ネットショップの可能性について|ネットショップを作る前に必要な知識

グラフ|増加|増える|上がる

おすすめ記事
カラーミーショップの基本事項|カラーミーショップとは

メイクショップ(MakeShop)の基本事項・評判
「ネットショップの集客に強い」は本当か?


BASEの基本事項|基本使用料が無料のネットショップはBASEだけ

おすすめのネットショップASPはこちら

自分のネットショップを持つことは今では誰でもできるようになっています。

またネット通販需要は盛り上がりを見せていて、eコマース(EC、電子商取引)市場が急成長しています。2020年にはネット通販市場は20兆円規模になるというデータもあり、今後ネットショップを持つお店や店舗は現状の大企業だけではなく、個人商店や個人事業にも拡大していくはずです。

実際の店舗では立地や規模など、売上金額(販売量)に資本力が関わることが多いのですが、インターネットの世界では誰もが平等な条件から始まります。どうしてもコンテンツの作成には資本力があった方が有利ではありますが、絶対に必要なものではありません。

また、インターネットの世界では同様のコンテンツであれば早く始めれば始めたほど有利になる条件となっています。これは検索エンジンへの露出(SEO)に関わってくることで、後発組ほど不利になる仕組みになっています。

セブン&アイホールディングスのような大企業であっても苦戦している現状があるようにネットショップの運営は早く始めれば始めるほど有利になっているのです。

この記事をご覧の方にはカラーミーショップの基本事項|カラーミーショップとはもおすすめです。

ネットショップを所持するなら全て自社で作成するよりも、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)を利用すれば専門知識が全くなくてもネットショップの作成が可能です。 今回はそんなASPの1つであるカラーミーショップの概要について紹介します。

お手軽な価格でネットショップが作りたい方にはカラーミーショップ がおすすめです。

スポンサードリンク

ネットショップの可能性について
ネットショップを作る前に必要な知識

ネットショップの可能性

ネットショップの可能性は多岐に渡ります。一昔前では専門家を擁した企業か資本力のある大企業でなければ開発すら難しかったネットショップのシステムですが、今では月額0円~利用できるネットショップ作成サービスがあるぐらい、ネットショップの作成そのものには費用がかからないことも珍しいことではありません。

今ではネットショップ限定でサービスを提供している企業もあります。アマゾンが代表的かもしれませんが、ネットショップ作成セミナーなども至る所で開かれていますし、実際にネットショップの運営のみで大きな売上と利益を上げている会社や個人も大勢います。

ネットショップの最大のメリットは固定費・変動費を限りなく抑えた状態で出店できる点です。

通常の店舗を運営しようと思ったら、店舗の家賃や店舗に設置する備品の数々にも費用がかかってきます。また、店舗を無人にはできませんから店員を社長や代表がやるか、または雇う必要が出てきます。

店員を雇う場合は最低ラインでも月間20万程度の費用がかかってきます。さらに店舗の電気代や水道代、家賃そのものだってかなりの金額になります。

これらの費用をかけることがなく始めることができるネットショップですが、まだまだ実際の店舗に比べると販売量は少ないように感じます。私は実際の店舗もネットショップも運営しているのですが、やはり実際の店舗以上にネットショップが売れるというわけではありません。

また、実際の店舗の方がネットショップよりも売れ始めるまでの時間はかかりませんし、売れ始めてからの売上も高くなりやすいです。対してネットショップは売れ始めるまでにも時間がかかりますし、売れ始めてからの売り上げも高くなりにくいところがあります。

それでも、全国、取り扱い商品によっては全世界と1つの店舗が取引ができるネットショップは非常に魅力的ですし、今後の成長可能性も高いものになっています。

最近大企業での接客などでも問題になることが多いのですが、これは単純に人件費(=接客)にそこまでの費用をかけられなくなってきているということの裏返しだと私は考えています。

もしかしたら近い将来、人が接客するのは高級商材のみで一般的な買物は全てロボットやネットショップのシステムが担当することになるかもしれません。

状況・目的別に見ておきたいページ

それではこのページをご覧のみなさまに、当サイトのご案内を致します。

ネットショップの導入を検討している方におすすめのページ

ネットショップの導入を検討している方におすすめのページです。

ネットショップの導入前にやっておいた方がいいことや各種ネットショップ作成サービスと相性のいい事業者に自社の特徴が含まれているかを確認しておくべきです。

ネットショップを作成する前にやっておくべき3つのこと

いざネットショップを作成しようと思っても、何から手をつけたらいいのか分からないという人は多いと思います。そんな方のために、ネットショップを作成する前にやっておくべき「3つのこと」についてまとめておきました。

いざネットショップを作成しようと思っても、何から手をつけたらいいのか分からないという人は多いと思います。 そんな方のために、ネットショップを作成する前にやっておくべき「3つのこと」についてまとめておきました。
ネットショップ作成にかかる経費について

ネットショップ作成を考えている人はまず「いくらぐらいかかるものなのか?」が気になると思います。

ただ、この質問に対しての答えは、どういう条件でネットショップを作成するのかによって大きく変わってきます。100万円以上かけても出来上がったネットショップに納得がいかない場合もあるでしょうし、数千円ほどで作成したネットショップでコンスタントに50万円程度の売り上げを毎月作ることもできます。

ネットショップ作成にかかる経費について基本的に言えることは値段はピンからキリまでということです。

ネットショップ作成を考えている人はまず「いくらぐらいかかるものなのか?」が気になると思います。 ネットショップ作成にかかる経費について基本的に言えることは値段はピンからキリまでということです。
ネットショップで販売するものは何か?どんなものが売れるのか?

初めてネットショップを作成する方は、ネットショップで売れる商品についていまいちよく分かっていない部分があると思います。

こればかりは実際にネットショップを作成してみないと何とも言えない部分が大きいのですが、私が実際に作った経験からある一定の法則があると考えています。ポイントは圧倒的であるかです。

初めてネットショップを作成する方は、ネットショップで売れる商品についていまいちよく分かっていない部分があると思います。 こればかりは実際にネットショップを作成してみないと何とも言えない部分が大きいのですが、私が実際に作った経験からある一定の法則があると考えています。
ネットショップの作成は内製か?外注か?

ネットショップ作成にかかる経費についても、ネットショップで売れる商品についても大体のイメージができてきたところで、ネットショップの作成を具体的に検討しようという方も出てきたと思います。

ここで、ほとんどの方がネットショップをどうやって作るのかという部分で悩んでしまうのではないかと思います。

ネットショップの作成には大きく分けて内製と外注があります。基本的に内製に勝るものはないのですが、一部を外注するという選択もありです。

ネットショップ作成にかかる経費についても、ネットショップで売れる商品についても大体のイメージができてきたところで、ネットショップの作成を具体的に検討しようという方も出てきたと思います。基本的にネットショップの作成で内製に勝るものはないのですが、一部を外注するという選択もありです。

カラーミーショップでのネットショップ作成と相性のいい事業者

ネットショップを作成できるサービスなどはASP(アプリケーションサービスプロバイダ)と呼びますが、これらのASPにも相性があるため、どんなネットショップでも作れるというわけでは決してありません。

カラーミーショップを利用してネットショップを作成するのが1番相性がいい事業者は以下の特徴がある事業者になります。

ネットショップを作成できるサービスなどはASP(アプリケーションサービスプロバイダ)と呼びますが、これらのASPにも相性があるため、どんなネットショップでも作れるというわけでは決してありません。このページではカラーミーショップの導入と相性のいい事業者の特徴について紹介していきます。
【MakeShop】でのネットショップ作成と相性のいい事業者

ネットショップを作成できるサービスなどはASP(アプリケーションサービスプロバイダ)と呼びますが、これらのASPにも相性があるため、どんなネットショップでも作れるというわけでは決してありません。

このページではMakeShopの導入と相性のいい事業者の特徴について紹介していきます。

ネットショップを作成できるサービスなどはASP(アプリケーションサービスプロバイダ)と呼びますが、これらのASPにも相性があるため、どんなネットショップでも作れるというわけでは決してありません。このページではMakeShopの導入と相性のいい事業者の特徴について紹介していきます。
BASEでのネットショップ作成と相性のいい事業者

ネットショップを作成できるサービスなどはASP(アプリケーションサービスプロバイダ)と呼びますが、これらのASPにも相性があるため、どんなネットショップでも作れるというわけでは決してありません。

このページではBASEの導入と相性のいい事業者の特徴について紹介していきます。

ネットショップを作成できるサービスなどはASP(アプリケーションサービスプロバイダ)と呼びますが、これらのASPにも相性があるため、どんなネットショップでも作れるというわけでは決してありません。このページではBASEの導入と相性のいい事業者の特徴について紹介していきます。

費用の確認をしたい方におすすめのページ

カラーミーショップの月額費用はいくら?

カラーミーショップでのネットショップ作成をするなら、必ず確認しておきたいのが「いくらかかるのか?」です。このページでは、カラーミーショップ作成にかかる月額費用について解説していきます。

カラーミーショップでのネットショップ作成をするなら、必ず確認しておきたいのが「いくらかかるのか?」です。このページでは、カラーミーショップ作成にかかる月額費用について解説していきます。 ネットショップを外注した場合などにかかる費用に関しては、「ネットショップの作成は内製か?外注か?」を参照ください。
カラーミーショップ

カラーミーショップはリアルな店舗を持っていなくても、ネットを通じて商品を販売する楽しみを多くの人に実感してもらえるショッピングカートです。
これまでに23万を超えるユーザー様からお申込みをいただいております。

オススメ

プラン比較表 エコノミー
プラン
スモール
プラン
レギュラー
プラン
ラージ
プラン
月額利用料金
(税込)
900円~
~1,080 円
1,332 円 3,240 円 7,800 円
初期費用
(税込)
3,240 円 3,240 円 3,240 円 3,240 円
販売手数料
(税込)
無料 無料 無料 無料
ディスク容量 0.2GB 0.2GB 5GB 100GB
1商品あたりの
画像枚数
4枚 4枚 50枚 50枚
グーグルアナリティクス
eコマース設定
なし なし
FTPオプション 簡易版 540 円
(月額)
無料 無料

↑の表は簡易版です。詳しくは詳細ページで確認いただくようお願いします。

【MakeShop】の月額費用はいくら?

メイクショップ(MakeShop)でのネットショップ作成をするなら、必ず確認しておきたいのが「いくらかかるのか?」です。このページでは、メイクショップ(MakeShop)作成にかかる月額費用について解説していきます。

メイクショップ(MakeShop)でのネットショップ作成をするなら、必ず確認しておきたいのが「いくらかかるのか?」です。このページでは、メイクショップ(MakeShop)作成にかかる月額費用について解説していきます。
MakeShop

2年連続、業界流通額No.1達成!!
流通額とはMakeShopを利用している
ショップの売上げ総額です。
つまり、MakeShopを利用している
ショップは売れているということです!

オススメ

プラン比較表 フリーショップ
プラン
ビジネスショップ
プラン
プレミアムショップ
プラン
月額利用料金
(税込)
0 円 2,268 円~
~3,240 円
7,560 円~
~10,800 円
初期費用
(税込)
10,800 円 10,800 円 10,800 円
販売手数料
(税込)
無料 無料 無料
最大容量 商品画像:3.6MB
商品説明:30MB
メール容量:20MB
商品画像:120MB
商品説明:100MB
メール容量:20MB
サブメール容量:10MB
商品画像:12GB
商品説明:10GB
メール容量:100MB
サブメール容量:100MB
商品登録数 30 個 100 個 10,000 個

↑の表は簡易版です。詳しくは詳細ページで確認いただくようお願いします。

BASEの月額費用はいくら?

BASEでのネットショップ作成をするなら、必ず確認しておきたいのが「いくらかかるのか?」です。このページでは、BASE作成にかかる月額費用について解説していきます。

BASEでのネットショップ作成をするなら、必ず確認しておきたいのが「いくらかかるのか?」です。このページでは、BASE作成にかかる月額費用と手数料について解説していきます。 ネットショップを外注した場合などにかかる費用に関しては、「ネットショップの作成は内製か?外注か?」を参照ください。
BASE

ネットショップをつくるのに、
もう「勉強」と「お金」は必要ありません。
現在20万店舗が登録し、国内最大級の
ネットショップサービスです、
ぜひこのサービスをお試しください。

オススメ

料金発生箇所(基本) BASEかんたん決済サービス クレジット・コンビニ・銀行振り込み BASEかんたん決済サービス 後払い決済
商品販売時(毎回) 売上金額の「3.6%」+40円 売上金額の「6%」
料金発生箇所(オプション) 料金
BASEロゴ非表示Apps (月額) 500 円
HTML編集Apps (月額) 900 円
BASEデザインマーケット (購入時のみ) 5,000 円~8,000 円

↑の表は簡易版です。詳しくは詳細ページで確認いただくようお願いします。

BASEで作成したネットショップには、基本的にBASEのロゴが表示されるようになっていますが、これを非表示にするサービスが月額500円となっています。テスト利用時には必要ないサービスですが、本格的にBASEでネットショップを運用していくなら利用しておきたいサービスとなってくると思います。

ここだけは見ておきたい
初心者の方向けコンテンツ

ネットショップは作成したら終了という簡単なものではありません。

実際の店舗と同じように商品をどうやって紹介するかや品揃え、商品説明の仕方や関連商品のおすすめ方法などなど、お客様の反応を見ながら変えていかなければいけないことも多々あります。

また、インターネットサイトにも折込チラシのような広告があります。これらを利用して自分の店舗により多くの人に知ってもらい、お客様を増やすというのも実際のお店と同様に行います。

各種SEO対策について

SEO対策の基礎知識|SEOの基本について

過去のSEO対策の記事をまとめてSEO対策の基礎知識として新しいページを作成しました。このページは目次から目的のカテゴリーを参照していただく形になると思います。かなり文字数の多い長い記事となっています。ご了承ください。

過去のSEO対策の記事をまとめてSEO対策の基礎知識として新しいページを作成しました。このページは目次から目的のカテゴリーを参照していただく形になると思います。かなり文字数の多い長い記事となっています。ご了承ください。

ネットショップを作成してからやるべきことは何か?

カラーミーショップを導入してからやること

カラーミーショップを導入しただけで満足していてはいけません。ネットショップの作成はまだ始まったばかりなのです。ネットショップの作成は言わば店舗の外観ができただけの状態です。

これから「商品を並べ」たり「商品を種類ごとに整理」したり「商品のサンプル」を載せたり「商品が検索エンジンにかかるよう工夫」したり「サイトのアクセス分析」をしたり「新しく作ったページを検索エンジンに登録」したり「サイトのアクセスアップ」の施策を考えたりとやることは尽きません。

ネットショップを作成してから、お客さんがやってきて商品が売れるようになるまでは想像を超える努力が必要になります。これはリアルの店舗とそう変わることはありません。 このページではカラーミーショップの商品登録方法について紹介していきます。
【MakeShop】を導入してからやること

【MakeShop】を導入しただけで満足していてはいけません。ネットショップの作成はまだ始まったばかりなのです。ネットショップの作成は言わば店舗の外観ができただけの状態です。

これから「商品を並べ」たり「商品を種類ごとに整理」したり「商品のサンプル」を載せたり「商品が検索エンジンにかかるよう工夫」したり「サイトのアクセス分析」をしたり「新しく作ったページを検索エンジンに登録」したり「サイトのアクセスアップ」の施策を考えたりとやることは尽きません。

ネットショップを作成してから、お客さんがやってきて商品が売れるようになるまでは想像を超える努力が必要になります。これはリアルの店舗とそう変わることはありません。 このページではメイクショップの商品登録方法について紹介していきます。
BASEを導入してからやること

BASEを導入しただけで満足していてはいけません。ネットショップの作成はまだ始まったばかりなのです。ネットショップの作成は言わば店舗の外観ができただけの状態です。

これから「商品を並べ」たり「商品を種類ごとに整理」したり「商品のサンプル」を載せたり「商品が検索エンジンにかかるよう工夫」したり「サイトのアクセス分析」をしたり「新しく作ったページを検索エンジンに登録」したり「サイトのアクセスアップ」の施策を考えたりとやることは尽きません。

ネットショップを作成してから、お客さんがやってきて商品が売れるようになるまでは想像を超える努力が必要になります。これはリアルの店舗とそう変わることはありません。 このページではBASEの商品登録方法について紹介していきます。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする