クラウドレンタルサーバーってどういう仕組みで動いているの?

レンタルサーバー

おすすめ記事
静的サイトと動的サイトの違いは何?いまさら聞けないIT用語

独自ドメインを取得するメリット|SEO対策とサーバー変更リスク低減

無料ブログサービス4社を徹底比較|ライブドア・はてな・FC2・AMEBA

カラーミーショップのSEO設定|効果を上げる5つのポイント

みなさんこんばんは。

クラウドという言葉も聞き慣れるようになってきましたが、イマイチ意味が分からないという方も多いのではないでしょうか?実は私もその1人です。

今回はクラウドレンタルサーバーがどういう仕組みで動いているのかについて説明します。

この記事をご覧の方にはWPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてもおすすめです。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

ワードプレスでブログを作成するなら1番おすすめのレンタルサーバーwpXレンタルサーバーの公式サイトはこちら

スポンサードリンク

クラウドレンタルサーバーって
どういう仕組みで動いているの?

クラウドとは?

クラウド|雲

英単語の「cloud」は雲と訳されます。ほこり、大群といった意味もありますが、やはり雲という意味が最も使われやすいでしょう。近年、注目を集めているのがインターネットを通すクラウドですが「クラウドとは?」と疑問を感じている人に私は多く会ってきました。

まずクラウドはクラウドコンピューティングの略であり、簡単に説明するとインターネット上にデータを保存することです。パソコンの場合は内蔵されているハードディスクに、スマートフォンの場合は内蔵メモリにデータを保存するのが基本です。

パソコンなら外付けのハードディスク、スマートフォンならメモリーカードといった具合に外付けの記憶媒体を用いることもありますが、いずれにせよ手元にあるものに保存します。

それに対してクラウドではインターネット上に保存するので、特別な機器は必要ありません。このシステムは「cloud」の雲の意味から来ているのですが、インターネットの世界では昔からネットワークを雲に例えていたのでそこから名付けられたという説が有力です。

実は昔からクラウドの技術は使われていて、フリーメールなどは典型的なクラウドサービスです。手元の機器に保存するわけではなく、違うパソコンからもアクセスできるのがクラウドの魅力と言えるでしょう。

家で仕事をして作ったファイルをクラウドに保存して、会社でそのファイルを使って仕事の続きをするといった感じに使えます。

インターネットに繋がってさえいればファイルを共有できるので、これからは会社で使う機会も増えてくるでしょう。Googleなど多くの会社がクラウドストレージサービスを手がけていますが、これはファイルをインターネット上に保存したりダウンロードしたりできるサービスです。

無料か有料かはサービスによって異なり、1人が利用できる容量にも各社で差があります。アフィリエイターならGoogleにアカウントを作るのが普通なので、クラウドストレージサービスを利用してみるとよいでしょう。

クラウドレンタルサーバーが動く仕組み

仕組み

サーバーは「提供する」という意味合いがある言葉です。インターネットに欠かせないウェブサーバーの場合は、ウェブサイトを見るために利用者に提供するものという認識でよいでしょう。

このウェブサーバー上に各ウェブサイトの設計図が収められていて、アクセスが来たら設計図を基に適した形で表示されると考えてください。ウェブサーバーはパソコンの一種なのですが、一般的に販売されているパソコンとはやや異なっています。

CPUやメモリといった部分は多くのアクセスが来てもいいように独自のものが使われているので、利用者が増えても快適にインターネットを楽しめるのです。このウェブサーバーですが、実際には物理サーバーと仮想サーバーといった感じに分かれています。

物理サーバーは先に説明した特殊なパソコンのことで、こちらを導入する方が安定するのは間違いありません。相当にお金がかかってしまいますので企業ならともかく個人で導入する人は少ないものの、私の知り合いの中には自宅にサーバーを設置している人もいます。

そのため、アフィリエイターのような個人がサーバーを利用する場合、クラウドレンタルサーバーとも呼ばれる仮想サーバーを使うのが一般的です。

クラウドレンタルサーバーが動く仕組みですが、これは先に書いたようにウェブサイトの設計図をアップロードするというものです。この点は物理サーバーと大きな違いはないのですが、クラウドレンタルサーバーの場合はレンタルとあるように物理サーバーの一部を有料で借ります。

そして、借りたスペースに設計図となるファイルをアップロードして、アクセスしてきた人に閲覧してもらうという仕組みです。インターネットをしているとサーバーのメンテナンスのためにウェブサイトが見られないという状況がありますが、物理サーバーの方に障害が起こるとアクセスができなくなるなどの問題が発生します。

それでも、格安で利用できるクラウドレンタルサーバーがアフィリエイターにとって役立つ存在なのは間違いありません。

クラウドレンタルサーバーのメリット

メリット|ポイント

アフィリエイトを始める場合、無料ブログにするかクラウドレンタルサーバーを借りてそこにウェブサイトを作るかは迷うポイントです。無料ブログだけでもアフィリエイトで稼げますし、私も最初はそうしてきたので無料ブログが駄目というわけではありません。

しかし、多くのアフィリエイターはクラウドレンタルサーバーを奨めていて、その理由として挙げられるのがSEOの面で有利な点です。SEO対策は検索順位を上げるための手法で、あるキーワードで検索した時に何番目に自分のサイトが表示されるかはアフィリエイトの中でも特に重要と言えるでしょう。

このSEO対策の面で有利になるのがクラウドレンタルサーバーのメリットですが、一方でクラウドレンタルサーバーはSEOの面で不利だという声もあります。SEO対策とは要はGoogleからの評価を高める作業なので、更新頻度などサーバーとは関係ない点も重要です。

仮に同じような内容、更新頻度の無料ブログとクラウドレンタルサーバーを使ったウェブサイトがあったとして、最初は無料ブログの方が上位に来ると考えられます。

この辺りがクラウドレンタルサーバーが不利と言われる理由ですが、無料ブログのドメインは既にGoogleから高評価を受けています。FC2なら「fc2.com」のドメインが、ライブドアなら「livedoor.jp」のドメインが含まれていますが、実はGoogleはドメインについても評価しているというのが多くの人の見解です。

Googleは検索順位に関するプログラムについては詳しく公開していないので推定になりますが、ドメインによる評価の差はあると考えてよいでしょう。

その点、クラウドレンタルサーバーを使った独自ドメインは評価ゼロからスタートするので最初は不利ですが、最終的には無料ブログとの差がはっきり出てきます。

実際、検索してみれば分かりますが、上位に表示されているのは企業のウェブサイトを始めとして独自ドメインのところが多数です。そのため、検索結果で上位を狙うならクラウドレンタルサーバーを使うのが有効です。

ワードプレスサイトの運用なら
特化型のWPXレンタルサーバーがおすすめ

wpXレンタルサーバー

・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・専用の管理ツールから簡単セットアップ
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

WPX新規契約時利用料金
ご契約期間初期費用ご利用料金合計
3ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
17,000円
(税込18,360円)
料金について詳しくはWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

価格が安いレンタルサーバーなら他にたくさんあるのですが、コストパフォーマンスを考えると、ワードプレスサイトの運営に最もおすすめできるのがwpXレンタルサーバーです。

料金も年間2万円を切る程度ですし、ドメイン取得費用と併せても2万円を少し超える程度でしょう。

これだけの金額でワードプレスを利用したサイト運営ができるので、店舗の紹介や簡単なブログ作成なら、ホームページ作成会社に依頼するより、レンタルサーバーを利用して自作してしまった方が安上がりになると思います。

アクセスを集めるという点で、ウェブサイトの運営は非常に難しいものとなりますが、特別な技術やスキルなど必要なくても、今ではホームページを作ることは可能です。

wpXレンタルサーバーの公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

WPXレンタルサーバー以外にも、エックスサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする