BASEのグーグルアナリティクス設定方法

BASE登録1

おすすめ記事
BASEの基本事項|基本使用料が無料のネットショップ

BASEの月額費用はいくら?

【ネットショップ比較】カラーミーショップ・メイクショップ・BASE

ネットショップを作成する前にやっておくべき3つのこと

BASEを導入しただけで満足していてはいけません。ネットショップの作成はまだ始まったばかりなのです。ネットショップの作成は言わば店舗の外観ができただけの状態です。

これから「商品を並べ」たり「商品を種類ごとに整理」したり「商品のサンプル」を載せたり「商品が検索エンジンにかかるよう工夫」したり「サイトのアクセス分析」をしたり「新しく作ったページを検索エンジンに登録」したり「サイトのアクセスアップ」の施策を考えたりとやることは尽きません。

ネットショップを作成してから、お客さんがやってきて商品が売れるようになるまでは想像を超える努力が必要になります。これはリアルの店舗とそう変わることはありません。

今ではネットショップは珍しいものではなくなっています。あなたのネットショップにお客様を呼び込む工夫をしなければ、その他大勢のネットショップに埋もれてしまうことでしょう。

このページではBASEのグーグルアナリティクス設定方法について紹介していきます。

このページをご覧の方にはBASEの基本事項|基本使用料が無料のネットショップもおすすめです。

ネットショップを所持するなら全て自社で作成するよりも、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)を利用すれば専門知識が全くなくてもネットショップの作成が可能です。今回はそんなASPの1つであるBASEの概要について紹介します。

BASE ネットショップ作成の公式サイトはこちら

スポンサードリンク

BASEのグーグルアナリティクス設定方法

グーグルアナリティクスの新規プロパティ追加方法

BASEのグーグルアナリティクス設定方法の説明を始める前に、グーグルアナリティクスでの新規プロパティ追加の方法をお伝えします。

まずはグーグルアナリティクスにログインします。その後、上部のアナリティクス設定をクリックします。

アナリティクス設定に移動したら真ん中のプロパティのタブをクリックします。

プロパティのタブをクリックして、下の方にある新しいプロパティを作成をクリックします。

必要事項を入力していきます。入力する項目は下記の通りです。

  • ウェブサイトの名前
  • ウェブサイトのURL(コピペだと不要な「http://」が入ってしまうので注意)
  • 業種(ネットショップの場合は「ショッピング」が基本です)
  • レポートのタイムゾーン(基本は日本になると思います)

必要事項の入力が終わったら「トラッキングIDを取得」をクリックします。

青文字になっている部分がトラッキングコードです。

ホーム画面の「赤色で囲っている部分」にGoogle AnalyticsのプロファイルIDが記載されています。

BASE管理画面での設定
Appsダウンロード

BASE管理画面」にログインしたら、Apps」を選択します。

BASEカテゴリー登録方法3

BASE より

Apps」に「Google Analytics設定」があるのでダウンロードします。

BASEグーグルアナリティクス設定方法1

BASE より

Google Analytics設定」がインストールできると↓の画面に移行します。ここに先程のGoogle AnalyticsのプロファイルIDを入力します。入力ができたら「保存する」をクリックで終了です。

BASEグーグルアナリティクス設定方法2

BASE より

まとめ

全て・なんでも・オールインワン・まとめ

以上のように、BASEのグーグルアナリティクス設定方法は下記の2点にまとめられます。

  1. グーグルアナリティクスの新規プロパティ追加方法
  2. BASE管理画面での設定|Appsダウンロード

ネットショップを作成したばかりではショップへのアクセスはほとんどないので、データ自体は3ヶ月ほど経ってから見ればいいぐらいになります。ただ、グーグルアナリティクスは利用も無料ですし、設定さえ済ませておけばデータの入手を自動的にやってくれる非常に便利なツールです。

ネットショップを作成して3ヶ月ぐらい経った時に、非常に有用なデータとして店長の助けになってくれるはずです。作成初期の段階で設定だけしておくことをおすすめします。

ネットショップの作成は言わば店舗の外観ができただけの状態です。

商品を並べ」たり「商品を種類ごとに整理」したり「商品のサンプル」を載せたり「商品が検索エンジンにかかるよう工夫」したり「サイトのアクセス分析」をしたり「新しく作ったページを検索エンジンに登録」したり「サイトのアクセスアップ」の施策を考えたりとやることは尽きません。

各ページの内容を参考にして、売れるネットショップを作っていきましょう。

最も安くお手軽にネットショップを作りたい方にはBASE が最もおすすめできるネットショップ作成ASPです。

最も安くネットショップを作りたい方には
BASEのネットショップがおすすめ

BASE

ネットショップをつくるのに、
もう「勉強」と「お金」は必要ありません。
現在20万店舗が登録し、国内最大級の
ネットショップサービスです、
ぜひこのサービスをお試しください。

オススメ

料金発生箇所(基本)BASEかんたん決済サービス クレジット・コンビニ・銀行振り込みBASEかんたん決済サービス 後払い決済
商品販売時(毎回)売上金額の「3.6%」+40円売上金額の「6%」
料金発生箇所(オプション)料金
BASEロゴ非表示Apps (月額)500 円
HTML編集Apps (月額)900 円
BASEデザインマーケット (購入時のみ)5,000 円~8,000 円

↑の表は簡易版です。詳しくは詳細ページで確認いただくようお願いします。

BASEで作成したネットショップには、基本的にBASEのロゴが表示されるようになっていますが、これを非表示にするサービスが月額500円となっています。テスト利用時には必要ないサービスですが、本格的にBASEでネットショップを運用していくなら利用しておきたいサービスとなってくると思います。

ネットショップ作成のASPは他にもありますが、BASE は最も安くお手軽にネットショップを作るのにおすすめとなるネットショップ作成サービスです。

料金について詳しくはBASEの月額費用はいくら?をご覧ください。

BASEでのネットショップ作成をするなら、必ず確認しておきたいのが「いくらかかるのか?」です。このページでは、BASE作成にかかる月額費用と手数料について解説していきます。ネットショップを外注した場合などにかかる費用に関しては、「ネットショップの作成は内製か?外注か?」を参照ください。

BASE の公式サイトはこちら

ネットショップ作成ASPは他にもカラーミーショップメイクショップがあります。ネットショップ作成サービスの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする