レンタルサーバーのスペック比較ならここを見ろ!

違い|比較|比べる

おすすめ記事
静的サイトと動的サイトの違いは何?いまさら聞けないIT用語

独自ドメインを取得するメリット|SEO対策とサーバー変更リスク低減

無料ブログサービス4社を徹底比較|ライブドア・はてな・FC2・AMEBA

カラーミーショップのSEO設定|効果を上げる5つのポイント

みなさんこんばんは。

レンタルサーバーを選ぶ時にスペックの比較を行う人が多いのですが、スペックを比較する時にどの点を見ればいいのかイマイチ分からないという方も多いのではないでしょうか?

サイトの運営を始めたばかりの時は私もそうでした。よく見ておくべきスペックが分からない場合は、大抵が価格でレンタルサーバーを選ぶことになると思いますが、安易に価格だけでレンタルサーバーを決めるのはサイトの運営上リスクも高いのです。

せっかく頑張って作ったサイトなのですから、できるだけ多くの方に見てもらいたいですよね。

今回はレンタルサーバーのスペック比較をする時に出てくる用語について説明します。

この記事をご覧の方にはWPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてもおすすめです。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

ワードプレスでブログを作成するなら1番おすすめのレンタルサーバーwpXレンタルサーバーの公式サイトはこちら

スポンサードリンク

レンタルサーバーのスペック比較ならここを見ろ!

ディスク容量とは

CD|ディスク容量

最初のうちはともかく、報酬が発生するようになるとレンタルサーバーを借りて、そこでウェブサイトを展開するアフィリエイターがほとんどです。レンタルサーバーは会社、時期によって性能が違うので色々とチェックするべきポイントがあります。

その中でも分かりやすいポイントがディスク容量で、画像を多く使う人にとっては特に重要な要素です。レンタルサーバーはパソコンの一種ですが、一般的に売られているものとはやや異なります。

インターネットを通したアクセスに対応できるよう作られているのが特徴で、このレンタルサーバーの保存領域を借りてウェブサイトをアップロードしていくのです。

レンタルサーバーを提供している会社と契約した場合、プランに応じてユーザーに保存領域が割り当てられます。

ディスク容量とはこの時の保存領域の数字のことで、最近は最も値段が安いプランでも10ギガバイト程度はあるのではないでしょうか。

中には1ギガバイト程度と非常に容量が少ないレンタルサーバーもありますが、実際のところ10ギガバイトもあれば十分だという意見もあります。

私が契約しているプランは容量が100ギガバイトなのですが、実際には2ギガバイトも使用していません。ディスク容量以外のところに魅力を感じたので現在のプランにしていますが、個人でアフィリエイトをするなら画像を多く使用するとしても10ギガバイトで十分な気はします。

普通のパソコンの場合、データを保存するために使われているのは高確率でハードディスクドライブかSSDでしょう。これはレンタルサーバーでも同じで、昔はハードディスクドライブが当たり前でしたが最近はSSD搭載のものも増えてきました。

SSDは容量の大きさではハードディスクドライブにまだ敵わないものの、アクセス速度に関しては抜群に優れています。ハードディスクドライブを使用するプランと比較するとディスク容量の面で不利なのですが、ディスク容量をあまり気にしないならSSDを利用できるプランを選ぶのも手です。快適なアクセスはそれだけの魅力があります。

転送量とは

疑問|とは|分からない

レンタルサーバーを契約する場合には各種スペックを調べる必要がありますが、その中の1つが転送量制限です。まず転送量とは、ウェブサイトにアクセスがあった場合にやり取りされるデータの量を表しています。

仮に、画像を一切貼っていないウェブサイトのトップページを表示させようとしましょう。このトップページのHTMLファイルが10キロバイトだとするなら、誰かがトップページにアクセスするたびに10キロバイトの転送量が発生します。

HTMLファイルはプログラムが記載されているものの、文章だけのファイルなので容量は軽いです。ところが、画像を大量に貼っているウェブサイトの場合はアクセスがあるたびに転送量が多く発生しますので、アクセス数が増えると加速度的に転送量が発生してしまいます。

レンタルサーバーを提供している会社は、転送量の増加に対応するためにサーバーを強化するなど色々と対策を取っているでしょう。

それでも、アクセスが増えるとどうしてもサーバーの反応が鈍くなるなどの悪影響が出てきますから、会社としては好ましい状況ではありません。そこで、一定期間の転送量が制限を超えたら追加料金が発生するなどの転送量制限を設けるのが普通です。

もっとも、私がアフィリエイトを始めた頃には追加料金の対応を取る会社はほとんどなくて、現在は転送量が上限を超えたら警告が来るというのが一般的です。私も一回だけプランの見直しを迫られたことがありますので、転送量についてはしっかりとチェックしておきたいポイントと言えるでしょう。

ただ、転送量はレンタルサーバーのスペックの中でも分かりにくいのは間違いありません。実際、私も各ファイルがどれくらいの容量で、アクセス数がこのくらいだから転送量上限はこれぐらい必要という風に計算していません。

単純に一度プランの見直しを迫られたので、より転送量のリミットが大きなものを選んだだけです。特にアフィリエイトを始めた時点では転送量制限はどれぐらいがいいか分からないでしょうが、最初から余裕があるプランを選択するのも手です。

転送量はウェブサイトのどの部分に影響を与えるか1

転送量|ウェブサイトへの影響

レンタルサーバーの転送量はウェブサイトのどの部分に影響を与えるか、それは読み込み速度などウェブサイトの安定性に関わる部分です。自分のウェブサイトに限った話ではなく、同じレンタルサーバーを使っている全てのサイトが転送量の影響を受けます。

レンタルサーバーにも性能の限界がありますし、多くの人がアクセスしてくるなら転送量も増えてパフォーマンスが低下していくでしょう。逆に言えば、読み込み速度以外のところにはほとんど影響を及ぼさないのですが、実のところ快適に使えるかはアフィリエイトで特に重要なポイントです。

例えばAmazonなり楽天なりの会員になっていて、そこで目当ての品が販売されているならわざわざ別のサイトを探したりしないでしょう。このようにそのサイトを利用すると決めている人の場合、少々反応が悪くても別のサイトには流れづらいですが、アフィリエイトではそこまで強固な繋がりはできにくいのが実情です。

アフィリエイターはなるべくよい情報を提供して自分のウェブサイトを経由してもらおうとはしますが、検索エンジンを使って見つけたウェブサイトが表示されにくければ他のサイトに流れていくのは仕方がありません。成約に繋げるためにも、なるべく転送量の面で優れたレンタルサーバーを使って安定したウェブサイトを構築したいところです。

アフィリエイト初心者の人には勧められないですが、私の知り合いには専用サーバーを利用しているアフィリエイターがいます。レンタルサーバーで検索してまず出てくるのは共用サーバーで、これは複数の人間が使用するタイプのものです。

専用サーバーは1人でサーバーを使用するので、転送量の上限などが定められていないものもあります。もっとも、専用サーバーでもあまりに負荷がかかる場合は何らかの制限が加えられることがあるようです。料金も高めに設定されているものの、ウェブサイトを快適に運営するために有用なのは間違いありません。

転送量はウェブサイトのどの部分に影響を与えるか2

転送量|ウェブサイトへの影響

レンタルサーバーはアクセスに対応するためのパソコンです。ウェブサイトを作る側が画像などをアップロードする、見る側がウェブサイトにアクセスする場合にはデータのやり取りが行われますが、このデータの量が転送量です。

転送量はウェブサイトのどの部分に影響を与えるかですが、最も分かりやすいのは表示速度です。もっとも、表示速度についてはアクセスするPCの性能、使用しているブラウザ、インターネットへの接続手段などによっても変わってきますのでそちらの影響の方が大きいと私は思います。

しかし、同じ環境からアクセスしているのに妙に表示までに時間がかかるウェブサイトがあり、それにイライラした経験は多くの人が持っているでしょう。

アクセスが集中してもいいように性能のよいレンタルサーバーが使われているのですが、それでもアクセスが集まれば負担がかかります。

レンタルサーバーは基本的に共用サーバーであり、複数の人が利用しているので自分のウェブサイトにあまりアクセスがない場合でも影響が出てくるのです。

同じサーバーに人が多く集まるウェブサイトが存在していると、その影響でサーバー内の他のウェブサイトも表示速度が落ちる、もっと酷いとサーバーがダウンしてウェブサイトが表示されないケースも珍しくはありません。各会社がデータの転送量に上限を設けているのは、このような事態をなるべく防ぐためです。

中には転送量の上限を定めていないと宣伝している会社もありますが、これは無制限で使えるという意味とは限りません。上限を超えていてもすぐにウェブサイトに影響はないという意味合いで、実際にはプランの変更などを余儀なくされたり、最悪の場合はアカウントを停止されるケースもあります。

転送量と表示速度の間には大きな関係があり、表示速度が遅いとそれだけでそっぽを向かれることもありますから、なるべく転送量の面で信頼が置けるレンタルサーバーを利用するとよいでしょう。

レンタルサーバーのスペック比較に大切なこと

メリット|ポイント

レンタルサーバーの比較に重要な要素は画像などの保存領域であるディスク容量より、サイトを利用するユーザーの利便性に関わる転送量の方が大事だと考えられます。

実際に多くのウェブサイトでは画像を利用しますが、その保存領域は大抵が10ギガバイト以内に収まっています。

それよりもサイトの表示速度などユーザビリティに多くの影響を与える転送量の方がレンタルサーバーを比較する上で大切な要素となり得ます。

ワードプレスサイトの運用なら
特化型のWPXレンタルサーバーがおすすめ

wpXレンタルサーバー

・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・専用の管理ツールから簡単セットアップ
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

WPX新規契約時利用料金
ご契約期間初期費用ご利用料金合計
3ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
17,000円
(税込18,360円)
料金について詳しくはWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

価格が安いレンタルサーバーなら他にたくさんあるのですが、コストパフォーマンスを考えると、ワードプレスサイトの運営に最もおすすめできるのがwpXレンタルサーバーです。

料金も年間2万円を切る程度ですし、ドメイン取得費用と併せても2万円を少し超える程度でしょう。

これだけの金額でワードプレスを利用したサイト運営ができるので、店舗の紹介や簡単なブログ作成なら、ホームページ作成会社に依頼するより、レンタルサーバーを利用して自作してしまった方が安上がりになると思います。

アクセスを集めるという点で、ウェブサイトの運営は非常に難しいものとなりますが、特別な技術やスキルなど必要なくても、今ではホームページを作ることは可能です。

wpXレンタルサーバーの公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

WPXレンタルサーバー以外にも、エックスサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする