メイクショップ(MakeShop)でのネットショップ作成と相性のいい事業者

人材・スキル・担当者・社員・技術者

おすすめ記事
メイクショップ(MakeShop)の基本事項・評判
「ネットショップの集客に強い」は本当か?


メイクショップ(MakeShop)の月額費用はいくら?

ネットショップ作成比較|カラーミーショップとメイクショップの違いを比較

ネットショップを作成する前にやっておくべき3つのこと

ネットショップを作成できるサービスなどはASP(アプリケーションサービスプロバイダ)と呼びますが、これらのASPにも相性があるため、どんなネットショップでも作れるというわけでは決してありません。

メイクショップ(MakeShop)を利用してネットショップを作成するのが1番相性がいい事業者は以下の特徴がある事業者になります。

このページではメイクショップ(MakeShop)の導入と相性のいい事業者の特徴について紹介していきます。

このページをご覧の方にはメイクショップ(MakeShop)の基本事項・評判|「ネットショップの集客に強い」は本当か?もおすすめです。

ネットショップを所持するなら全て自社で作成するよりも、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)を利用すれば専門知識が全くなくてもネットショップの作成が可能です。今回はそんなASPの1つであるメイクショップ(MakeShop)の概要について紹介します。

外観にもこだわったネットショップが作りたい方にはMakeShop がおすすめです。

スポンサードリンク

メイクショップ(MakeShop)での
ネットショップ作成と相性のいい事業者

ネットショップの作成にこだわりたい企業

ひらめき|おすすめ

ネットショップを適当に作りたいという企業はなかなかいないのですが、ネットショップの作成に経費も手間暇も惜しまないという企業はそう多くはありません。

リアル店舗を運営している企業ほど、ネットショップを片手間で行う事業と考えがちですから、逆にそこに付け入る隙もあるが現状です。

店舗のウェブサイトや企業のコーポレートサイトでもそうですが、その会社がどれだけネット事業に力を入れているかはサイトの出来を見れば分かります。売上や利益を上げることができるサイトが必ずしも綺麗でセンスのあるサイトとは限りませんが、やはり綺麗でセンスのあるサイトから買いたいという人が多いのも事実です。

リアル店舗を運営しておらず、ネットショップでの販売をメインで事業を始めるような場合など、ネットショップの作成に力を入れ、こだわりを持って作成したいと考えている方は、メイクショップ(MakeShop)でのネットショップ作成が一番適しています。

メイクショップ(MakeShop)でネットショップを作成する場合、月額の費用もそれなりにかかってきますが、リアルの店舗を出店するよりよっぽど安く店舗をOPENすることができます。

また、カラーミーショップBASEの各ASPと比べても、メイクショップ(MakeShop)が一番サイト編集の自由度が高く、かつクオリティも高いものにしやすいサービスになっています。

そのため、ネットショップの作成に力を入れたい企業にピッタリのネットショップ作成サービスはメイクショップ(MakeShop)であると言えるのです。

社内にHTMLに詳しい人材のいる企業

人材・スキル・担当者・社員・技術者

メイクショップ(MakeShop)でネットショップを作成する場合、サイト作成の自由度も高くなっていますが、商品LPの作成などでHTMLを利用するようになっています。そのため、社内の人材もそれなりのHTMLに対する知識が求められます。

とは言っても、ホームページ・ビルダーでのサイト作成の経験があったり、ワードプレスブログを作成できるぐらいのレベルでHTMLが分かっていれば十分です。

HTMLがよく分からないという人は↓の例をご覧ください。

これは「カラーミーショップでのネットショップ作成と相性のいい事業者」のページの一部分のHTMLとなりますが、このぐらいの情報で大体どの部分か分かるレベルであれば問題ありません。

ちなみに対象としたHTMLは↓の部分のものです。

HTMLサンプル

HTMLコードサンプル

私の言うHTMLに対する知識というのは、コーディングができるレベルというものではなく、ネットでの検索などを利用してメタタグの設定を行ったり、サイトの独自ドメインを取得したり、グーグルアドワーズの設定をしたりというごく基本的なことになります。

このぐらいのレベルであれば、特に何か資格が必要というものでもなく、担当者として実際に管理していけば自然と身に付くものでもあります。

現に私はSEなど未経験の状態から企業のウェブサイトの担当者になったのですが、分からないことを教えてもらえなくても、自分で調べて、やってみて、結果を検証して改善していく(PDCA)という仕事の基本ができさえすれば、向き不向きはありますが誰でもできることだと考えています。

独自ドメインの取得はお名前.com がおすすめです。

ページ作成に外注を利用する予算が取れる企業

利益率・利益

いくら社内にHTMLに詳しい人材がいたとしても、0からネットショップの作成を行うのはかなりの労力と時間を必要とします。

担当者の実力によっては数ヶ月~1年単位でサイトの作成を行うことにもなりかねないので、メイクショップ(MakeShop)でのネットショップ作成の場合、全てを内製するのは得策ではありません

ネットショップのページ作成(例としてサイト外郭と商品ページ1ページ)を作成した場合に係る費用は大体30万円~50万円、作成期間は1ヶ月~2ヶ月となります。これは私が実際に外注した例なので、大体このぐらいかかると思ってもらって構わないです。

最初の出費でこれだけかかるのを嫌がる人も多いのですが、リアル店舗を出店する場合はこんなもんじゃありません。商品内容や立地にもよりますが、軽く500万~1000万の費用がかかりますから、ネットショップオンリーで出店するような場合はこのぐらいの経費はかかってしかるべきとも考えることができます。

餅は餅屋という言葉があるように、サイト作成はやはりサイト作成業者が1番上手くやってくれます。また、ウェブサイト作成にかける時間を考えると、非常にリーズナブルな経費でサイトを作成してくれるとも言えます。

ただ、綺麗なサイトが売れるサイトになるとは限りませんから、サイトの改善や変更にはどうしても担当者が必要になります。

それすらやれないという企業は、ヤフーストアや楽天ストア、アマゾンへの出店の方が売上マージンはかかりますが向いていると言えるでしょう。

まとめ

ひらめき|おすすめ

以上の理由からメイクショップ(MakeShop)でのネットショップ作成と相性がいい事業者は下記の3点にまとめられます。

  1. ネットショップの作成にこだわりたい企業
  2. 社内にHTMLに詳しい人材のいる企業
  3. ページ作成に外注を利用する予算が取れる企業

月額費用申し込み方法についても説明しているページがあるので、そちらも参照いただけると導入までがスムーズにいきます。

外観にもこだわったネットショップを作りたい方にはMakeShop が最もおすすめできるネットショップ作成ASPです。

外観にもこだわったネットショップが作りたい方には
メイクショップ(MakeShop)がおすすめ

MakeShop

2年連続、業界流通額No.1達成!!
流通額とはMakeShopを利用している
ショップの売上げ総額です。
つまり、MakeShopを利用している
ショップは売れているということです!

オススメ

プラン比較表フリーショップ
プラン
ビジネスショップ
プラン
プレミアムショップ
プラン
月額利用料金
(税込)
0 円2,268 円~
~3,240 円
7,560 円~
~10,800 円
初期費用
(税込)
10,800 円10,800 円10,800 円
販売手数料
(税込)
無料無料無料
最大容量商品画像:3.6MB
商品説明:30MB
メール容量:20MB
商品画像:120MB
商品説明:100MB
メール容量:20MB
サブメール容量:10MB
商品画像:12GB
商品説明:10GB
メール容量:100MB
サブメール容量:100MB
商品登録数30 個100 個10,000 個

↑の表は簡易版です。詳しくは詳細ページで確認いただくようお願いします。

ネットショップ作成のASPは他にもありますが、MakeShop は外観にもこだわったネットショップを作るのに最もおすすめのネットショップ作成サービスです。

料金について詳しくはメイクショップ(MakeShop)の月額費用はいくら?をご覧ください。

メイクショップ(MakeShop)でのネットショップ作成をするなら、必ず確認しておきたいのが「いくらかかるのか?」です。このページでは、メイクショップ(MakeShop)作成にかかる月額費用について解説していきます。

MakeShop の公式サイトはこちら

ネットショップ作成ASPは他にもカラーミーショップBASEがあります。ネットショップ作成サービスの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする