メイクショップ(MakeShop)の商品登録方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

おすすめ記事
メイクショップ(MakeShop)の基本事項・評判
「ネットショップの集客に強い」は本当か?


メイクショップ(MakeShop)の月額費用はいくら?

ネットショップ作成比較|カラーミーショップとメイクショップの違いを比較

ネットショップを作成する前にやっておくべき3つのこと

メイクショップ(MakeShop)を導入しただけで満足していてはいけません。ネットショップの作成はまだ始まったばかりなのです。ネットショップの作成は言わば店舗の外観ができただけの状態です。

これから「商品を並べ」たり「商品を種類ごとに整理」したり「商品のサンプル」を載せたり「商品が検索エンジンにかかるよう工夫」したり「サイトのアクセス分析」をしたり「新しく作ったページを検索エンジンに登録」したり「サイトのアクセスアップ」の施策を考えたりとやることは尽きません。

ネットショップを作成してから、お客さんがやってきて商品が売れるようになるまでは想像を超える努力が必要になります。これはリアルの店舗とそう変わることはありません。

今ではネットショップは珍しいものではなくなっています。あなたのネットショップにお客様を呼び込む工夫をしなければ、その他大勢のネットショップに埋もれてしまうことでしょう。

このページではメイクショップ(MakeShop)の商品登録方法について紹介していきます。

メイクショップ(MakeShop)の申し込み方法はこちら

合わせて読みたいページ

  1. 【MakeShop】を導入してからやること
  2. 【MakeShop】の商品登録方法
  3. 【MakeShop】のカテゴリー登録方法
  4. 【MakeShop】の商品画像登録方法
  5. 【MakeShop】のSEO設定方法
  6. 【MakeShop】のグーグルアナリティクス設定方法
  7. 【MakeShop】のグーグルサーチコンソール設定方法
  8. 【MakeShop】で作成したネットショップのアクセスアップ方法

メイクショップ(MakeShop)の商品登録方法

MakeShop管理画面」にログインしたら、「商品管理」→「商品の登録」を選択します。

必須項目の入力「商品名」「販売価格」

商品登録のための必須項目は「商品名」と「販売価格」のみです。取り扱う商品を登録する前に商品カテゴリーを登録しておくとより商品が見やすくなるので便利です。

メイクショップ(MakeShop)のカテゴリー登録方法
ネットショップを作成してから、お客さんがやってきて商品が売れるようになるまでは想像を超える努力が必要になります。これはリアルの店舗とそう変わることはありません。 このページではメイクショップのカテゴリー登録方法について紹介していきます。

また、必須項目ではありませんが販売数量の設定もやっておいた方がいい項目です。最小販売数、最大販売数の設定をしておきたい商品はここで設定をしておくことをおすすめします。

入力推奨項目「商品画像」「数量」「最小注文限度」「最大注文限度」

商品登録に必須の項目ではありませんが、商品を販売するために最低限登録しておいた方がいい内容です。「商品画像」や必須項目の入力でも紹介した「数量」「最小注文限度」「最大注文限度」は販売前に決めておいた方がいい情報になります。

商品画像」に関しては【MakeShop】の商品画像登録方法でも解説しています。

「数量」「最小注文限度」「最大注文限度」について

ネットショップをオープンしたばかりの場合や輸入品の販売コレクター商品など仕入れが安定しない商品など、在庫数を管理しておかないと、商品がないのに受注数だけがどんどん増えていくこともあります。

オープンしたばかりの場合などはそう心配することでもありませんが、事前に店舗で管理する商品在庫数が決まっている場合は入力しておいた方がお客様と店舗で在庫数を確認する連絡を問い合わせから行うなどの無駄な労力をかけずにすみます。

もちろん、仕入ルートが確立しているようであれば入力は不要です。

いたずら防止など1度に注文できる数量に制限を設けたい場合などは、「最小注文限度」や「最大注文限度」の入力を行い購入数量の設定をしておく方がいいと思います。

その他の入力項目
「送料個別設定」「商品割引」「商品グループ」など

【MakeShop】で可能なその他の商品情報入力項目は↓のリストの通りです。

  • 再入荷お知らせ設定
    商品在庫がなくなってしまっている時に購入希望者が入荷のお知らせを受け取ることができるようになります。
    ※予約・定期購入の商品では利用できません。
  • 送料個別設定
    通常より大きい商品や小さい商品などに個別の送料を設定することもできます。
  • 決済グループ設定
  • 掲載期間の設定
    アパレルなどでよくある季節商材の表示期間を設定できます。
  • 商品割引
    在庫過多の時やシーズン終了後などに割引の設定を行うことができます。
  • 割引期間
    商品割引の割引期間を設定しておくことができます。アパレルなどでは夏物や冬物に設定をすることになると思います。
  • 商品グループ
    グループを作り商品を登録すると、商品詳細に同じグループの商品画像が掲載されるようになります。類似商品や、セットで販売したい商品を登録するのがいいです。
  • 検索語
    ショップ内で検索する際に、キーワードとして利用されます。SEO設定の際にも役立つので入力しておくのがおすすめです。
  • 商品別特殊表示
    TVの場合はサイズ、香水は容量などを記載できます。
  • 決済画面・備考欄用の内容入力
    特にその商品に関しての注意点などがある場合に記載できる欄です。

入力が終わったら必ず商品を登録するボタンをクリックして商品情報を保存してください。

まとめ

ひらめき|おすすめ

以上のように、メイクショップ(MakeShop)の商品登録方法は下記の3点にまとめられます。

  1. 必須項目の入力「商品名」「販売価格」
  2. 入力推奨項目「商品画像」「数量」「最小・最大注文限度」
  3. その他の入力項目「送料個別設定」「商品割引」「商品グループ」など

商品を1つずつ登録していく作業は地味で大変なものですが、自分のネットショップがどんどん形になっていくところを見るのもワクワクして楽しい作業だと思います。

ネットショップの作成は言わば店舗の外観ができただけの状態です。

商品を並べ」たり「商品を種類ごとに整理」したり「商品のサンプル」を載せたり「商品が検索エンジンにかかるよう工夫」したり「サイトのアクセス分析」をしたり「新しく作ったページを検索エンジンに登録」したり「サイトのアクセスアップ」の施策を考えたりとやることは尽きません。

各ページの内容を参考にして、売れるネットショップを作っていきましょう。

外観にもこだわったネットショップを作りたい方にはメイクショップ(MakeShop)が最もおすすめできるネットショップ作成ASPです。

MakeShop

2年連続、業界流通額No.1達成!!
流通額とはMakeShopを利用している
ショップの売上げ総額です。
つまり、MakeShopを利用している
ショップは売れているということです!

オススメ

プラン比較表 フリーショップ
プラン
ビジネスショップ
プラン
プレミアムショップ
プラン
月額利用料金
(税込)
0 円 2,268 円~
~3,240 円
7,560 円~
~10,800 円
初期費用
(税込)
10,800 円 10,800 円 10,800 円
販売手数料
(税込)
無料 無料 無料
最大容量 商品画像:3.6MB
商品説明:30MB
メール容量:20MB
商品画像:120MB
商品説明:100MB
メール容量:20MB
サブメール容量:10MB
商品画像:12GB
商品説明:10GB
メール容量:100MB
サブメール容量:100MB
商品登録数 30 個 100 個 10,000 個

↑の表は簡易版です。詳しくは詳細ページで確認いただくようお願いします。

MakeShop の申し込み・公式サイトはこちら

メイクショップ(MakeShop)の申し込み方法はこちら

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

合わせて読みたいページ

  1. 【MakeShop】を導入してからやること
  2. 【MakeShop】の商品登録方法
  3. 【MakeShop】のカテゴリー登録方法
  4. 【MakeShop】の商品画像登録方法
  5. 【MakeShop】のSEO設定方法
  6. 【MakeShop】のグーグルアナリティクス設定方法
  7. 【MakeShop】のグーグルサーチコンソール設定方法
  8. 【MakeShop】で作成したネットショップのアクセスアップ方法
ツイッター
ツイッターのフォローはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加