メイクショップのクレジット決済などのサービスで利用できる決済方法の種類とサイト対応について

ショッピングイメージ

おすすめ記事
メイクショップ(MakeShop)の基本事項・評判
「ネットショップの集客に強い」は本当か?


メイクショップ(MakeShop)の月額費用はいくら?

ネットショップ作成比較|カラーミーショップとメイクショップの違いを比較

ネットショップを作成する前にやっておくべき3つのこと

ネットショップを作成した時にまず準備するのがクレジットカード利用だと思います。

私は現在進行形でクレジットカード申請をしているので、サイト作成のポイントや審査前に気を付けておきたいことなどを紹介したいと思います。

今回はメイクショップ(MakeShop)でネットショップを作成した場合にクレジットカード申請をする際の解説です。

このページをご覧の方にはメイクショップ(MakeShop)の基本事項・評判|「ネットショップの集客に強い」は本当か?もおすすめです。

ネットショップを所持するなら全て自社で作成するよりも、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)を利用すれば専門知識が全くなくてもネットショップの作成が可能です。今回はそんなASPの1つであるメイクショップ(MakeShop)の概要について紹介します。

外観にもこだわったネットショップが作りたい方にはMakeShop がおすすめです。

スポンサードリンク

メイクショップのクレジット決済などのサービスで
利用できる決済方法の種類とサイト対応について

決済サービス利用の種類と経費について

まず、メイクショップ(MakeShop)決済サービスで利用できる決済方法の種類と経費を紹介します。

クレジットカード決済

  • VISA/MASTER/DINERS各種カード
  • JCB/AMEX各種カード
  • 手数料:(売上の)4~5%
  • 入金サイクル:末締め翌々月20日払い
  • 月額最低手数料(VISA/MASTER/DINERSは2015年9月末まで無料)
  • VISA/MASTER/DINERS→PCのみ:2,000円、PC+スマホ:2,500円
  • JCB/AMEX→PCのみ:500円、PC+スマホ:1,000円

現在は月額最低手数料無料キャンペーンもありますが、これらの経費も込みで考えておいた方がいいと思います。

コンビニ決済

利用による手数料と月額最低手数料は下記の通りです。

PC+スマホ対応決済額 /回決済手数料
決済手数料 /回 ~1,999円130円/回
(税抜)2,000円~2,999円150円/回
3,000円~4,999円180円/回
5,000円~4%/回
月額最低手数料注2PCのみ対応500円
(税抜)PC+スマホ対応注11,000円

また、コンビニ決済利用の場合、申請するネットショップに常時在庫がある商品でないといけません。決済後に商品を仕入れて売るようなスタイルの場合だと、決済申請そのものを断られます。

私のサイトでは、現状注文後仕入れをして発送する形態にしているので、申請を取り下げました。

ネット銀行決済

利用による手数料と月額最低手数料は下記の通りです。

PC+スマホジャパンネット銀行楽天銀行住信SBIペイジー
決済手数料 /回(税抜)4%(最低40円/回)3.5%(最低180円/回)
月額最低手数料PCのみ対応500円500円500円500円
(税抜)PC+スマホ対応1,000円1,000円1,000円1,000円

それぞれに手数料がかかってくるので、ネット銀行に関しては、まずはジャパンネット銀行と、楽天銀行をカバーしておけば十分ではないかと思います。

スマートフォンキャリア決済

利用による手数料と月額最低手数料は下記の通りです。

料金
初期費用無料
月額費用(3キャリアセット)(税抜)
決済手数料(税抜)6.00%

デバイスごとの決済可否は下記の通りです。

各キャリアサービス名称ご契約の端末決済可否決済可否決済可否
PCスマートフォン携帯
ドコモ ケータイ払いPC+携帯
auかんたん決済PC+携帯×
ソフトバンクPC+携帯×

他にもまだまだあるのですが、ひとまずはこれらを見ておけば問題ないと思います。

クレジットカード利用申請をした時に
チェックされるサイトのポイント

クレジットカード利用申請をすると、サイトの審査が始まりますが、具体的にどういった状態であれば申請できるのかが分からない人も多いと思います。

私がウェブサイト作成業者さんに聞いた情報と、実際に利用申請をした経験を踏まえて解説します。

まずポイントとなるのが、そのネットショップで買い物ができる状態かということです。具体的には以下の点に気を付けてサイトを見ておく必要があります。

  • トップページから商品ページへのリンクが張られている
  • 問い合わせ先の設定をしておく(管理画面:ショップ情報の設定より可能)
  • 利用案内を設定をしておく(管理画面:ショップ情報の設定より可能)
  • 特定商取引法設定とそのページへのリンクを張っておく(管理画面:ショップ情報の設定より可能)
  • 返品特約管理の設定をしておく(管理画面:ショップ情報の設定より可能)
  • 商品写真を設定しておく(管理画面:商品管理より設定可能)
  • 配送の設定をしておく(管理画面:ショップ情報の設定:配送関連の設定より可能)

実際に作成中のネットショップで商品を購入してみて、購入完了まで進めれば問題ありません。あとは、リンク等の設定をしっかりしておけば一次審査はすぐに受かります。

審査は二次まであるのですが、現状私が作成中のネットショップはこの二次審査中ですので、具体的にはアドバイスができません。ただ、一次審査の時には、申請後1日程度で修正依頼がメールできたので、ほぼ上記の状態を注意しておけば受かると思います。

サイトのデザイン等に関しては全く考慮されていませんので、商品が購入できる段階までサイト作成が進んだら、すぐに決済申請をやっておいた方がいいです。審査完了までに、2週間以上かかりますから、早めに申請しておくことをおすすめします。

コンビニエンスストア決済の利用申請をした時に
チェックされるサイトのポイント

基本的にはクレジットカード決済の対応と一緒です。

ただ、コンビニエンスストア決済を利用するためには、ネットショップに在庫が常時あって、決済後の即発送ができることを求められます。

私が運営しているサイトは、入手が困難な商品を扱っていることもあって、決済後に商品を発注して、(直接)発送する形態を取っています。そのため、発送詳細の部分にはその旨を記載していたのですが、それがチェックされました。

現状では改善できるポイントではなかったので、コンビニ決済は利用を取りやめることにしています。

ネット銀行の利用申請をした時にチェックされるサイトのポイント

基本的にはクレジットカード決済の対応と一緒です。

スマートフォンキャリア決済の利用申請をした時にチェックされるサイトのポイントと必要になる書類

基本的にはクレジットカード決済の対応と一緒です。

申請時には提出する書類があるので、下に一覧をまとめておきます。

  1. 履歴事項全部証明書のコピー※原寸大でコピー (過去3ヶ月以内に発行の登記簿謄本の原本をコピーしたもの)
  2. 印鑑証明書のコピー※原寸大でコピー (過去3ヶ月以内に発行の印鑑証明書の原本をコピーしたもの)

※既に契約(決済申請)が完了している加盟店で提出済みの上記書類の発行日が3ヶ月以内の場合は、併用可能。

外観にもこだわったネットショップを作りたい方にはMakeShop が最もおすすめできるネットショップ作成ASPです。

外観にもこだわったネットショップが作りたい方には
メイクショップ(MakeShop)がおすすめ

MakeShop

2年連続、業界流通額No.1達成!!
流通額とはMakeShopを利用している
ショップの売上げ総額です。
つまり、MakeShopを利用している
ショップは売れているということです!

オススメ

プラン比較表フリーショップ
プラン
ビジネスショップ
プラン
プレミアムショップ
プラン
月額利用料金
(税込)
0 円2,268 円~
~3,240 円
7,560 円~
~10,800 円
初期費用
(税込)
10,800 円10,800 円10,800 円
販売手数料
(税込)
無料無料無料
最大容量商品画像:3.6MB
商品説明:30MB
メール容量:20MB
商品画像:120MB
商品説明:100MB
メール容量:20MB
サブメール容量:10MB
商品画像:12GB
商品説明:10GB
メール容量:100MB
サブメール容量:100MB
商品登録数30 個100 個10,000 個

↑の表は簡易版です。詳しくは詳細ページで確認いただくようお願いします。

ネットショップ作成のASPは他にもありますが、MakeShop は外観にもこだわったネットショップを作るのに最もおすすめのネットショップ作成サービスです。

料金について詳しくはメイクショップ(MakeShop)の月額費用はいくら?をご覧ください。

メイクショップ(MakeShop)でのネットショップ作成をするなら、必ず確認しておきたいのが「いくらかかるのか?」です。このページでは、メイクショップ(MakeShop)作成にかかる月額費用について解説していきます。

MakeShop の公式サイトはこちら

ネットショップ作成ASPは他にもカラーミーショップBASEがあります。ネットショップ作成サービスの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする