ホスティングサーバーって何?いまさら聞けないIT用語

レンタルサーバー

おすすめ記事
静的サイトと動的サイトの違いは何?いまさら聞けないIT用語

独自ドメインを取得するメリット|SEO対策とサーバー変更リスク低減

無料ブログサービス4社を徹底比較|ライブドア・はてな・FC2・AMEBA

カラーミーショップのSEO設定|効果を上げる5つのポイント

みなさんこんばんは。

ウェブマスターになったばかりの方にとって、IT用語は分からないことだらけではないかと思います。でも、当然のようにみなさん利用しているので、いまさら聞けない用語もあるのではないかと考えています。

今回は「ホスティングサーバーって何?」いまさら聞けないIT用語について解説します。

この記事をご覧の方にはWPXレンタルサーバーの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてもおすすめです。

レンタルサーバーを選ぶ時に必ず気にするのが費用です。レンタルサーバーを利用する場合の費用には、主に毎月かかる月額費用と初回もしくは申し込み時のみかかる初期費用があります。 このページではWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてお伝えします。

ワードプレスでブログを作成するなら1番おすすめのレンタルサーバーwpXレンタルサーバーの公式サイトはこちら

スポンサードリンク

ホスティングサーバーって何?いまさら聞けないIT用語

ホスティングサーバーとは

疑問|とは|分からない

ウェブサイトを作りたいとか、ウェブアプリを公開したいと思ったら、必要になるのがインターネットの回線とサーバーです。

中小企業でおすすめするのがホスティングサーバーの利用です。ホスティングサーバーとは複数でサーバーを利用できるサーバーのことです。俗にレンタルサーバーと呼ばれることもあります。

ホスティングサーバーの他に社内にサーバーを置いて回線をつなぐ自社サーバーと、回線や設備の整った施設に自分でサーバーを置いて使用するハウジングがあります。両者とも高額な初期費用がかかりますし、毎月の運用コストもかかります。

運用コストの代表的なものをあげると、回線費用や電気料金などがあります。場合によっては専門家が必要になったり、サーバーの熱対策や防塵対策も必要となるでしょう。

自ら費用を払っていかなければなりませんし、常にサーバーに関する新しい知識を勉強していかなければならないので、中小企業で運用コストをあまりかけたくないという人にはおすすめできません。

ホスティングサーバーなら毎月の使用料を払えばサーバーの運営や管理が不要ですからストレスから解放されます。レンタルサーバー会社は各社企業努力を行っていますから、専用サーバーで月1万円程度、複数で利用なら数千程度で利用できるので大変お得です。

レンタルサーバーなら高セキュリティで高可用性ですから、ウェブサイトの目的に合わせてプランが選べることが大きな魅力といえるでしょう。

特にネットショップを開きたい人であれば、レンタルサーバーを利用することでアクセス解析やショッピングカートを利用できるので、ウェブサイトに不慣れな人でも気軽に始めることができます。

コストや運用方法などを勘案してみると、中小企業であればホスティングサーバーを利用した方が大いにメリットがあります。大規模なウェブサイトの制作も対応できるホスティングサーバーが登場してきていますから、打ち合わせの時によく相談してみてください。

ホスティングを直訳すると

直訳|英語|和訳|翻訳

ホスティングを直訳すると「主催する」とか「務める」、「もてなす」という意味になります。ホスティングサーバー会社とはその名のとおり、サーバーを主催する会社ということです。

つまりサーバーのハードディスクドライブの記憶スペースをレンタルできるサービスを提供しますが、所有権はサービスを提供する会社側にあります、サーバーを主催していますという意味になります。

もしネットショップや自社のウェブサイトを制作したいと考えているのであれば、ホスティングサーバーを利用することをおすすめします。

ホスティングサーバーなら毎月使用料金がかかりますが、初期費用を抑えることができますし、色々な魅力的なプランを選ぶことができるからです。

ホスティングサーバーの月額使用料は無料の所もありますし、優良だとしても専用サーバーで月額1万円程度、複数利用のサーバーで数千程度です。

ホスティングサーバーを利用すればセキュリティでも安心ですし、アクセス解析やショッピングカートの利用もできるのでおすすめです。またサーバーの運用や管理について頭を悩ます必要がないのでストレスフリーであることも大きな魅力といえるでしょう。

自社サーバーや、ハウジングの場合は高額な初期費用や運用コストがかかります。ハウジングとは回線やサーバーを設置する場所を借りて、自前のサーバーを置いて管理することです。

これらを選んだ場合は常にサーバーの勉強をしていかなければなりませんし、場合によっては専門家を常駐させなければならなくなるかもしれません。

また、サーバーの熱対策、防塵対策、そして電気代もかなりの額がかかりますから、ウェブサイト制作初心者や中小企業にはおすすめできません。

まずは予算とのバランスを考えて、自分がどのようなウェブサイトを構築したいかを考慮してから、自分にあったプランを提供してくれるホスティングサーバーを選ぶことが大切です。

ロリポップXサーバーは使いやすくてスタッフが親切だという評判ですからご参考にしてみてください。

レンタルサーバーとホスティングサーバーの違い

チェック|ポイント|注意

レンタルサーバーとホスティングサーバーの違いはほとんどなく、ほぼ同じ意味として扱われています。レンタルサーバーとは文字通りサーバーをレンタルできるサービスのことです。

ホスティングサービスとはレンタルサーバーやハウジング(回線や設備の整った施設を借りて、そこに自前のサーバーを置いて運用すること)などの総称です。

ホスティングサーバーには3つの種類があります。専用サーバー、共用サーバー、VPS(Virtual Private Server)です。専用サーバーはサーバーを専用で利用できるので、サーバーの持つ能力をフルに活用することができます。

利用できるサービスが多いので、拡張性や機能性を重視したいのであれば専用サーバーがおすすめです。月額使用料は共用サーバーよりも高いですが、毎月1万円程度の所が多いので、長期的に考えると共用サーバーよりもお得になる場合があります。

ただし運用に関しては管理者権限が与えられて自分で管理する必要があるので、ある程度サーバーの知識がないと管理が難しいでしょう。

共用サーバーは複数のユーザーで利用するので月額使用料は数千円程度ですみますから、ウェブサイト初心者にはとても敷居が低いでしょう。

サーバーの管理はサーバー会社が行ってくれますので、サーバーの知識は必要ありません。ただし共用している他のユーザーが外部から攻撃を受ければトラブルに巻き込まれる可能性があるというデメリットがあります。

VPSは複数のユーザーで利用しますが、1台のサーバー内で仮想化された複数のサーバー環境を利用できるので、共用にも関わらず、専用サーバーのような使い勝手の良さを体験できます。専用サーバーと同じように管理者権限が付与されますからOSや機能のカスタマイズも可能なので魅力的です。

専用サーバーに比べればパフォーマンスは劣りますが、コストを抑えることができ自由度も高いのでホスティングサーバーを利用する予定があるのであれば、考慮してみると良いでしょう。

ワードプレスサイトの運用なら
特化型のWPXレンタルサーバーがおすすめ

wpXレンタルサーバー

・大容量30GB、月額1,000円(税抜)~
・専用の管理ツールから簡単セットアップ
・過去14日間のデータの自動バックアップ機能
・独自ドメイン対応 & 1契約につき
 10個のWordPress運用が可能

オススメ

WPX新規契約時利用料金
ご契約期間初期費用ご利用料金合計
3ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,200円
+消費税96円)×3ヶ月
8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,100円
+消費税88円)×6ヶ月
11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月5,000円
+消費税400円
(1,000円
+消費税80円)×12ヶ月
17,000円
(税込18,360円)
料金について詳しくはWPXの月額費用・初期費用・無料お試し期間についてを参照ください。

価格が安いレンタルサーバーなら他にたくさんあるのですが、コストパフォーマンスを考えると、ワードプレスサイトの運営に最もおすすめできるのがwpXレンタルサーバーです。

料金も年間2万円を切る程度ですし、ドメイン取得費用と併せても2万円を少し超える程度でしょう。

これだけの金額でワードプレスを利用したサイト運営ができるので、店舗の紹介や簡単なブログ作成なら、ホームページ作成会社に依頼するより、レンタルサーバーを利用して自作してしまった方が安上がりになると思います。

アクセスを集めるという点で、ウェブサイトの運営は非常に難しいものとなりますが、特別な技術やスキルなど必要なくても、今ではホームページを作ることは可能です。

wpXレンタルサーバーの公式サイトはこちらからどうぞ。

独自ドメインの取得ならお名前.com がおすすめです。下の関連記事も参考にしてください。

「独自ドメインを取得するメリット」を読んでいただき、独自ドメインを取得する気になった方は、独自ドメインの取得方法が気になってくるところだと思います。私は独自ドメインの取得・管理にお名前.comを利用しています。 このページでは独自ドメインを取得するメリットについて説明しています。

WPXレンタルサーバー以外にも、エックスサーバーロリポップについて紹介しています。レンタルサーバーの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

それでは今回はここまでです。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェア推奨
記事の内容が役に立った場合はSNSでシェアしていただけると嬉しいです

フォローする