【ネットショップ比較】カラーミーショップ・メイクショップ・BASE

BASEのカテゴリー登録方法

種類・カテゴリー BASE ネットショップ
この記事は約3分で読めます。
IT情報”はレンタルサーバー比較ネットショップ比較をベースに、SEO対策IT用語について解説するウェブサイトです。

紹介するサービスは、レンタルサーバーがWPXレンタルサーバーエックスサーバーロリポップの3種類、ネットショップASPがカラーミーショップメイクショップ(MakeShop)BASEネットショップの3種類です。

BASEを導入しただけで満足していてはいけません。ネットショップの作成はまだ始まったばかりなのです。ネットショップの作成は言わば店舗の外観ができただけの状態です。

これから「商品を並べ」たり「商品を種類ごとに整理」したり「商品のサンプル」を載せたり「商品が検索エンジンにかかるよう工夫」したり「サイトのアクセス分析」をしたり「新しく作ったページを検索エンジンに登録」したり「サイトのアクセスアップ」の施策を考えたりとやることは尽きません。

ネットショップを作成してから、お客さんがやってきて商品が売れるようになるまでは想像を超える努力が必要になります。これはリアルの店舗とそう変わることはありません。

今ではネットショップは珍しいものではなくなっています。あなたのネットショップにお客様を呼び込む工夫をしなければ、その他大勢のネットショップに埋もれてしまうことでしょう。

このページではBASEのカテゴリー登録方法について紹介していきます。

この記事をご覧の方には「【ネットショップ比較】カラーミーショップ・メイクショップ・BASE」も参考になります。

【ネットショップ比較】カラーミーショップ・メイクショップ・BASE
ヤフーやAmazon・楽天に代表されるECサイトの影響で、インターネットを利用して買い物をする人が劇的に増えています。店舗経営者の方は成長戦略の1つとして、ネットショップを作成することを検討した方もいると思います。新しくネットショップの作成を検討している方に向けて目的別におすすめのサービスを3つ紹介します。

最も安くお手軽にネットショップを作りたい方にはBASE が最もおすすめできるネットショップ作成ASPです。


スポンサーリンク

BASEのカテゴリー登録方法

種類・カテゴリー

BASEで商品を登録する時にもカテゴリーを決めておくと商品の分類・整理が楽になります。

商品がしっかり整理・分類されている方がお客様も目的の商品を探しやすくなるので、取り扱う商品のジャンル分けや商品一覧が決まっているなら、先にカテゴリーページを作っておいた方が後の商品登録が楽になります。それではカテゴリーの設定です。

BASE管理画面」にログインしたら、「Apps」→「カテゴリ管理」をダウンロードします。

BASEカテゴリー登録方法3

BASE より

BASEカテゴリー登録方法1

BASE より

カテゴリー名称の入力

カテゴリー登録のためには「カテゴリ名」を入力します。「追加したいカテゴリ名を入力」のテキストBOXに入力して「保存する」をクリックしたら入力完了です。

BASEカテゴリー登録方法2
BASE より

カテゴリーのURLは入力したカテゴリ名になります。日本語の場合は日本語のスラッグとなります。

まとめ

案内・紹介・詳細はこちら

以上のように、BASEのカテゴリー登録方法は下記の1点にまとめられます。

カテゴリー名称の入力

ウェブサイトやブログの作成でもそうですが、項目を1つずつ入力していく作業は地味で大変なものです。それでも、自分のネットショップがどんどん形になっていくところを見るのもワクワクして楽しい作業だと思います。

売れるネットショップを作成するために

ネットショップの作成は言わば店舗の外観ができただけの状態です。

商品を並べ」たり「商品を種類ごとに整理」したり「商品のサンプル」を載せたり「商品が検索エンジンにかかるよう工夫」したり「サイトのアクセス分析」をしたり「新しく作ったページを検索エンジンに登録」したり「サイトのアクセスアップ」の施策を考えたりとやることは尽きません。

各ページの内容を参考にして、売れるネットショップを作っていきましょう。

関連記事「【BASE】ネットショップについて

【BASE】ネットショップについて
ネットショップを検討する時は、BASEのサービス内容について確認しておくべきでしょう。 BASEはネットショップ作成ASPの中でも、最も作成費用が安価になるサービスです。月額費用や初期費用が一切かからず、0円でネットショップを作成できるので、初心者や未経験者に特におすすめできます。 まずはBASEのネットショップで、自社の商品がオンライン通販で売れるかどうか、確かめてみるのもいいでしょう。 Amazonや楽天の功績もあって、昨今ではオンラインショッピングへの抵抗感が激減しています。ショッピングへの出店で手数料を使うより、自前でネットショップを作成しようという動きも高まっているようです。 ここでは、BASE ネットショップの情報についてまとめています。

最も安くネットショップを作りたい方にはBASEのネットショップがおすすめ

無料ショップ開設なら【BASE】

ネットショップをつくるのに、
もう「勉強」と「お金」は必要ありません。
現在20万店舗が登録し、国内最大級の
ネットショップサービスです、
ぜひこのサービスをお試しください。

オススメ

料金発生箇所(基本)BASEかんたん決済サービス クレジット・コンビニ・銀行振り込みBASEかんたん決済サービス 後払い決済
商品販売時(毎回)売上金額の「3.6%」+40円売上金額の「6%」
料金発生箇所(オプション)料金
BASEロゴ非表示Apps (月額)500 円
HTML編集Apps (月額)900 円
BASEデザインマーケット (購入時のみ)5,000 円~8,000 円

↑の表は簡易版です。料金について詳しくは詳細ページをご覧ください。

BASEで作成したネットショップには、基本的にBASEのロゴが表示されるようになっていますが、これを非表示にするサービスが月額500円となっています。テスト利用時には必要ないサービスですが、本格的にBASEでネットショップを運用していくなら利用しておきたいサービスとなってくると思います。

BASEの月額費用と手数料はいくら?
BASEでのネットショップ作成をするなら、必ず確認しておきたいのが「いくらかかるのか?」です。このページでは、BASE作成にかかる月額費用と手数料について解説していきます。 ネットショップを外注した場合などにかかる費用に関しては、「ネットショップの作成は内製か?外注か?」を参照ください。

ネットショップ作成のASPは他にもありますが、BASE は最も安くお手軽にネットショップを作るのにおすすめとなるネットショップ作成サービスです。

最も安くお手軽にネットショップを作りたい方にはBASE が最もおすすめできるネットショップ作成ASPです。

ネットショップ作成サービスの比較なら

ネットショップ作成ASPは他にもカラーミーショップメイクショップがあります。ネットショップ作成サービスの比較検討をしたい方はこちらもご覧ください。

【ネットショップ比較】カラーミーショップ・メイクショップ・BASE
ヤフーやAmazon・楽天に代表されるECサイトの影響で、インターネットを利用して買い物をする人が劇的に増えています。店舗経営者の方は成長戦略の1つとして、ネットショップを作成することを検討した方もいると思います。新しくネットショップの作成を検討している方に向けて目的別におすすめのサービスを3つ紹介します。
BASE ネットショップ
スポンサーリンク
IT情報管理人をフォローする
この記事を書いた人
IT情報管理人

おすすめのレンタルサーバーやネットショップ作成ASPの紹介を主に、SEOやITに関する情報も提供します。

選択の手間を少なくするため、紹介するサービスは極力少ない数にしています。

ブログはワードプレス、テーマはCocoonを利用しています。

IT情報管理人をフォローする
IT情報
Si prega di attivare i Javascript! / Please turn on Javascript!

Javaskripta ko calu karem! / Bitte schalten Sie Javascript!

S'il vous plaît activer Javascript! / Por favor, active Javascript!

Qing dakai JavaScript! / Qing dakai JavaScript!

Пожалуйста включите JavaScript! / Silakan aktifkan Javascript!Better Stop Adblock
タイトルとURLをコピーしました