期間初期費用ご利用料金合計
3ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
17,000円
(税込18,360円)
料金について詳しくはWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

価格が安いレンタルサーバーなら他にたくさんあるのですが、コストパフォーマンスを考えると、ワードプレスサイトの運営に最もおすすめできるのがwpXレンタルサーバーです。

料金も年間2万円を切る程度ですし、ドメイン取得費用と併せても2万円を少し超える程度でしょう。

これだけの金額でワードプレスを利用したサイト運営ができるので、店舗の紹介や簡単なブログ作成なら、ホームページ作成会社に依頼するより、レンタルサーバーを利用して自作してしまった方が安上がりになると思います。

アクセスを集めるという点で、ウェブサイトの運営は非常に難しいものとなりますが、特別な技術やスキルなど必要なくても、今ではホームページを作ることは可能です。

wpXレンタルサーバーの公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

WPXレンタルサーバー以外にも、エックスサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする