ネットショップの売り方は店舗と違う!?売れる商品に必ずある5つの共通点

ショッピングイメージ

おすすめ記事
カラーミーショップの基本事項|カラーミーショップとは

カラーミーショップのSEO設定|効果を上げる5つのポイント

ネットショップのアクセスアップ方法|カラーミー・BASE

初心者でもしっかりしたネットショップが作れるカラーミーショップ

ネットショップの運営を初めて1年ほどになりますが、実店舗とは売れる商品が違うことが分かってきました。実店舗で売れている商品はネットショップでも売れるのですが、意外な商品がネットショップでは売れたりするので面白いです。

今日は私の経験から売れる商品に共通する5つのポイントを紹介したいと思います。

この記事をご覧の方にはカラーミーショップの基本事項|カラーミーショップとはもおすすめです。

ネットショップを所持するなら全て自社で作成するよりも、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)を利用すれば専門知識が全くなくてもネットショップの作成が可能です。今回はそんなASPの1つであるカラーミーショップの概要について紹介します。

お手軽な価格でネットショップが作りたい方にはカラーミーショップ がおすすめです。

スポンサードリンク

ネットショップの売り方は店舗と違う!?
売れる商品に必ずある5つの共通点

単価が安い商品はある程度まとまった数なら売れる
送料のことを忘れるな!

配達・送料・宅配便

ネットショップで実店舗と違う点と言えば、「送料がかかる」という点だと思います。なので、単価の安い商品でもある程度まとまった数なら売れることがよくあります。

例えば、うまい棒1本だったらその辺のコンビニで買ってきちゃいますよね。でも、もしうまい棒500本欲しいという人がいたら…。

その人はコンビニやスーパーを渡り歩くよりもネットショップで買ってしまうのではないでしょうか?むしろ移動時間を節約できる分ネットショップの方がお得かもしれません。

実店舗を運営している方だと見落としてしまいがちですが、店舗で安くてよく売れている商品はありませんか?

それはまとまった数にすれば結構買ってくれる人がいるかもしれませんよ?

値段が高いものでも売れる!?
送料がほぼ無視できるようになる

支払い|払う|お金

ネットショップを始める時に悩むのが「価格」ですよね。ライバルも全国にあるし、送料のことも考えて値段設定もしないといけないし、利益もしっかり取らないと続けられないし、考えたり悩んだりすることが多いと思います。

先ほどのある程度まとまった数というのにもつながりますが、ネットショップでは値段が高いものでも売れる傾向にあります。

例えばお米のネットショップを経営していたとしましょう。お米だったら1kg、2kg、5kg、10kgなどがスーパーなどでよく売られているパッケージだと思います。

でもちょっと考えてみて下さい。わざわざネットショップを利用しようと思っている方なら1俵(30kg×2袋)でも購入する方がいるのではないでしょうか?

これは私がネットショップ開設のセミナーに参加した時に実際に聞いた話なのですが、ネットショップを運営しているあるお米屋さんは商品があまり売れなくて困っていたそうです。

そこで、試しに1俵で売ってみようかとセミナーの主催者はアドバイスしたそうですが、お米屋さんは1俵なんて量が売れるわけないと思って掲載していなかったそうです。でも、商品としては販売できるし、試しにやってみようと思って商品ページを作ったところ、予想以上に売れたという話でした。

今ではネットショップでの購入をためらう人はそれほどいません。しかも重い商品や大量の商品を配達までしてくれるのですから値段が高かったり、送料がかかったりしても、買ってくれる人は一定数いる可能性があるのです。

ネットショップでは、商品ページを作るのはそれほど難しいことではありません。業務用レベルで量が多かったり、販売価格が高かったりする商品でも、店頭より売れる可能性は十分にあります。

SEO対策を考えても、商品ラインナップは大いにこしたことはありませんから、自分の主観で決めつけずに、いろいろ商品を掲載してみるのも面白いと思います。

やっぱり安いとすぐ売れる
利益が取れる工夫を怠るな!

安い|節約|お得

今では価格.comなどの料金比較サイトなどもあって、相場より安い商品はすぐに売れる傾向にあります。私の運営しているネットショップでも、ある商品を少し安く売っているのですが、これがやはり一番売れています。

とは言っても、利益をしっかりとらなければ意味がありません。私のショップで売っている商品は、業者さんなどに卸売をすることができる商品なのですが、その業者さんへの価格と同じ金額で売っています。

一般の方には割安感のある商品だったので、商品ページ作成後、特に広告なども使わずに結構な頻度で売れました。

今ではアドワーズの広告を使っても、利益が取れるように工夫をして、広告も常時表示させている状態です。普通に検索でもひっかかるので、一度広告をやめたこともあったのですが、広告をやめると販売数が目に見えて落ちてしまったので、今は広告を継続して出すようにしています。

発送は早めに行うのが吉
定期的に購入してくれる人が一番良いお客様

ポイント

実店舗を運営していると、しばらくすると常連さんができてきますが、ネットショップでもしばらくすると常連さんができてきます。

常連さんをつかむのはなかなか難しいのですが、こまめにサイトをチェックして、注文確認の連絡や、入金確認の連絡、発送の連絡を早めに行うようにすれば、それだけで定期的に買ってくれるようになることがあります。

商品力や宣伝力、価格競争力なども大事なのですが、顔の見えないネットショップである分、誠実で素早い対応はそれだけでお客様の心をつかむことがあります。

私の運営するネットショップでは、ほとんどAmazonと同じぐらいの早さで入金後の発送を行っています。

これだけでもお客様にびっくりされたり、感謝されたりすることがあるので、まだまだネットショップはこういった対応が進んでいないのではないかと思っています。

誰にでもできることで差を付けられるなら、しっかりと対応しておきたいところですね。

なかなか手に入らない商品は売れる
店舗の独自性を活かせ

独自|オリジナル|オンリーワン

実店舗だとそうはいかないことがありますが、珍しい商品や手に入りにくい商品はネットショップではよく売れる傾向にあります。

あなたの店舗で独自性のある商品や珍しすぎて店頭ではあまり売れない商品などはありませんか?

意外とネットショップだとこういった商品を探している人が多いですから、仕入ができても実店舗で売れていないからといって諦めず。テストでもいいので掲載してみることをおすすめします。

ネットショップは日本全国の人が対象です。実店舗だとせいぜい県内が限界だと思いますが、ネットショップには地理的な制約はほとんどありません。

店舗よりも売れる商品があるかもしれませんよ?

終わりに

ひらめき|おすすめ

今回の記事は私がネットショップを運営していて感じたことを主に書いています。実店舗とは違う傾向があったりするので、実店舗を運営している人は主観に縛られないよう注意が必要だと思います。

また、ネットショップのみ運営している方は、実店舗での考え方などを学ぶのもいい方法ではないかと思います。買い物での満足感にはサービスがありますから、ネットショップの運営者が持つこだわりなどもお客様に伝えていきたいですね。

月額費用や利用できる機能を総合すると、私が最もおすすめできるネットショップ作成ASPはカラーミーショップ です。

お手軽な価格でネットショップが作りたい方には
カラーミーショップがおすすめ

カラーミーショップ

カラーミーショップはリアルな店舗を持っていなくても、ネットを通じて商品を販売する楽しみを多くの人に実感してもらえるショッピングカートです。
これまでに23万を超えるユーザー様からお申込みをいただいております。

オススメ

プラン比較表エコノミー
プラン
スモール
プラン
レギュラー
プラン
ラージ
プラン
月額利用料金
(税込)
900円~
~1,080 円
1,332 円3,240 円7,800 円
初期費用
(税込)
3,240 円3,240 円3,240 円3,240 円
販売手数料
(税込)
無料無料無料無料
ディスク容量0.2GB0.2GB5GB100GB
1商品あたりの
画像枚数
4枚4枚50枚50枚
グーグルアナリティクス
eコマース設定
なしなし
FTPオプション簡易版540 円
(月額)
無料無料

↑の表は簡易版です。詳しくは詳細ページで確認いただくようお願いします。

ネットショップ作成のASPは他にもありますが、カラーミーショップ はコストパフォーマンスのいいおすすめのネットショップ作成サービスです。

料金について詳しくはカラーミーショップの月額費用はいくら?をご覧ください。

カラーミーショップでのネットショップ作成をするなら、必ず確認しておきたいのが「いくらかかるのか?」です。このページでは、カラーミーショップ作成にかかる月額費用について解説していきます。 ネットショップを外注した場合などにかかる費用に関しては、「ネットショップの作成は内製か?外注か?」を参照ください。

カラーミーショップ の公式サイトはこちら

ネットショップ作成ASPは他にもメイクショップBASEがあります。ネットショップ作成サービスの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする