プラグインって何?いまさら聞けないIT用語

プラグイン|機能追加|足す

おすすめ記事
静的サイトと動的サイトの違いは何?いまさら聞けないIT用語

独自ドメインを取得するメリット|SEO対策とサーバー変更リスク低減

無料ブログサービス4社を徹底比較|ライブドア・はてな・FC2・AMEBA

カラーミーショップのSEO設定|効果を上げる5つのポイント

みなさんこんばんは。

ウェブマスターになったばかりの方にとって、IT用語は分からないことだらけではないかと思います。でも、当然のようにみなさん利用しているので、いまさら聞けない用語もあるのではないかと考えています。

今回は「プラグインって何?」いまさら聞けないIT用語について解説します。この記事をご覧の方にはWPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてもおすすめです。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

ワードプレスでブログを作成するなら1番おすすめのレンタルサーバーwpXレンタルサーバーの公式サイトはこちら

スポンサードリンク

プラグインって何?いまさら聞けないIT用語

プラグインとは

疑問|とは|分からない

パソコンを利用していると、プラグインという言葉を目にすることもあるでしょう。プラグインとは特定のソフトの機能を拡張するためのプログラムで、インターネットブラウザでよく使われています。

私はインターネットブラウザは「Google Chrome」を利用しているのですが、こちらは機能を色々と追加できるのが魅力です。

右クリックと組み合わせて簡単にコマンドを実行できるマウスジェスチャーなどは、インターネットを見る時に欠かせません。プラグインとはこの機能を追加するためのプログラムのことを指していると考えてよいでしょう。

普通のソフトウェアとの違いは単体で動くかどうかで、プラグインは基本的に大元のソフトがないと動きません。先に挙げたマウスジェスチャーの例だと、これは「Google Chrome」用に作られているものなので「Google Chrome」をインストールしていないと利用できません。

「Google Chrome」以外にもインターネットブラウザの「Firefox」や画像編集ソフトの「Photoshop」などプラグインが用意されているソフトは多くあります。ソフトを開発したところが提供している場合もありますが、ソフトの仕様が判明している場合は第三者が作って公開するケースも珍しくはありません。

アフィリエイトの世界でプラグインという言葉が使われている場合、ワードプレスかFC2のどちらかだと思います。

ワードプレスはレンタルサーバーを使ってウェブサイトを立ち上げる場合に役立つソフトです。ワードプレスの機能を拡張できるプラグインは非常に多く、インターネットでダウンロードできます。

私も多くのプラグインをダウンロードして利用していますし、ワードプレスを利用するならプラグインを導入して損はありません。

また、FC2の無料ブログでもプラグインという言葉が使われていて、サイドバーの設定などができます。サイドバーにはカテゴリ、プロフィール、広告など様々なコンテンツを設置しておけるのですが、このシステムをFC2ではプラグインと呼んでいるようです。

プラグインはどうやって動いている?

仕組み

パソコン用の各種ソフトがどのように動いているかですが、サブルーチンを使うのが基本です。比較的分かりやすいのはExcelで、SUM関数などセルの合計を求める関数は非常に役立ちます。

このSUM関数は選択したセルの数値を合計するもので、非常にシンプルなプログラムと言えるでしょう。SUM関数のように決められた動きをするようにあらかじめ作られているのがサブルーチンで、プログラムには欠かせません。

ソフトにはメインのプログラムとサブルーチンがあり、メインのプログラムが状況に応じて各種のサブルーチンを呼び出す形で動いています。

「Google Chrome」やワードプレスなど多くのソフトで用いられているプラグインですが、これは後付けのサブルーチンのようなイメージでよいでしょう。

実際にはサブルーチンとプラグインは違うものですが、私としてはそう間違ったイメージではないのではと思っています。プラグインはどうやって動いているかですが、先に説明した通りメインのプログラムによって呼び出される形です。

ソフト開発会社が最初から全てを作ればいいのではと感じるかもしれませんが、ソフトや会社の状況によってはそこまで手がまわらないことがあります。

そのような場合に、仕様を公開することで第三者が新たなサブルーチンを作れるようにする方針の会社もあり、これがプラグインという形でインターネットで公開されているのです。

もっとも、利用する側はこのような仕組みについては把握しておく必要はなく、プラグインがどのような機能を備えているかを確認して、欲しいものをダウンロードしていけばよいでしょう。

ワードプレスは愛用しているアフィリエイターも多いソフトですが、こちらのプラグインは非常に多く存在します。それこそ万単位なので、一つ一つ確認していくのは現実的ではありませんから、検索して必須なものを調べるとよいでしょう。

ワードプレスに限らず、プラグインをダウンロードする前には検索エンジンで調べるのが基本です。

プラグインを多様するとサイトが重くなる!?

重い|重量|ダンベル

どのようなウェブサイトを構築するかで、アフィリエイトの成果は大きく変わってきます。SEO対策をしっかりとした、役立つウェブサイトを作るのが基本なのですが、そのために使われるソフトがワードプレスです。

ワードプレス以外にもウェブサイトを制作するためのソフトはありますが、プラグインが豊富なワードプレスはアフィリエイターに人気があります。SEO対策の設定を管理できる「All in One SEO Pack」や目次を自動で生成してくれる「Table of Contents Plus」を始めとして、多種多様なプラグインはワードプレスの魅力と言っても過言ではありません。

もっとも、プラグインを多様するとサイトが重くなるというデメリットもありますので、便利だからといってどんどん機能を追加していくと逆に使いにくいウェブサイトができあがるでしょう。

重たいサイトは、それだけで訪問者が帰ってしまうことも多く、アフィリエイトをする上で最も駄目な状態の1つです。モバイルでの話ですが、グーグルアドセンスの公式ブログによるとウェブサイトが5秒表示されなければ、74%ほどが離脱してしまうとのことです。

実際のところ、スマートフォンなどからアクセスして商品を購入していく人は非常に増えているので、そのことを考えるとサイトが重たい状態は非常に問題があります。また、インターネットを巡回しているGoogleのクローラーはウェブサイトの表示速度をチェックしていると言われていますから、重たいと検索順位が下がる危険性もあるでしょう。

ウェブサイトの重さをチェックできる、Googleの「PageSpeed Insights」で一度チェックしてください。数字が60以下なら相当に重たい状態なので、ウェブサイトを大幅に改良する必要があります。

プラグインの中でどれが問題かを見つけだすのは大変ですが、チェックのためのプラグインもありますのでうまく活用してください。もちろん、画像の多さなどプラグイン以外が原因の場合もあります。

このページをご覧の方にはワードプレスでSEOに有効だと感じたプラグインやテクニックを紹介も参考になります。

今回は、私が自身の運営しているワードプレスサイトに導入しているプラグインでSEO対策に必要だと感じているものを紹介すると共に、SEOに有効だとされているテクニックについて私個人の見解も示します。ウェブマスターになったばかり、特に初心者の方に参考になると思います。

プラグインはスキルの外注

外注|挨拶|取引先

ワードプレスは質の高いウェブサイトを作成する上で欠かせません。ところが、ワードプレスにもデメリットはあり、プログラムのことはよく分からないけど簡単にウェブサイトを作成できるというタイプのソフトではありません。

どうしてもHTMLやCSSの知識が求められるところがあるので、ホームページ・ビルダーのようなウェブサイト作成ソフトと比べるとハードルは高いでしょう。

もちろん、ワードプレスを使いこなせるようになれば間違いなくアフィリエイトに役立ちますが、プログラム初心者の人だと投げ出してしまうかもしれません。

もっとも、無料ブログで記事を投稿する時のような感覚で使えるビジュアルエディタが用意されていますから、記事を投稿する際に躓いたりはしないので安心してください。テンプレートタグを使う時など、ウェブサイトをよりよい状態に整えていく際にHTMLなどの知識があると便利です。

自力で設定する必要があるポイントもありますが、ワードプレスには多数のプラグインがあるので、そちらの力を借りれば楽にウェブサイトを改善していけるでしょう。もしプラグインなしでウェブサイトを整えていくなら、それこそプログラムの勉強から始める必要があります。

そのため、ダウンロードすれば使えるようになるプラグインはスキルの外注と言っても過言ではありません。プラグインを使いすぎると重たくなるなどの問題が発生してしまいますが、ある程度は使っていきましょう。

ワードプレスのプラグインはインターネットに無数にあるので、初心者の人の場合は何を入れてよいか分からないと頭を抱えてしまいます。無料ブログはカテゴリや関連記事などがうまく構築されているのですが、まずは無料ブログをお手本にカテゴリや関連記事を整えていくプラグインを導入するとよいでしょう。

また、インターネットで検索すればワードプレスのプラグインを紹介しているウェブサイトは多くありますので、そこで勧められているものをダウンロードするのもよい方法だと思います。

ワードプレスサイトの運用なら
特化型のWPXレンタルサーバーがおすすめ

wpXレンタルサーバー

・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・専用の管理ツールから簡単セットアップ
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

WPX新規契約時利用料金
ご契約期間初期費用ご利用料金合計
3ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
17,000円
(税込18,360円)
料金について詳しくはWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

価格が安いレンタルサーバーなら他にたくさんあるのですが、コストパフォーマンスを考えると、ワードプレスサイトの運営に最もおすすめできるのがwpXレンタルサーバーです。

料金も年間2万円を切る程度ですし、ドメイン取得費用と併せても2万円を少し超える程度でしょう。

これだけの金額でワードプレスを利用したサイト運営ができるので、店舗の紹介や簡単なブログ作成なら、ホームページ作成会社に依頼するより、レンタルサーバーを利用して自作してしまった方が安上がりになると思います。

アクセスを集めるという点で、ウェブサイトの運営は非常に難しいものとなりますが、特別な技術やスキルなど必要なくても、今ではホームページを作ることは可能です。

wpXレンタルサーバーの公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

WPXレンタルサーバー以外にも、エックスサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする