WPXレンタルサーバーの基本事項|ワードプレス専用の高速サーバー

WPXレンタルサーバー

おすすめ記事
WPXレンタルサーバーの基本事項|ワードプレス専用の高速サーバー

WPXレンタルサーバー・WPXクラウドが
1番おすすめのレンタルサーバーになる人の3つの条件


WPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間について

おすすめのレンタルサーバー|ワードプレスの運用に特化したレンタルサーバー

今では企業だけでなく、個人でもホームページ(ウェブサイト)を所有するのは普通の時代です。個人ではウェブサイトよりブログの方が一般的かもしれませんが、それでもウェブサイトやブログに全く触れたことがないという方の方が今や少数派です。

ウェブサイトの作成やブログの作成には無料で利用できるサービスやツールもありますが、より自由に、より自分らしいウェブサイトやブログを作ろうと思ったら、自分でレンタルサーバーと契約するという方法もあります。

今回は自分に合ったレンタルサーバーを探している人のために、ワードプレスの利用・運用に特化した専用の高速サーバーであるWPXレンタルサーバーについて紹介します。

この記事をご覧の方にはWPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてもおすすめです。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

ワードプレスでブログを作成するなら1番おすすめのレンタルサーバーwpXレンタルサーバー の公式サイトはこちら

WPXクラウドについてはこちら

今回は自分に合ったレンタルサーバーを探している人のために、ワードプレスの利用・運用に特化したサーバーで、運営できるサイトが1つに限定されている分、下位プランがリーズナブルになっているWPXクラウドについて紹介します。

スポンサードリンク

WPXレンタルサーバーの基本事項
ワードプレス専用の高速サーバー

WPXレンタルサーバーの概要

紹介状|紹介|案内

運営企業

レンタルサーバー運営母体
公式サイトリンク wpXレンタルサーバー
運営企業 エックスサーバー株式会社
エックスサーバーを運営している企業です。
本社所在地 大阪
営業所・支社など拠点 東京支社

本社は大阪になりますが、支社は東京にもあります。運営企業はエックスサーバー株式会社です。エックスサーバー株式会社はワードプレスに特化したレンタルサーバーのwpXレンタルサーバー やWPXクラウドを運営している会社ですが、高機能のレンタルサーバーであるエックスサーバーを運営している企業でもあります。

ITに関連した事業を行っている会社では名前が違うサービスであっても、運営している企業は同じということがままあります。代表的なのがGMOグループが運営するカラーミーショップメイクショップ(MakeShop)でしょう。

ただ、運営企業が一緒でもターゲットとしている客層は違うため、サービスの内容もかなり違ったものとなっています。これはWPXレンタルサーバーやWPXクラウドとエックスサーバーでも同様です。

価格概要

WPXレンタルサーバー価格概要
プラン
(契約期間)
3ヶ月契約 6ヶ月契約 12ヶ月契約
初期費用
(税別)
5,000 円 5,000 円 5,000 円
月額費用
(税別)
1,200 円 1,100 円 1,000 円
初年度
年間運営費用
(税別)
19,400 円 18,200 円 17,000 円

WPXレンタルサーバーの運営費用に関してはこちらの記事で詳しく紹介しています。

WPXレンタルサーバーでは、プランが1つしかないというのが大きな特徴になります。選択できるのは契約期間だけで、提供しているサービスの内容は全て同じものとなっています。

特徴

ワードプレス専用のレンタルサーバーであるWPXレンタルサーバーの特徴は下記の通りです。

  • 契約プランは1つだけ、違いは契約期間のみ
  • ワードプレス運用に特化したレンタルサーバー
  • 独自ドメインの登録が10個まで可能
  • 初心者におすすめのレンタルサーバー

WPXレンタルサーバーの大きな特徴として、ワードプレス専用のレンタルサーバーであることが挙げられます。今ではRWD(レスポンシブウェブデザイン)であり、ブログ作成に向いているCMSであるワードプレスを利用して作成されているサイトはかなり多くあります。

ワードプレスはもともとブログを簡単に作れるようにするために作られたCMSですが、今ではブログだけでなくウェブサイトの作成に利用されることも多くなっています。

特に、ウェブサイトを始めて作るようなIT初心者であれば、ワードプレスを利用したサイト作成を強くおすすめしています。ワードプレスはサイト設計が簡単にできるので、とりあえずウェブサイトを作成してみるといった利用の仕方も可能ですし、ウェブサイトのテーマに沿ったページを増やしていくことも簡単にできます。

現状のSEO対策とも親和性が高いため、ワードプレスには、アフィリエイトサイトのような商用サイトの作成からコーポレートサイトのようなブランドサイトの作成、ブログを手軽に作成するといった多くの利用方法があります。

独自ドメインの登録も10個まで可能ですから、複数のサイトを運営する予定がある人にもおすすめです。

WPXレンタルサーバー
評判・口コミについて
ワードプレス特化の高速サーバーの実力

評判・噂・うわさ・口コミ

WPXレンタルサーバーの売り文句は「ワードプレスに特化した高速サーバー」です。エックスサーバーも運用している同社がレンタルサーバーの機能をワードプレスに限定することで、よりリーズナブルに高機能のレンタルサーバーを利用できるようにとサービスの提供を開始したレンタルサーバーです。

当サイトwpXレンタルサーバー を利用して運営しています。利用者の観点からも、月額費用1,000円~でこれだけ高機能なレンタルサーバーを利用できるのであれば、他のレンタルサーバーは検討しなくてもいいと言えるぐらいです。

特にこれからウェブサイトを作る方で、ワードプレスを利用する予定の方はこのWPXレンタルサーバーを強くおすすめします。

ワードプレス特化の「高速」レンタルサーバーは本当か?

私はwpXレンタルサーバー を利用する前のレンタルサーバーではロリポップライトプランを利用していました。ロリポップからWPXレンタルサーバーに引っ越しした理由は、最初に作ったウェブサイトのPVが月間10万PVを超えたあたりから、ロリポップのスペックに限界を感じ始め、他にいいレンタルサーバーがないか探して見つけたのがWPXレンタルサーバーだったからです。

わざわざロリポップからWPXに引っ越ししなくてもよかったのですが、以前からウェブサイト作成にエックスサーバーが評判がいいのを知っていたので、そのエックスサーバーの姉妹サービスとして出たWPXレンタルサーバーを利用してみたいと思ったのがきっかけです。

引っ越しの作業は大変で、データベースの移行ミスで画像が全く表示されないといったトラブルにも遭遇しましたが、5日ほどかけてWPXレンタルサーバーに引っ越ししてから、明らかにウェブサイトの表示スピードが上がったので驚きました。

実際にサイトを見た感じではあまり体感できるものではありませんでしたが、グーグルアナリティクスのサイト表示スピードがロリポップを利用していたころはでこぼこのグラフだったのが、WPXレンタルサーバーに移行してからは平らなグラフになっていました。

比較データを下に掲示します。

WPX引っ越し前後アナリティクスデータ画像をクリックで拡大(PC)

青色のグラフはWPXレンタルサーバーに変更後の平均速度データで、橙色のグラフがロリポップ利用時の平均速度データです。

ページの表示速度にムラが出にくくなっているのが分かると思います。

ロリポップのライトプランなら、6ヶ月契約で月額250円で利用できるのが、WPXレンタルサーバーになると、12ヶ月契約で月額1,000円になります。ただ、PVも月間10万程度あるようになって、収益も少し出てきましたから、レンタルサーバーへの投資も必要だと考え引っ越しを実施しました。

PVデータを下に掲示します。
※何か直帰率のデータがおかしいですが、恐らく以前のデータはアナリティクスのタグが2つ付けられていたせいだと思います。

WPX引っ越し前後アナリティクスデータ2PV画像をクリックで拡大(PC)

月間PVが10万近くになると、ロリポップのライトプランではやや表示に難があることが出てきて、バズなどでアクセス数が一気に集まった場合などは504エラーが出ることもありました。

WPXレンタルサーバーに移行してからは、月間30万PVになるぐらいまで504エラーが出ることはありませんでした。

WPXレンタルサーバー
メリット・デメリット

比較|比べる

ワードプレスに特化している分、コストパフォーマンスにも優れているWPXレンタルサーバーですが、利用にはメリットとデメリットがあります。下記に紹介しておきます。

メリット

WPXレンタルサーバーのメリットは下記の通りです。

  • ワードプレスに特化しているレンタルサーバーのため余計な機能がない
  • 価格に対しての性能がいい(コスパがいい)
  • PVが増えてきたら姉妹サービスのwpXクラウド に移行も可能
  • ウェブサイトの表示速度も申し分なし

私がWPXレンタルサーバーや姉妹サービスのWPXクラウドを愛用しおすすめしているのは、1つにレンタルサーバーの機能がワードプレスの利用に特化している分、余計な機能がなく管理画面が初心者でも見やすくなっていることです。

初心者には価格の面からもロリポップをおすすめすることが多いのですが、ロリポップの管理画面は慣れるまでやや使い難いです。その点WPXレンタルサーバーやWPXクラウドの管理画面はワードプレスの利用しかできない分、管理画面がスッキリしていて非常に分かりやすくなっています。

初めてレンタルサーバーを利用するという方でも、WPXレンタルサーバーやWPXクラウドの管理画面が分かりにくいと感じる方はほとんどいないと思います。

次に価格です。どうしてもロリポップには負けてしまいますが、それでも月額1,000円~1,200円で利用できるレンタルサーバーですからコストを気にする必要がほとんどありません。年間で契約しても17,000円+消費税です。

管理費用としてみてもかなり安いことが分かると思います。

また、私は月間PVが30万PVになったあたりで、504エラーが出るようになってしまったため、サイトを1つ姉妹サービスのwpXクラウド に移管しましたが、サイトが育ってきてWPXレンタルサーバーのスペックではカバーできなくなっても姉妹サービスでより高機能のWPXクラウドに移行もできますから、レンタルサーバーを変更した際に管理画面の違いから使い勝手が悪くなることもありません。

また、複数のサイトを運営していても表示速度が気になるようなことはありませんでした。

デメリット

WPXレンタルサーバーはワードプレスの利用に特化しているためそれがデメリットにもなります。WPXレンタルサーバーのデメリットは下記の通りです。

  • サイトの運用がワードプレスに限定されてしまう
  • WPXレンタルサーバーからWPXクラウドに移行する際
    一時サイトが表示されない状態になってしまう
  • WPXレンタルサーバーより上位のWPXクラウドのプランはグレードDから
  • WPXクラウドに移行すると独自ドメインのメールアドレス利用が不可になる

WPXレンタルサーバーを利用することの直接的なデメリットはサイトの運用がワードプレスに限定されてしまうことです。動的サイトであるワードプレスは静的サイトであるHTMLサイトに比べて表示速度が落ちてしまいますから、表示速度を優先してHTMLサイトを作成するつもりの方にはWPXレンタルサーバーが利用できない原因になるかもしれません。

ホームページ・ビルダーやシリウスなどでHTMLサイトを作成する場合、ロリポップかエックスサーバーを利用することになると思います。

また、WPXレンタルサーバーを利用する直接のデメリットとはなりませんが、ウェブサイトが育ってきてPVを稼げるようになってきた場合、月間30万ぐらいからどうしてもWPXレンタルサーバーではスペックの上限に達してしまいます。

その場合、姉妹サービスのWPXクラウドに移行することもできますが、レンタルサーバーの引っ越しの際に、一旦WPXレンタルサーバーの独自ドメインの登録を解除し、WPXクラウドに同じ独自ドメインを登録しなければなりません。

その間はどうしても一時的にウェブサイトにはアクセスできない状態になってしまいます。WPXレンタルサーバーのみ契約している方はWPXクラウドに移行する際には当日中に引っ越しの作業を終わらせるようにしなければなりません。

その場合でも30分もあれば移管の作業自体は終わりますから、そこまでウェブサイトの閲覧者に迷惑をかけるわけではないかもしれませんが、引っ越し作業中は一時的にウェブサイトにアクセスできない状況になってしまうことは事実です。

サービス移管に関するもう1点のデメリットはWPXレンタルサーバーはデフォルトのスペックがかなり高めに設定されているので、姉妹サービスのWPXクラウドでの上位スペックのサービスは月額5,000円のグレードDからになってしまいます。

私はグレードDではあまりスペックに変化がないと思ったのでグレードEにしましたが、これは月額10,000円のサービスです。今まで月額1,000円だったものが5,000円以上になるのはちょっと考えてしまう出費ですが、PVが下がらない以上無理だと判断して必要経費と考えることにしました。

さらに、WPXレンタルサーバーを利用している間は登録している独自ドメインをメールアドレスにも利用できるのですが、WPXクラウドに登録している独自ドメインはメールアドレスには利用できません。

下2つ目~4つ目のデメリットはWPXレンタルサーバーを利用する直接のデメリットとはなりませんが、いずれこのような問題が発生する可能性があるということは知っておいてください。

ワードプレスサイトの運用なら
特化型のWPXレンタルサーバーがおすすめ

wpXレンタルサーバー

・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・専用の管理ツールから簡単セットアップ
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

WPX新規契約時利用料金
ご契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月 5,000円
+消費税400円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
17,000円
(税込18,360円)
料金について詳しくはWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

価格が安いレンタルサーバーなら他にたくさんあるのですが、コストパフォーマンスを考えると、ワードプレスサイトの運営に最もおすすめできるのがwpXレンタルサーバー です。

料金も年間2万円を切る程度ですし、ドメイン取得費用と併せても2万円を少し超える程度でしょう。

これだけの金額でワードプレスを利用したサイト運営ができるので、店舗の紹介や簡単なブログ作成なら、ホームページ作成会社に依頼するより、レンタルサーバーを利用して自作してしまった方が安上がりになると思います。

アクセスを集めるという点で、ウェブサイトの運営は非常に難しいものとなりますが、特別な技術やスキルなど必要なくても、今ではホームページを作ることは可能です。

wpXレンタルサーバー の公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

WPXレンタルサーバー以外にも、エックスサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする